初、マヤ暦の鑑定を受けてきました

連休の中日、こちらは午後から大雨が降りました。休日の雨って最高です。

さて、下の写真はFacebookのフィードにも上げた鑑定書の卵です。これが鑑定書になるんじゃない、これを読んで鑑定書にするわけです。ちなみに見えているのは2017年カレンダー。去年の1枚っぺらの年間カレンダーも評判が良かったですが、今年はさらに使いやすくなる予定です。こうご期待。

さて、表題のマヤ暦です。突然マヤ暦ってなんだろうと調べ始めた15日夜、ググって見つけた高松でのイベントで、マヤ暦の鑑定をしてくださるという記事を見かけて速攻予約、そして本日行ってまいりました。意外と行動派なところがある柊です。だって太陽は活動宮だもの。

風音さんという方の30分鑑定を受けました。優しく落ち着いた雰囲気の先生で、事前にお知らせしておいた生年月日から資料を作成して待っていてくださいました。そして鑑定中、その都度鑑定書に書き込んでくださいました。

マヤ暦は名前に「こよみ」が入っていることもあり、暦と関係が深いのかな? 程度の知識でお邪魔したのですが、知識のない私にも分かるように言葉を選んでくださって、本当によくわかる、響く鑑定でした。自分自身のことはもちろんですが、今年という年がまさに頑張り時というドンピシャで、さらに時間が余ったからと見てくださった内容も自分の心的にはドンピシャ。帰宅して何度も鑑定書を見直してしまった。

鑑定後にマヤ暦のことをお伺いしたら、快く先生をご紹介いただきました。なんて神対応(涙)というわけで、私マヤ暦学びますよ。うふふ。


先日、木星のテーマについて記事を書きました。私は3ハウスの中盤から4ハウスの中盤までが天秤座になります。

木星のテーマを知ろう

3ハウス:日常の勉強、コミュニケーション
近場のコミュニケーションと表すことも多いのですが、自分の興味のある分野に関しての情報の出入りだと思ってください。人とのコミュニケーションが増えて風通しがよくなり、さらに小さな移動が増えることにより世界が広がります。新しい考えややり方を見ることで、自分を縛っている思い込みを外すことができるでしょう。

今回、軽々と行動を越した理由は、木星が天秤座に移動し、なにか行動を起こしたかった欲求かなと思います。予約から鑑定までも何の障害もなく、学びたいという意志も家族に賛成してもらえた。本当にびっくりするぐらいスムーズでした。欲求に従うとこんなにスムーズなんだね。みんなも「ウズッ」としたらやってみる価値あるようだよ!

ちなみに、私は3ハウスが乙女座でもあるんですが、木星が乙女座のころはひたすらに鑑定書のブラッシュアップ。打ち合わせややり取りは楽しいものの、鑑定書のサンプル作るたびに脳みそがポンコツになってました(笑)。それくらい濃い鑑定書を協力して作り上げたってことです。振り返れば、まさに乙女座の「I analyze(私は分析する)」だったなと思います。

今週は秋分もあります。春分から見てちょうど折り返し。その記事はまた別に書きますね。

では、連休最終日、良い休日をお過ごしください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です