ココナラでの鑑定スタイル

先日は未来手帳(旧:柊の2016年のあなた~3か月版~)の受け付け停止をお知らせしました。それ以前に、7月末時点でLINE占いも停止しておりました。

 

今、直接のご連絡以外で鑑定の依頼があるのはココナラだけです。ここは特に宣伝もしていないのですが、毎月定期的にご依頼があります。不思議です。

そもそも、2年前にココナラで鑑定を始めたころと今とでは、占いコンテンツの量が信じられないぐらい違います。こんなにも占い師が(あるいは占い師になりたい方が)いたのかと思います。そして、その圧倒的な量の中で絶対に私のコンテンツは埋もれている(笑・ログアウトすると自分でも見つけられない)。

それなのにご依頼があるっていうのは、リピーターの方のおかげです。

先日ご依頼くださった方は、4度目のご依頼。タロットのみでの鑑定をご依頼でした。

過去のやり取りの履歴を確認すると、どうも時期が関係しているように思えました。夏の盛り、あるいはその前後あたりのご依頼が多かったんですよね。ですから、それまでのご依頼のお礼もかねてホロスコープリーディングもお付けしました(無料のつもりだったのに、おひねりをいただいてしまって大変恐縮)。

やはり夏に不調が表れやすい方で、秋になれば今よりは楽に過ごせそう。毎年のことでしょうけど、引き金が季節や体調ではないことが多いようなので、なかなか「時期の問題」ととらえることができなかったようです。

お伝えしたところ心当たりがあったようで、いろいろとお話を聞かせていただき、こちらとしても良い鑑定ができたと思います。

ナンセンスかもしれませんが、私は鑑定に文字数制限をつけませんし、お返事回数の制限もつけません。ですが、無茶なご依頼をする方はいらっしゃいません。ありがたいなあと、こちらが感謝しきりです。

 

ココナラではじめたころ、自信がないので無料で出していたことがありました。たくさんのご依頼は来ましたが、冷やかしも多かった。冷やかしだと分かっていても真面目に答えてしまうので徒労感は少なくなかったです。でもきっぱり無料をやめて、鑑定料も上げたら、私の鑑定を選んできてくださる方ばかりになりました。

 

そういうものかもしれないんですけど、しみじみと続けていてよかったなあと思う今日この頃です。

一番いいのは、悩みがないことだと思います(笑・商売になりませんけど、まぁ星の話で楽しめたらいいや)。

今は次の動きをどうしようかなあと考えているときなので、正直、鑑定のご依頼が少ないのはありがたいんです。時々、こっちの都合を分かって誰かが操作しているのかしらと思うくらい。でも、こんな風に「天の采配」を考えるとき、吉本ばななさんのデビュー作キッチンの一文を思い出します。

「私が彼女よりも勝っているとか、負けているとか、だれに言えよう。だれのポジションがいちばんよかったかなんて、トータルできないかぎりはだれにもわからない。しかもその基準はこの世にない」(キッチンより ─吉本ばなな─)

そんなこと(自分ではどうしようもないこと)を考えている暇があったら、目の前のことを精一杯で片付けようね、と天からささやかれている気がします。

 

早々に今後のこともお知らせできるといいなあ。ではまたー。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です