ライフレボリューションプラグラム

ライフレボリューションプラグラムの募集のお知らせ

私が参加している年間プログラムの、来年度スタートの募集が始まりました。

ライフレボリューションプラグラムとは、私が記事内でよくお名前を出している田中みずえさんが主宰する年間講座です。講座の名前は、Star Seeds Blossoming Aeracure から「ライフレボリューションプログラム」に生まれ変わりました!

ライフレボリューションプログラムの詳細については、下の画像をクリックしてお進みください。

私がこの講座を受けて変わったこと

この講座を受けて感じたことを「受講生たちの声」としてみずえさんに送らせていただきました。その内容はこちらに掲載されています。

受講生たちの声
(一緒に学んでいる仲間たちの声もこのページに掲載されています。支え合い、痛みを分かち合った自慢の仲間です♡)

この中で、私は「学校生活のようだった」と書いているのですが、実は私、楽しい学校生活ってほとんど経験していない(笑・でもそれにも理由がある)。私にとってこの講座で過ごした時間は、私の青春、学生生活だったかのような、楽しい時間なんです。

いや、本当のことを言うと11月ぐらいまでは結構辛い時期もあったんですが(ずっと読んでくださっている方はご存知だと思います)、その理由も今は分かります。なんで苦しんでいたのか、モヤモヤを抱えていたのか、生きにくいと感じていたのか。

これはあくまで私の場合。私の場合は、「望んだものが望んだ形で手に入らない」から苦しんでいたのだと思います。それも「望んだ形で」を大事にすることが「自分を大事にすること」だと思い込んでいて、それ以外の形で届いたものは「違う!」と拒否していた。思い通りのものが手に入らないからといってイライラする。同時に、どうしていいかも分からないからモヤモヤする。

今まで厳しく育った、一人で頑張ってきた、と思っていました。ですが、その厳しさの裏には愛情があったこと、それ以外でも周りから愛情をたっぷりもらっていて、わがままを許されてきたことに気が付いたら、私の愛の貯金はあふれんばかりに溜まっていたことに気が付きました。

この現実を「そうだね」って受け入れるのにとても時間がかかりました。「そうだね」って認めてしまうと、今まで自分を支えてきたものが失われそうで怖かったんです。でもこれは、今思えばMagnolia’sWorld46で書いた「今まで積み上げてきたものが私だ」ではなく、「今まで積み上げてきたものから生み出すものが私だ」の第一歩でした。今の私は、今まで積み上げてきたものにすがってなんとか立っていた自分から、過去にすがらなくても自立でき、自らが生み出す存在へと変化しているのだと思います。

私は、これからの時代こそ「自分の命をどう使って、私の人生を生きるのか」を意識することが大切になると考えています。私の人生、私しか旗を揚げることはできないから。

この講座では、自分の人生の旗揚げのために必要な、自分を知ること、自分と向き合うこと、自分と家族・自分と他者(パートナーや友人)・自分と社会との関係、そして自分の人生の目的を学んでゆきます。一人では受け入れがたい真実も、伴奏してくれる人がいるから安心して受け入れられる一緒に学んでいる仲間がいるから痛みも分かち合える、そんな愛の溢れた場所です。

一年間という学びの時間を自分に与えるということ。私はとても有意義だと感じています。

ライフレボリューションプログラムの詳細については、下の画像をクリックしてお進みください。

関連記事

  1. 長野リトリート

  2. 新しい試みの鑑定スタイル

  3. ドラゴンテイルから来た 夢

  4. 蟹座の月に思う「母親」のこと

  5. 2018年夏の赦し

  6. 私はネガティブも万歳にしたい

  7. 心の行き止まりを乗り越えたあなたへ

  8. 贖罪と救済

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

テキストのコピーはできません。