オイリュトミー体験と春日大社

オイリュトミー体験と春日大社

奈良への旅

もう一か月近くも経過してしまいましたが、7月のファミリーコンステレーションの翌日、奈良県に行きました。目的は、魂の暦を教えてくださった花岡ご夫妻にお会いするため、そしてずっと私のセッションを受け続けてくださっているMさんと春日大社に行くためです。

初めての花岡ご夫妻

花岡ご夫妻が主催されている「はりねずみの会」で、オイリュトミーのことは知ったものの、実際何をするものかさっぱり分からないままに奈良に訪れました。そして花岡ご夫妻に初対面です。うわー! スイスにいる写真で見たことがある人が日本にいる!!(当たり前!)

改めて、SNSってすごいなあと思いました。でも、実際にお会いする方が何十倍も、何百倍も、花岡ご夫妻を感じられました。百聞は一見に如かずと言いますが、それ以上の、情報量にしたら図り切れないぐらいのものを感じました。

初対面のあとはお願いしていたプライベートセッションです。私はオイリュトミーを体験させていただきました。

初めてのオイリュトミー

まず初めに行ったのが、「歩く」という動作です。ここまで!? と思うところまで細部にまで神経を巡らせます。神経を巡らせるけど、決して緊張してるわけではない。むしろ動けば動くほど自由を感じるような、不思議な感じです。

もちろん、普段から細部に気を配って動いているわけではないので、最初は全然思うように体が動かなかったです。動かなかった、というより「動かす意識を持っていなかった」というほうが正しいです。

私たちは日ごろから基本動作を行って生活していますが、どれぐらいの人がその細部にまで気を使っているでしょうか。私は思いっきり、惰性で行動してきたなと、この時痛感しました。もちろん、惰性で動いていたって何の問題もありません(いつも同じように体の一部が凝ったり、姿勢が傾いたりするけれど)。でも、ここまでやるからこそ分かることがあるんだと思いました。

一番鮮烈に感じたのは「私って生きてるだけで、ずいぶんダイナミックに周りに影響してたんだな」ということです。私が大きく手を広げる、私が小さく手を閉じる、これだけの動きでこの空間(この世界)をふるわせることができていた。自分のことだけど「うわぁ! すっごい!!」と思いました。そして、1人より2人、2人より3人で意識をそろえるほうが、何倍にも大きくなることも、感動的な瞬間でした。

オイリュトミーから得たこと

感じるか、感じないか。聞こえるか、聞こえないか。私はどこかで「特別な人にだけ備わっているもの」だと思っていました。ですが、オイリュトミーを通して世界を見ると、私にも感じられるし、私にも聞こえるかのようでした。

私はシュタイナーの「魂の暦」と今の空模様を合わせてリーディングするMagnolia’sWorlを書いていますが、オイリュトミーで感じた四季の動きは、魂の暦そのもので、読解や解説を軽く超えて、ダイレクトに私の中の「魂の暦」に触れたように思いました。私の中にも魂の暦が、四季の動きがあったんだと気が付きました。

世界遺産 春日大社

今回、春日大社への参拝をご案内してくださったMさんとは、この日が初めての対面でした。春日大社も初めてです。初めて尽くし。

私はあんまりパワースポットに出向いてこなかったので、こんなに大きな神社があることにも驚きましたし、観光客の多さにも驚きました。本当にすっごい人! 日本が観光大国と呼ばれるのも納得だなと思いました。

世界遺産 春日大社 公式ホームページ

とても美しくて清らかで気持ちのいい場所でした。本当に広いのでたくさん歩きましたが、歩いている最中は疲れなど全く感じられなかったです(帰りの電車で爆睡しました(笑))。

Mさんは神様とのご縁がとても強い方だと感じていましたが、実際に春日大社で一緒に参拝していると確信に変わりました。広い境内の中の神様お一人お一人を丁寧に説明してくださり、二人で手を合わすと、必ず気持ちの良い風がまるで歓迎しているかのように吹きました。ある神様の前では二人とも熱くなったり、頭の中に何か感じたり、とっても楽しかったです。Mさんと一緒だから体験できたのだろうなと思います。

私はMさんに「また奈良に来たら、奈良じゃなくても! 神社のガイドをお願いします!!」とお願いしています♡

その後、吉野葛を使ったお料理をご馳走してくださり、かつ、お土産までいただいて帰路につきました。

美味しすぎて、帰宅してすぐに作りました! 何もかもがお上品で最高でした。

7月の旅を終えて

一泊二日の短い旅でしたが、新しい気づき、発見、経験、感覚、いろんな「新しい」がありました。

花岡ご夫妻、Mさん、本当にありがとうございました。一か月前の出来事ですが、今思えばまだまだ心に余裕がなかったようで、あまりにも写真を撮っていませんでした。悔しいので、いつかまたリベンジしますね。必ずまたお会いしましょう!!

はりねずみの会については、こちらもご覧ください。


私と魂の暦と引き合わせてくれた「はりねずみの会」について

スイス・ドルナッハでオイリュトミーを学んでいらっしゃる花岡ご夫妻の「はりねずみの会」で、魂の暦を知りました。

はりねずみの会(花岡令奈さんのFacebook)
オイリュトミーのこと、シュタイナーのこと、日々考えていることや、感じたこと、などなど、FBのフィードではなかなか書けない、繊細なところや、深いところ、まだ結論には達していないけれど自分自身の最先端のところ等を投稿しています。
※入会ご希望の方は花岡令奈のFacebookへ直接ご連絡いただくか、私までご連絡ください♡

魂の暦とともに歩むにあたって、私が思う「魂の暦」についてまとめました。参考にした書籍の紹介もあります。

関連記事

  1. 感受性を開いて関わるということ

  2. 蠍座新月から続くもの

  3. 私事のお礼

  4. 1月の徒然事

  5. 魂の暦について

  6. 下弦の月のリーディングを終えて

  7. 222の日の「ねこのおてて」クッキー

  8. 新しい試みの鑑定スタイル

テキストのコピーはできません。