コンパスプログラムを終えました~後編~

※この記事は前編と後編があります。前編は コンパスプログラム を受けた感想、後編はこのプログラムから得たもの「自分の言葉」をテーマに書いています。

前回、コンパスプログラムを終えた記事を書きました。だいぶ時間が空いてしまいましたが、今日は後編。このコンパスプログラムを受けている中で、最も強く感じた「自分の言葉の必要性」について書きます。コンパスプログラムから得たものです。

 

自分の言葉 の必要性

コンパスプログラムでは、100の単語の中から自分の感覚に一番フィットした言葉を選んでゆきます。この言葉というのが良くできていて(Akiyoさんのチョイスがすごいのか、コーチングってものがすごいのか分からないんだけど)、だいたい出てくるであろう感覚を網羅しています。ちょっとニュアンスが違うとか、あるとは思うんですけどね。でも削ぎ落していけばここになるかなっていう単語は網羅されていたように思います。

私はここでの単語のチョイスがとても重要なんだなって思いました。なぜなら、自分で選ぶからです。数少ない選択肢の中から消去法で選ぶのではなくて、自分の中から発せられる感覚を研ぎ澄ませて、そこに書かれている100の単語を選んで、相手に伝えるものにするための言葉にする。これって面倒な工程に思えますが、普段からやっていることです。美味しいや面白いをどうやって伝えるか、っていうことです。

 

自分の言葉 で作るコンパス

そうして選んでいったシンプルな 自分の言葉 が、自分の進むべき道(というか、自分が進みたいと思う道、だね)を指し示すコンパスとなるのがコンパスプログラムです。出来上がった時は感動します。だってどの言葉も自分の身が入っている、自分の感情の分身のような、自分の欠片のような言葉たちばかりだもの。身に覚えがないわけがない。

このプログラムを受けている最中というのは、自分の価値観を見直している最中でもあります。自分で自分を洗い出しているってことです。だから、究極を言えば社会とか世界とか倫理とか道徳とかが、どうでもいいところで繰り広げられている会話なんです。超個人的な欲望や希望や快楽をずんずん掘り下げているわけです。

そうそう、私、尾道の哲学カフェでも感じたんですけど、陳腐でもいいから自分の言葉を拾い上げる意味って大きいと思うんです。私たちは社会に属してはいるけど、しかし個人なんだもの。社会は個人が作っているものだもの。大儀の為に行う行為は大きな意味がありそうだけど、それ以前に個人が個人を知り、満たす方法が分かってないと、ストレスばっかりの社会になるでしょう。自分の気持ちを尊重できない人に、他者を尊重することなんてできないでしょう(愛と一緒だね)

そういう意味でも、自分で自分の言葉を拾い上げること、汲み取ること、知ること、感じることって大切だなと思いました。

 

相手との関係性について

身内や知った顔ぶれの中でのコミュニケーションは、ある程度「阿吽の呼吸」ができてしまっているので、新しさはありません。しかしとても楽です。明確な言葉にする必要がないから。ニュアンスや空気で伝わることだって多い。でもだからといってそこにとどまっていては、なあなあの言葉で済ませてしまっていては、曖昧さは曖昧なままで、言葉は動機づけの力を発揮しきれないように思います。

そういう場も必要だってことはあるけどね、それは友達同士や家族間のリラックスしたスペースでやればいいことだと思うんだよね。あくまで「他者」にも分かるような言葉にするとういことが、言葉の動機付けの力になると思うんです。改めて言葉にすることで、自分で自分を発見することができると思うんです。

私とAkiyoさんは3回目のセッションですが、慣れ合うほども親しいわけではありません。親しくしたいなっていうのは私の希望であってね、人同士の信頼関係って一方の押し付けで成り立つものではないからね。そういう意味で、私はいい緊張感をもって臨めたと思います。だからこそ、甘えることなく伝えようとすることができて、自分の気持ちを選んで作ることができたんだと思います。

 

さいごに

自分の言葉 にするっていうのは、誰にでもできることだと思います。ただし、日ごろから意識してやっているかどうか、そういった場を持っているかどうかというのは大切な要素だと思っています。だからこの場を作った。私はコーチングとかできないけど、日々、いや時々でも、自分の思いや考えや感情を言葉にする練習(トレーニング)、自分の問題と相手(社会)の問題との切り分けを意識することは、今後のこの世界を生きていく上で必要なスキルになるであろうと思います。

けっこう大きな大義を掲げてしまったけど、私は私のできる範囲で、それを拡大しながらも、そうした試みや取り組みに賛同してくれる人を待っています。自分の価値観を明確にして、人々と、あるいは社会と、温かく手をつないでいけたらいいなと思います。

コンパスプログラムについて、お申込みはこちらのサイトです。
Wisdom Seed

自分の中の羅針盤ってなんでしょう?

このコンパス・プログラムでは
あなただけの羅針盤(コンパス)をお渡しします。
http://wisdomseed.wixsite.com/wisdomseed