2017年5月 蠍座の星読み

2017年5月蠍座

蠍座の新月テーマ:あなたの手の内に残るものは

※テーマはあくまでイメージです。この通りに行動せよ! というものではありません。

2017年5月の星読み

全体の流れ

蠍座さん(アセンダントが蠍座さん)たちにとって、引き継ぐ(受け継ぐ)こと、ひいては「約束」がテーマとなりそうです。4月は誰かとの関係性の中であなたが担う役割がテーマでした。そこから引き続いた流れが今月です。あなたと密な関係のある人、あるいは「人たち」におこった変化が、あなたにも及んでくるでしょう。それは必ずしも負のものばかりではありません。むしろあなたにとって良い流れとなりそうです。簡単には得られないものがあなたの手に巡ってきたり、誰かの意志をあなたが引き継ぐことになったりしそうです。それらはあなたに使命をもたらすかもしれません。

2017/5/4に水星の逆行が終わります。逆行が終わって1日ぐらいは「留」という状態で、この日を境に流れが変わります。潮の満ち引きを眺めるような気持で、時間の流れを見つめる時間を取ってみて。

5月、水星の逆行が終わると、逆行している天体は3つになります。

木星の逆行:2017/2/7~2017/6/9(天秤座)
土星の逆行:2017/4/6~2017/8/25(射手座)
冥王星の逆行:2017/4/21~2017/9/29(山羊座)

人は誰しも「弱さ」を抱えています。その「弱さ」は必ずしも弱点ではありません。長所と短所が表裏一体なように、弱点は時に魅力にもなります。しかしそれは他者から見たときにこそ光るもので、自分が抱えているそれ(弱点)はなかなか愛せるものではありません。例えば、身体の弱さや土壇場での気の弱さなど。時には恥とさえ考えてしまうほど、本人にとってそれは「弱点」なのです。私の考えですが、蠍座さんたちは他者のそれにとても敏感だと思うんです。どれだけ隠そうとしていても、蠍座さんたちには見えてしまうのだろうなと。

これを書いている今、私のあまたに浮かんできたのは槇原敬之さんの「もう恋なんてしない」という曲です。サビに「もう恋なんてしないなんて 言わないよ絶対」という詩があります。この前の歌詞は「もし君に1つだけ強がりを言えるのなら」です。二重の否定。愛おしいほどの強がりです(さらに展開してすごく前向き、というとらえ方もできるけど)。

あなたが弱点だと思っている部分は、おそらく驚くほどの純度の輝きを持っているんじゃないかと思います。それは間違いなくあなたの魅力です。でも認めるためのハードルが越えられない。3つの天体が逆行している今、蠍座さんたちにとってテーマとなるのはまさにこれです。他者のそれに敏感なぶん、自分のそれにもとても敏感でしょう。しかし今、このハードルを越えるタイミングが来ているようです。

2017/5/11の満月は、自分の感性を研ぎ澄ませてください。瞑想やヨガをしてもよいでしょう。自分の深い部分に焦点をあてるように、自分との対話を行ってみてください。今月はあなた自身の内側からの変化が起こりやすい月です。この変化はきっとあなたにだけわかる形で訪れ、あなたは必ずキャッチできる。できるだけ静かな時間過ごしてくださいね。

(2016/4/27~2017/5/26まで)

全体の流れはこちら

関連する新月の記事はこちら


鑑定は一時受付中止中です。再開しましたらLINEでお知らせしますので、ぜひLINE@の登録お願いします!!


・LINE@にて毎日の星模様配信中!(配信は月水金の8:00)こちらをクリック


自分のライフサイクルを知り
宇宙とシンクロした人生を手に入れる
マヤ暦月読みアドバイザーことのは柊


鑑定は一時受付中止中です。再開しましたらLINEでお知らせしますので、ぜひLINE@の登録お願いします!!


・LINE@にて毎日の星模様配信中!(配信は月水金の8:00)こちらをクリック


自分のライフサイクルを知り
宇宙とシンクロした人生を手に入れる
マヤ暦月読みアドバイザーことのは柊