6/5~6/11の星読み

6/5~6/11の星読み

6/5~6/11の星読み

今週は続々と星が移動するのでムードが変わりますよ。

6/5 火星が蟹座へ
6/6 金星が牡牛座へ
6/7 水星が双子座へ
6/9 木星が順行へ・射手座の満月

木星の逆行:2017/2/7~2017/6/9(天秤座)
土星の逆行:2017/4/4~2017/8/25(射手座)
冥王星の逆行:2017/4/21~2017/9/29(山羊座)

先週はカイト(凧)について熱く(厚く)語りました。この形があるということは、向かい合った星同士があるということです。向かい合った星は緊張感を表します。今は土星と火星が向かい合っていて、これは徐々に緩みます。

惑星がサイン(星座)を越えるときというのは、心境やメンタル的な変化、場合によっては状況の変化も起こりやすいと感じています。惑星は逆行していない限り順々にサイン(星座)を移動します。今回移動する火星(双子座→蟹座)や金星(牡羊座→牡牛座)は、必ずひとつ前のサイン(星座)を経験したうえで、次のサイン(星座)に踏み込むわけです。

火星はエネルギーを表します。エネルギーというと怒りを想像する人もいるかと思いますが、喜怒哀楽すべてでエネルギーって使います。感情がトリガーとなって突発的な行動や発言、もっと大きな範囲では過剰な攻撃とか防御といった働きもあるんじゃないかと思います。

蟹座は水の星座で「母性的」と表現されることも多いので、優しいイメージがあるかもしれませんが、そうでもないなと私は考えています。そもそも蟹座の神話は「友のために戦うもの」です。守るために戦う。「守るものの為なら命も捨てられる」と言えば尊い自己犠牲みたいですが、負ける気で挑んでるわけではありません。勝ち負けのためにカルキノス(蟹)は戦ったんじゃないんです。戦うことが「愛」だと思ったからカルキノス(蟹)は挑んだんです。

優しさって温かく包み込むだけじゃないんですよね。母性は時として攻撃でもあるし。いろんな形で表れてくるだろうと思います。

金星や水星もサイン(星座)を変えます。今までよりも自分のために時間を作るようになりそうです。この時間とは、おそらく「決断」するための材料集めや迷う時間だと思います。迷うといっても闇雲におろおろするのではなくて、あっちかな、こっちかな、と品定めするみたいな時間です。

蟹座の火星ばかり語ってしまったけど、今週だけが感情に注意だよ、っていうわけではなくて、むしろ蟹座の季節(6/22以降)に入ってからのほうが熱くなるだろうと思います。今週はその序章が始まる、シーズンが代わってゆく変化の多い一週間となりそうです。

梅雨がきますね。新緑が凶暴に繁りだす季節が、私は大好きです。


鑑定は一時受付中止中です。再開は9月の予定です。お問合せ、お申し込みなどLINE@からでもOKです。ぜひLINE@の登録お願いします♪


・LINE@にて毎日の星模様配信中!(配信は月水金の8:00)こちらをクリック

 

 


自分のライフサイクルを知り
宇宙とシンクロした人生を手に入れる
マヤ暦月読みアドバイザーことのは柊