あなたの出生図が唯一なワケ

あなたの出生図が唯一なワケ

→出生図は見たことがあるけどという方へ

ホロスコープ上の惑星

ホロスコープ上では10の惑星が、それぞれに個性的な輝きを放っています。

太陽(☉)はあなた自身、月(☽)はあなたの感情を、水星(☿)はあなたの思考や知性
金星(♀)は女性性、火星(♂)は男性性、木星(♃)は得意なことを 
土星(♄)は規則や苦手意識、天王星(♅)はオリジナリティ、創造性を
海王星(♆)は直感(霊感)やスピリチュアル、奉仕の精神を、冥王星(♇)は潜在性を

これらの星たちが、あなたの出生ホロスコープでどのように輝いているか
ひとつひとつ読み解いてゆきます。

ホロスコープ上の12サイン、12ハウス

ホロスコープは12分割された部屋があり、各部屋にサイン(星座)が割り振られています。
12のハウスにはそれぞれのテーマがあります。
このテーマというのは、先の10の惑星が活躍する(発動する)舞台と考えます。
その舞台はどんな特徴があるのかを表すのがサインです。

1ハウスは本人(自分自身)、2ハウスは所有・財産・才能、3ハウスはコミュニケーション
4ハウスは家庭、5ハウスは娯楽・楽しみ・子ども、6ハウスは仕事・奉仕
7ハウスはパートナー・対人、8ハウスは共有・引き継ぐもの、9ハウスは哲学(精神性)
10ハウスは天命・天職、11ハウスは組織・横のつながり、12ハウスは無意識・潜在意識

(※ハウスは生まれた時間が明確でなければ正しく算出できません)

惑星・ハウス・サインを合わせて読み解く

10の惑星が、どんな特徴を持った(サイン)どのハウスに配置されているか
このすべてを表現しているのがホロスコープです。

horo

このホロスコープでは、太陽が蟹座の9ハウスにあるということが分かります。
一般的にいう「蟹座の人」です。

雑誌やテレビの「牡羊座生まれのあなたは~」というのは、生まれたときの太陽の位置です。
「あなたが生まれたときの太陽は〇〇座っぽい性格です」と言い換えても良いでしょう。

ですが、ほかの惑星は違います。
金星(女性性)は獅子座の特徴が強く表れ、かつ11ハウスの組織・横のつながりで発揮されます。
火星(男性性)は牡羊座の特徴が強く表れ、かつ7ハウスのパートナー・対人で発揮されます。

このように、蟹座さんであっても必ずしも全員一緒ではありません。
生年月日が同じでも、生まれた場所が違えばホロスコープは変わります。
生年月日が同じでも、生まれた時間が違えばホロスコープは変わります。

これがあなたの出生図は唯一であるという理由です。

あなたの出生図鑑定はこちら → 

出生図は見たことがあるけどという方へ

出生図の答えはあなたが持っている

表題の通り、なんです。答えはあなたが持っている。
とはいえ、出生図は見たんだけどピンとこなかった、という方もいます。
それは「あなたのなにかが悪いからピンとこなかった」というわけではないと、私は思います。

ホロスコープって単純明快なものではありません。
だからといって、読むのに特殊技能が必要なわけではありません。
学びによって習得することは十分できるもの。
ですが、でもひとまず知りたいんだ!! という気持ちも分かります。

私はホロスコープを読みながら、あなたという人を知ってゆきます。
その結果として、鑑定書をお渡しし、あなたと対話をすることで
あなたに関するキーワードや、持っている疑問について
ひとつひとつお返事してゆきます。

あなたの出生図鑑定はこちら →