月読みアドバイス について

2017年の 月読みアドバイス (旧:3か月占い)について

はじめましてのみなさん、はじめまして!!
占星術とタロットで鑑定を行っている柊と申します。

いつもお声をかけてくださっているみなさん、こんにちは!

このページにアクセスしていただきましてありがとうございます。

このページで紹介している鑑定書は、以下目次から各章を参考にしていただければと思います。
端的に、まるっとお伝えすると

あなた専用の月フェーズごとの星占いです。

今まで「3か月占い」と呼んでいましたが
今回から「 月読みアドバイス 」に名称を統一いたします。

1か月分 2,000円/3か月分 6,000円/(半年分 10,000円)

月読みアドバイス のお申込みはこちらから!!

 

目次

ミニ冊子のサンプル
月読みアドバイス の内容について
月のフェーズを用いた具体的な例
月読みアドバイス の考え

ミニ冊子サンプル

月読みアドバイスにはミニ冊子が付きます。A4サイズの鑑定書を手のひらサイズの冊子に、持ち歩けるように作りました。
kantei4

ミニ冊子の折り方はこちら! 千原こはぎさんのブログにも詳しく掲載されています。感謝!
orikata1

月読みアドバイス の内容について

月読みアドバイス はお一人お一人に合わせて作成しています。
なぜお一人お一人違うのでしょうか?
それはお一人お一人の出生図(出生ホロスコープ)が違うからです。

架空の人物の出生ホロスコープを使って例えてみましょう。

月読みアドバイス のお申込みはこちらから!!

2016/10/31新月

2016/10/31新月の月のホロスコープと合わせた二重円。
chart_199906231200_201610310238_new

新月は「種まき・スタート」のタイミング。
2ハウスに月があるので、この方の場合は収入やそれに繋がるご自身のスキル(財産)について
新しいことを始める、新しい計画を立てる、そのために不要なものを手放すタイミングになります。
新月の時はキーワードを記載しておきますので、
そのキーワードを盛り込んだお願い事や、目標設定をしてもいいですね。

2016/11/08上弦

次は2016/11/08上弦の月のホロスコープと合わせた二重円。
chart_199906231200_201611080454_fist

上弦の月は「見直し」のタイミング。
月の位置は5ハウスと6ハウスの境目ですね(正確には6ハウス)。
境目はどちらにも関係していると読み解いています。
これはサイン(星座)によって影響が変わりますが
基本的には進捗具合の見直しや軌道修正などを行うタイミングです。
日々の生活に盛り込めることは盛り込む(習慣化)。
要不要の見直しを行うといったアドバイスを書きます。

2016/11/14満月

次は2016/11/14満月のホロスコープと合わせた二重円。
chart_199906231200_201611142251_full

満月は「収穫・結果が出る」のタイミング。
願いがかなうときです。(※直近の新月のスタートが実るとは限りません)
叶った願いには道のりと出会った人たちへの感謝を、
叶っていない願いもなにか動きがあったはずです。そのプロセスに感謝を。
そして浄化の日でもあるので、パワーストーンやカードの浄化、
自分自身もリラックスを意識しましょう。

月は牡牛座。顎~首の部分のお手入れやケアを行うのも良いです。
9ハウスですから、魂を成長させる学びや旅行がテーマです。
旅先で満月を迎えるよう旅行を予定してもいいですし
学びから得たこと、習得した知識や技術の結果を祝福する日です。

◇◆◇

いかがだったでしょうか?
満月や新月を迎えるハウスは、お一人お一人違います。
知らなくても満月や新月はやってくるし、季節は移り替わります。
でも知っていたほうが、
ステージアップを意識して目標を達成しやすくなるんじゃないかな? と私は考えます。
(ステージアップについては、 月読みアドバイス の考えをご覧ください)
※ホロスコープはさくっとホロスコープさんの二重円から出しました。

月読みアドバイス のお申込みはこちらから!!

 

月読みアドバイス の考え

私たちの生活している地球は、一日一回転しています。これで昼夜が生まれます。
私たちが生活している地球は、太陽の周りをまわっています。これで季節や暦が生まれます。
地球に住む私たちは、必ず一年に一回誕生日を迎え、ひとつ歳をとります。
一年が経過するとき、昼夜も季節もすべて経験します。
年齢が上がると同時に(円を一周するごとに)一つ上のステージへと上がります。
地球に生まれて生きている私たちは、意識することもなくこのサイクル(循環過程)の中で生きています。
太陽は一年をかけて、月は約一か月(27.3日)かけて12サインを移動します。
この滞ることのないサイクル(循環過程)を感じ、
これに合わせて生活を組み立てることで、
着実にステージアップするものと私は信じています。

私たちの真上には、いつも空があり、宇宙があります。
誰しもの上に等しくあって、誰しもが感じることができる空の季節。
これを占星術の視点から私なりに読み解き、サイクルを終えるごとにステージアップするサイクルを生活に組み込むことを想定して鑑定書を作りました。
この鑑定書では、一か月の星の動きを月の満ち欠けを交えて読み解き、加えてあなたのホロスコープ上のどのハウスで月の節目を迎えるのか、あなたにとってどのようなタイミングなのか、といったアドバイスを記しています

月読みアドバイス のお申込みはこちらから!!

**ホロスコープとは?(こちらも参考にどうぞ
あなたが生まれてきた瞬間、空のどこにどんな惑星があったのかを表したものです。
**惑星とは
ホロスコープで描かれる10の天体です。これはあなたの中にある10の個性と表現できます。
**サイン(星座)とは
10の惑星が属している、あるいは後述するハウスを心理的に支配しています。誰しもに12星座の要素があります。
**ハウスとは
10の惑星の個性がどんな場所で発動するのかという「活動」を表します。