魂の暦 Magnoria’s World No.3

Magnoria’s World No.3

第3週
成長してゆく人間の自我は
みずからを忘れていきながら
おのれの原点を思いつつ
大いなる世界に向かってこう語りかける。
「自分を縛り付けていたものが
おまえの世界のなかで自由になれば
私の真の存在が、今ここで解き明かされてゆく」

第4週
「私は自分の本当の存在を感じる」
感性はこう語り
太陽の明るい世界のなかで
満ち溢れる光とひとつになった。
そして明晰な思考に
あたたかなぬくもりをおくり
人間と世界をしっかりと
強くひとつにつないでゆく。

星の動きと流れ

2019/5/5  牡牛座の新月
2019/5/7  水星が牡牛座へ
2019/5/15 金星が牡牛座へ
2019/5/16 火星が蟹座へ
2019/5/19 蠍座で満月
2019/5/21 太陽が双子座へ

5月5日、朝7:45に新月を迎えました。今日の新月は牡牛座の15度、最もそのサインの質が強まる度数です。今日の新月のチャートを見ると、ドラゴンテイルが土星・冥王星のすぐそばにあります。ドラゴンヘッドは去年蟹座に入りました。ドラゴンテイルはドラゴンヘッドの180度(対面、向き合う配置)にあります。以前、ドラゴンヘッド-ドラゴンテイルについてこのように書きました。

占星術ではドラゴンヘッドを「縁」「カルマ」「今生で成し遂げる課題」、反対側のドラゴンテイルは「因果応報的な縁」「ダルマ」「やりきったこと」。


※リーディングの内容は過去のものなので、ドラゴンヘッドの下りだけ参考にしてください。

土星と冥王星という壮大なテーマをつかさどる天体と重なる今、ドラゴンヘッド-ドラゴンテイルのラインは私たちに「心に従うこと」を届けているように感じています。

瀬戸内国際芸術祭でハンセン病患者の施設のある大島に初めて足を踏み入れました。とても穏やかで綺麗で整ったところでした。必要なものはそろっています。小さいながらお店もあります。ですが、そこには活気や生活感がほとんどありませんでした。

私がここで強く感じたのは、誰かに何かを奪われるということが、自由ではなくなることだということです。自由とは、制限のない状態なのだと思います。無秩序が自由ではない、制約がないのが自由ではない。私たちはもっと自由を思い出さなきゃいけないのだろうなと思った大島への旅でした。

とはいえ、私は大島の住人ではありません。ここに住む人たちの本当の気持ちをどれほどもわかっていないのだろうと思います。ですが、今の時代を生きるために大切なことを学んだように思います。

奪うこと、奪われること。私の人生において長きにわたるテーマでした。私は今までの人生で様々なものを奪ってきました。私にないものだから、私は奪うことで手に入れていたということです。だから手に入れても奪われそうで怖い、そう心の深いところで信じていました。でも、本当に大切なものは誰にも奪えません。

「ないから奪う」この発想はまさに戦争です。私の中にはずっと戦争があったということです。しかし本当に「奪う」ことでしか得られないのでしょうか? 私は違うことを知っていました。ただ、そこには努力が必要だったから、そして努力が必ず報われるという保証がなかったから、選べなかった、選ぶ勇気がなかったのだと思います。

人には欲求があります。心から起こる本当の欲求は、自分の手で叶えることができます。

天王星が牡牛座に移動し、2020年から次々に壮大なテーマをつかさどる天体たちがサインを移動します。これが占星術の世界でいわれる「新しい時代の幕開け」です。新しい世界とはどんな世界だと思いますか? 私は、人が求めるもの、目指すものが変わってゆくのだと思います。モノで満たされる時代から心を満たす時代へ。心からのリスペクトでつながる時代へ。すべてにおいて美しい調和と循環のある世界へ。それは「奪う/奪われる」の存在しない世界だと私は感じています。

魂の暦は「あたたかな思考」を謳っています。思考は確かに、明晰で的確でしょう。しかし、合理性や最短距離の道のりで、感情を置き去りにすることは「意に反すること=自分の本質から離れること」です。春は感じる季節、自分の本質、本当の気持ち、感情、願いを知る季節です。自分の感覚を信じ、身をゆだねて、見えない縛り(~しなければならないとか、~するべきだといった、理由のない苦痛をもたらす制限)から解き放たれてゆきましょう。

ゴールデンウィーク明けの7日には水星が牡牛座に入ります。自分が欲していることにフォーカスしやすくなりそうです。ぜひ、自分の気持ちを書き出してみてください。

***

牡牛座の季節(4月20日~5月20日の星読み)はこちらです。


私と魂の暦と引き合わせてくれた「はりねずみの会」について

スイス・ドルナッハでオイリュトミーを学んでいらっしゃる花岡ご夫妻の「はりねずみの会」で、魂の暦を知りました。

はりねずみの会(花岡令奈さんのFacebook)
オイリュトミーのこと、シュタイナーのこと、日々考えていることや、感じたこと、などなど、FBのフィードではなかなか書けない、繊細なところや、深いところ、まだ結論には達していないけれど自分自身の最先端のところ等を投稿しています。
※入会ご希望の方は花岡令奈のFacebookへ直接ご連絡いただくか、私までご連絡ください♡

魂の暦とともに歩むにあたって、私が思う「魂の暦」についてまとめました。参考にした書籍の紹介もあります。


受付中の鑑定・講座メニュー
  • 出生図鑑定 …… ホロスコープに描かれているあなたのこと(32,000円)
  • メール鑑定 …… 個別のご相談に対してメールのやり取りで鑑定いたします(10,000円)
  • 魔法の教室*シマコのクラス…… 奥田珠紀校長主催の魔法の教室です。私は魔法の教室を「自らが愛の泉になる方法」だと感じています。詳しくはリンク先をご覧ください。

お問い合わせ・メッセージ はこちらのフォームか、LINE@からご連絡ください(LINE@は不定期配信です)。
LINE@へ友だち追加


ブログ更新通知メール

毎週日曜日に、一週間の更新情報をお届けします。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトや掲示板への引用はお控えくださいますようお願いいたします。

 

関連記事

  1. 8/20~8/26の星読み

  2. Magnoria’s World No.45

  3. 7/17~7/23の星読み

  4. 12/10~12/16の星読み

  5. Magnoria’s World No.49

  6. 10/2~10/8の星読み

  7. 7/31~8/6の星読み

  8. 6/11~6/17の星読み

テキストのコピーはできません。