魂の暦 Magnolia’s World No.14

Magnolia’s World No.14

2019/07/21~2019/07/27

第14週
感覚界の美しい輝きに身をゆだね
私はみずからの本質的衝動を失ってしまった。
思考の夢はまるで
自己を奪うかのごとく私の感覚を麻痺させるようだ。
しかしすでに私を呼び覚ましながら
感覚界の輝きのなかで
世界思考が今まさに、近づいてくる。

第15週
まるで魔法がかけられたように私は
世界の輝きのなかで織り成す崇高な力を感じる。
それはおぼろな感覚のなかで
私の本質を包みこみ
力を私に与えてくれる。
私自身ではその力をみずからに与えることはできない。
なぜなら私の自我はもはや制限された中にいるのだから。

星の動きと流れ

2019/07/23 太陽が獅子座に移動
2019/07/25 10:17 牡牛座で下弦
2019/07/28 金星が獅子座に移動

獅子座の季節がやってきました。太陽が獅子座に移動した5日後、金星も獅子座に入ります。獅子座にはすでに火星が入っているため、3天体が獅子座に集まります。

太陽が獅子座に入ると、牡牛座に移動した天王星とスクエアの位置関係になります。ひとつのサインに7年半ほど滞在する天王星がサインを変えたのが今年のこと。誰かの価値基準で良し悪しを判断するのではなく、それぞれが自分の価値基準で世界を見てゆく時代が始まろうとしています。

私個人の感覚ですが、かなり本気で「これからどうやって生きるのかを考えようよ」と誰かに背中を押されている感じがしています。だから本気にならないといかんなって。この危機感、文字で書くと全然伝わりませんよね。

私は動物愛護活動に参加しているのですが、そこで中心となって活躍されている方の本気度がすごいんです。熱い情熱を持っていながら、冷静に判断する理性も持ち合わせていて、ブレずに目指す理想に突き進んでいます。命と向き合うためには苦渋の選択が必要な時もあります。それでも、いつも笑顔を絶やしません。

もちろんボランティアになるためにはそこまでしなければならないというルールはありません。けれど、彼女の覚悟を目にするたびに、人の心を動かす活動には、確固たる信念と行動し続けるしなやかさが必要なんだと感じ、その情熱を燃やし続ける姿に感動します。

そして同時に、今の星の配置から読み取れる時代の流れを思うと、私もこれくらいの気持ちで望めることに取り組みたいと思うんです。

8月の獅子座の新月は8/1です。2019/07/21~2019/07/27の時間は8月に向けて世界がグラデーションに包まれるような時間だなと思っています。というのも、7/23に太陽が獅子座に移動するのですが、水星と金星は蟹座に残っているからです。太陽がサインを変えるとき(蟹座から獅子座に移動するときのような節目)というのは、風が変わるような気持ちよさがあるときだと感じていますが、今回の変わり目は混ざり合いつつ太陽の季節(獅子座の支配星は太陽だからね)に徐々に変わってゆくように感じているからです。

私は金星と水星が蟹座にある間は、自分のなかの違和感や感情の奥にあるものに敏感でいたいと思っています。建前でブロックされていた思考を超えて、その奥に踏み込める時だと思うからです。それらはシンプルな感情と結びついていることが多いです。悲しいとか、寂しいとか、あるいは怒りとか。そしてその理由は拍子抜けするほど「そんなこと!?」であることが多いと感じています。

7/25は牡牛座で下弦の月。天王星のそばに月があります。下弦の月は新月に向かう月。自分のなかのシンプルな根っこに気が付くことができるんじゃないかなと思います。

魂の暦14週、私はとても感銘を受けました。最後の一文にある「世界思考」とは、神の思考ともいえる大いなる創造の思考を表しています。私に降りてくるけれど、私のなかにあるものではないもの。神が世界を考えている思考そのもののなかに、すっぽりと入り込んでいたことに気が付いたからです。この中にいると、エゴを手放せない人は辛いと感じるかもしれません(私はけっこう辛い満月から今日までです)。なぜなら、私の力は今とても弱まっているとき、様々な自分を支えるものたちが崩れ落ちているときだと思うからです。

もっと日常的な言葉で表現すれば「吹っ切るか、吹っ切らないか」だと思います。私もこれを書きながら「吹っ切ってない」ことに、しがみついていることに気が付きました。これらの根っこは先に書いたように「拍子抜けするほどの、そんなこと!?」です。今年の夏、私はある意味ではゼロに戻りそうだなと感じています。

***

この記事を書いたのは18日、20日に花岡ご夫妻にお会いし、オイリュトミーを体験させていただきました! お二人にお会いできたことも嬉しかったし、オイリュトミーを体感できたことも、すごく実りの多い体験でした。体験のなかで、魂の暦の動きを実際にやったんです。すごかったです……この記事はまた後日!

***

2019年蟹座の季節(6月22日~7月23日の星読み)はこちらです。


私と魂の暦と引き合わせてくれた「はりねずみの会」について

スイス・ドルナッハでオイリュトミーを学んでいらっしゃる花岡ご夫妻の「はりねずみの会」で、魂の暦を知りました。

はりねずみの会(花岡令奈さんのFacebook)
オイリュトミーのこと、シュタイナーのこと、日々考えていることや、感じたこと、などなど、FBのフィードではなかなか書けない、繊細なところや、深いところ、まだ結論には達していないけれど自分自身の最先端のところ等を投稿しています。
※入会ご希望の方は花岡令奈のFacebookへ直接ご連絡いただくか、私までご連絡ください♡

魂の暦とともに歩むにあたって、私が思う「魂の暦」についてまとめました。参考にした書籍の紹介もあります。


受付中の鑑定・講座メニュー
  • 新生★出生図鑑定 …… ホロスコープに描かれているあなたのこと(36,000円)
  • 魂の記憶を呼び起こすセッション …… 太陽と月を中心に具体的な「どうしたいのか」を一緒に掘り下げてゆきます(26,000円 ※過去に出生図を鑑定を受けてくださった方は16,000円)
  • 魔法の教室*シマコのクラス…… 奥田珠紀校長主催の魔法の教室です。私は魔法の教室を「自らが愛の泉になる方法」だと感じています。詳しくはリンク先をご覧ください。

ブログ更新通知メール

ブログ更新のお知らせは通知メールに変更します。
毎週日曜日に、来週の星読みMagnoria’sWorldの最新情報と、一週間の更新情報をお届けします。
ご登録よろしくお願いいたします!


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトや掲示板への引用はお控えくださいますようお願いいたします。

 

関連記事

  1. Magnolia’s World No.40

  2. 10/23~10/29の星読み

  3. 4/30~5/6の星読み

  4. 今週の星模様 No.24

  5. 7/3~7/9の星読み

  6. 12/10~12/16の星読み

  7. Magnolia’s World No.42

  8. 4/2~4/8の星読み

テキストのコピーはできません。