魂の暦 Magnolia’s World No.12

Magnolia’s World No.12

2019/07/07~2019/07/13

第12週
世界の美しい輝きが
深い魂の底に生きる
私のなかの神なる力を
果てしない宇宙の彼方へと解き放っていく。
私自身から私は離れ
信頼をもってただひたすら
私自身を探し続ける。
世界の光とあたたかさのなかで。

第13週
そして今、感覚界の高みにいる
私の魂の奥底で
精神の炎の世界から
崇高な神々の真実の言葉が燃えあがる。
「精神の高い根底で予感しつつ探求せよ
 おまえ自身が霊的、精神的存在だ」という言葉が。

星の動きと流れ

2019/07/08 水星が獅子座で逆行開始(8/1まで)
2019/07/09 19:54 天秤座で上弦
2019/07/17 06:38 山羊座で満月(月食)

びっくりするほど、自分のことに集中していたら一週間経過していた! という時間でした。絶賛、自分と向き合い中です。自分と向き合うその理由は、今までの自分から変わりたいからです。もっと私にはできることがあるのではないか。もっと生きている実感を感じられる生き方があるのではないか。そう感じたから、今の自分を掘り下げているところです(更新が減っていてすみません!)。

さて、今週は月は満ちるフェーズで、蟹座の領域から獅子座に移動した水星が逆行を開始します。

獅子座の守護星は太陽です。太陽は占星術では自分自身を表します。この、自分自身を表す領域から水星が逆行し、自分自身の心やマインドを表す蟹座に戻ります(7/19に蟹座入り)。獅子座の季節を前に、蟹座の領域に忘れ物を取りに行くような動きだな、と私は感じています。

今週は特に、逆行を始めた水星が火星と重なること、水星・火星と天王星がスクエアを組むこと、太陽がドラゴンヘッドを通過することから、すごく刺激をたくさん受けそうだなと思います。それは怒りや抑圧、ストレスとして感じられるかもしれませんが、すべては自分が気づくためのものです。気づかなければきっと目を向けることもなく通過していたでしょうからね。大事なことだから気づいてよ、ということだと思います。

さて、魂の暦について。その前に少し前の出来事をお話しさせてください。

5月の終わりに、KuboMiyukiさんのお話し会「目醒めの選択・お話し会〜2020年春分のゲートにむけて〜」に参加しました。とっても心地よい空間でリラックスして声に耳を傾けていたので、ほぼ瞑想状態だっただろうと思います。だからか、言葉が耳に入ると即座にイメージになって動きだしていて、すごくいろんなところが刺激されました(ご一緒してくださった皆さんの優しいエネルギーのおかげです。ありがとうございました♡)。

この会でお話を伺って、私は「これからの地球で生きるために、人は自己の統合と昇華を通過して、よりクリアになっていくんだろうな」と思いました。そのゲートは誰しもに開かれていて、あとは個人の決意だけ、「目醒める」と決めるだけなのだと思います。

私は、人ひとりのなかには、たくさんの思いや感情や思考が詰まっていると考えています。今まで自分が生きながら組み立てた理屈や、反射的な感覚や感情など、すべてが入り混じって存在しているのだと思っています。だから理屈に合わないこと(矛盾や葛藤)も抱えています。私はこの「自分のなかの矛盾や葛藤」が無意識にあるとき、強く生きづらさやストレスを感じるのではないかと思いました(もちろん、それだけが原因ではないと思います。ここはゆっくり分析します)。

そうした今の自分の状態を客観的に知ること、自分の感情に飲まれることなく自分を俯瞰して把握することは、変化のための一歩、目覚めの一歩になると私は考えています。そしてこれが「自己の統合」だと思っています。統合するためには、自分のなかには黒い闇のようものもあれば、尊い光のようなものもあります。どちらの存在もそのまま認めること(過去記事:光と闇を統合すること)。

これは一回取り組んですべてがクリアになることはないものだろうと思っています。なぜなら、受け入れることで新たに気づくことがあるからです。自分の知らなかった(見ていなかった/見えなかった)自分が次々に現れてくるわけです。そしてこれを繰り返すことで、どんどん自分自身がクリアになっていき、自分のことが分かるようになるんだと思います。

自分の気持ち、自分の欲求、自分の心の声。これに気づき、自分に応えてあげるようになることが、「目醒め」であり、「自分を生きる」ということであり、魔法の教室で伝えられていることでもあり、あるいは「引き寄せの法則」も近しいもがあると思います。

魂の暦の12週は「ヨハネ祭の情景」というタイトルが付いています。12週の風景は、強い光であふれているようで、これが私に「目覚め」をイメージさせました。強い光にあふれる「目の前の風景」は宇宙とつながっている、というか、地球もまた宇宙の一部だから、最初から私たちは宇宙の一部だったんだな、と感じさせてくれるようです。

上弦の月のチャートを見ると、6ハウスの太陽のすぐそばにドラゴンヘッドがあり、この2つは土星とタイトに180度、冥王星とも緩く180度です。月は8ハウスの月は太陽、土星・冥王星とTスクエアを描く形になります。

ちょっと先取りして満月のチャートを見ると、太陽とドラゴンヘッドと金星が12ハウスで、6ハウスの土星・冥王星・月と180度。2020年の大きな節目(トリプルグレートコンジャンクション)を思わせるインパクトのある強い配置です。

つまり、私が何を伝えたいかというと、いよいよ決断・覚悟の時がきている、ということです。もちろん人によってそれぞれにペースがありますし、時期も前後すると思います。でも、今いよいよ許容できなくなっていることや、これではいけないと感じていること、先が見えないと感じるものや、希望を持てないもの、「変わりたい」と思う気持ちがあるならば、それは決断・覚悟の時を感じ取り、選ぼうとしているということだと思います。

***

2019年蟹座の季節(6月22日~7月23日の星読み)はこちらです。


私と魂の暦と引き合わせてくれた「はりねずみの会」について

スイス・ドルナッハでオイリュトミーを学んでいらっしゃる花岡ご夫妻の「はりねずみの会」で、魂の暦を知りました。

はりねずみの会(花岡令奈さんのFacebook)
オイリュトミーのこと、シュタイナーのこと、日々考えていることや、感じたこと、などなど、FBのフィードではなかなか書けない、繊細なところや、深いところ、まだ結論には達していないけれど自分自身の最先端のところ等を投稿しています。
※入会ご希望の方は花岡令奈のFacebookへ直接ご連絡いただくか、私までご連絡ください♡

魂の暦とともに歩むにあたって、私が思う「魂の暦」についてまとめました。参考にした書籍の紹介もあります。


受付中の鑑定・講座メニュー
  • 出生図鑑定 …… ホロスコープに描かれているあなたのこと(32,000円)
  • メール鑑定 …… 個別のご相談に対してメールのやり取りで鑑定いたします(10,000円)
  • 魔法の教室*シマコのクラス…… 奥田珠紀校長主催の魔法の教室です。私は魔法の教室を「自らが愛の泉になる方法」だと感じています。詳しくはリンク先をご覧ください。

ブログ更新通知メール

ブログ更新のお知らせは通知メールに変更します。
毎週日曜日に、来週の星読みMagnoria’sWorldの最新情報と、一週間の更新情報をお届けします。
ご登録よろしくお願いいたします!


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトや掲示板への引用はお控えくださいますようお願いいたします。

 

関連記事

  1. 11/12~11/18の星読み

  2. 8/28~9/3の星読み

  3. 4/2~4/8の星読み

  4. Magnolia’s World No.50

  5. 4/23~4/29の星読み

  6. 魂の暦 Magnolia’s World No.11

  7. 7/17~7/23の星読み

  8. 7/24~7/31の星読み

テキストのコピーはできません。