7/30~8/5の星読み

7/30~8/5の星読み

柊です。8/5に下弦の月。月は魚座から牡牛座を運行します。太陽と天王星のアスペクトが緩むので、Tスクエアは解消されるのですが、逆行中の火星と8/8から逆行する天王星とのスクエア(90度)がタイトになってゆきます。そして水星は逆行中。

来週に入ると金星が天秤座に移動したり、火星が山羊座に戻ったりとムードの変化が訪れる時がやってくるのですが、今週はそれまでのお時間。とはいえ、下弦の月では太陽、月(この2つは上弦、下弦のタイミングで必ず90度になります)に木星が加わったTスクエアが描かれます。

月が関係するアスペクトは、月の移動が速いため長くキープされるものではありませんが、月のフェーズのタイミングでピタッと描かれるため、少し前の木星の逆行期(2018年3月9日~7月11日)に起こったことを思い出してみると良いかもしれません。人間関係を見直したとか、見方を変えたといった転換があった方にとっては、それに対するケジメというか、終焉を迎えるときなのかもしれないと思います。

さて、月は魚座から牡牛座へと移動するわけですが、途中で海王星・天王星を通ってゆきます。この時々にちょっと面白い出来事や、気づくことなどが潜んでいそうだなと思います。もちろん、何もない日もあると思うけれど、その日ピンポイントじゃないとキャッチし損ねたって言うことはないので焦らなくて大丈夫ですからね!

ここのところずっと描かれている海王星と木星のトラインと冥王星を含めた小三角、天王星と土星のトラインが描かれています。変わってゆくべき場所を遠くからじっと照らしているかのようです。整えるべきところを整え、時に何度も見直したり、調整したりしつつ、長い時間に耐えうる「最適」を見つけています。

同時にそれは、それぞれ個人が持っている、過去から現在まで続いている、本当はいらないルールや、仕組みや、思い込みや、無意識の心のクセを、今こそ「変えられるものなんだよ」「自分でそれを許していいんだよ」と伝えているようにも映ります。過去の痛かったこと、辛かったこと、悲しかったこと、だからこういう防御を覚えた。そして、知らず知らずのうちに普段からそれを使ってて、よく分からないけど疲弊しちゃうとか、それ以外の道がないように見えてしまうようなことがあること。

なかなか一人では気づきにくいところかもしれませんし、気づいたとしても、それを手放すこと、癒すことが、誰かを傷つけるのかもしれないと感じてしまうかもしれません。でもね、次の下弦の月は脱皮からの誕生みたいに、私には見えるんです。だから、後回しにしていることがあるなら、自分で触れて、温めて、癒してもいいんじゃないかと思います。

では、良い一週間を!!

今週の星読みと毎日の星読みをPDFにしました。振り返りやスケジューリングなどにお使いください。

***


※星読みを楽しみにしてくださってるみなさん、どうかよろしくお願いいたします!


はりねずみの会

はりねずみの会
スイス・ドルナッハのオイリュトミー学校(Eurythmeum CH)に所属して、オイリュトミーを学んでいます。オイリュトミーのこと、シュタイナーのこと、日々考えていることや、感じたこと、などなど、FBのフィードではなかなか書けない、繊細なところや、深いところ、まだ結論には達していないけれど自分自身の最先端のところ等を投稿しています。※入会ご希望の方は柊までご連絡ください♡


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトや掲示板への引用はお控えくださいますようお願いいたします。

関連記事

  1. Magnoria’s World No.42

  2. 10/15~10/21の星読み

  3. 12/17~12/23の星読み

  4. 7/3~7/9の星読み

  5. 11/5~11/11の星読み

  6. 5/28~6/3の星読み

  7. 1/29~2/4の星読み

  8. 10/29~11/4の星読み

テキストのコピーはできません。