6/4~6/10の星読み

6/4~6/10の星読み

柊です。6/7に下弦の月、月は水瓶座から牡羊座を運行します。

週の前半は、水のグランドトライン+冥王星のカイトが描かれ、そして冥王星、金星、海王星の調停へ。太陽と水星は海王星とパリッパリのスクエア。それが解けて週末へ向かう、という流れです。

月の半ばに、水星と金星はそれぞれサインを変えます。今週はそのつなぎの時期というか、空気が変遷してゆく途中のとき。

水のグランドトライン+冥王星のカイトは、自分の感情がわーっと広がることを広がる方向へどんどんかき混ぜて、行けるところまで行ってしまえ! と感じます。占星術では水=感情だから、気持ちの切り替わりから行動に移すとか、あるいは気持ちをしっかり確認する、深い話をする(深い話になる)。

感情って波があるし、膨らんだり縮んだりもします。すごく可動的なものだからそこを軸にしてしまうと、やる気が萎えたからやらない、ってことにもなります。だけど、誰にとっても「感情を満たすことが充実を知ること」になるから、蔑ろにはできないところだと思います。では感情を満たすということってなにか。「幸福感を感じること」がそれに当たります。(※1)これを別の言葉にすると「自分の好きを探して、幸福だって感じられることを、実際に形にする」なんですけど、みなさんどうかな、やってるかな?

そんな感情にスポットが当たる時期が解かれると同時に、週の半ばくらいから海王星と水星・太陽がタイトにスクエアを描きます。考えすぎて溢れちゃったり、ぽこっと喪失感を感じたり。あるいは「このまま続けててどこに行くの?」みたいな気持ちになりやすそうな。でも、木星とも繋がってるし、やっぱりここも「気持ちはどうなの?」を問われているのかな。考え方を変えるのではなくて、在り様、スタンス、慣れなりやり方の習得(慣れてないだけで、できないものじゃないんだよ)などに繋がりそうです。

今週の星読みは、星ばっかり読んであんまり分からないよね。だから要するに、でまとめます。

気持ちや感情、理屈じゃない部分がわーっと感じ過ぎてしまったら、動いてください。歩いてもいい、日常の雑用を一心不乱にやってもいい。いろいろ済ませてホッとして、あるいは集中してるどこかで、落としどころが見つかるように思うんです。

もし、見つけられなくても、それは今週しか見つけられない宝物じゃないから安心しよう。ただただ、自分中の感情を(過去の感情でもいい、思い出したこととかも)拾い集めるだけでもいいと思うんです。それがあなたに語り掛ける時は、きっと来るから。「あのね」って言い出した時に、後回しにしたり、どうせ~だろうって姿勢で聞いたりしなければ。

感じることをやめたり、止めたりしないで欲しいです。感情は理屈より面倒くさいし、よく分からないものだけど、理屈を優先するとカラカラになっちゃいます。それが心地いいっていう人もいるけれど、やっぱり我々は人間だからね、機械じゃないから、多少の不合理とか、解釈できないものとかでできてるんです。それを抱えたまま、いろんな方法で、それぞれのやり方で、前に進んでいることが「生きること」だと思うんです。そういう意味では、この週はとても「生きてること」を感じられるのかもしれません。

多少のまごつきはあるかも、でも直感や感覚を信じて動こう、ってことになりましたね。一行でまとまった(-_-;)

では、良い一週間を!!

今週の星読みと毎日の星読みをPDFにしました。振り返りやスケジューリングなどにお使いください。

***

(※1)考えるとか想像することって、過ぎているのか足りていないのか、分からなくなりますね。こんなことを考える時点で、おそらく過ぎているんだと思うんです。これ、※1の部分ね。頭でっかちなので自分の感情、無意識の声になかなか気づけないので、私は「ぐるぐるしてる」状態っぽいです。幸福って、枠を広げないと、ずっと留まっちゃうのかもしれません。その狭くて安全な枠の中にいることが幸福だとしたら、なんだかそれは、違うんじゃないかなあって思ったんですよね。全然理屈はつけられないんだけど。

新メニューはとん挫しております。自分が「与えられるもの」に気づけるまで、中断しようかと思っています。というのも、今のままだと知識や技術的なことしか、提供できないだろうって思うからです。知識や技術は、本や経験からそれぞれが学べるものだと思うから、私じゃないとできないことではないし、ならば尚のこと、それをしてしまうと私は自信を失うだけだって思うからです。

でもちょっとやりたいことはあるんで、メルマガでぽそっと書きます。

でも、今週お問合せがあったんですよ。占星術は教えておられないですかって。なので竹内俊二先生が開催されている講座をお勧めしました。竹内先生の占星術と向き合う真摯な姿勢、私は誰よりも信頼しているんです。

聞くだけ観覧席も作ったそうなので、話すの怖いドキドキって人も参加しやすいですね。

2019年からのサイトについて

2019年からのサイトの方針については、もうしばらく詰めてからお知らせしようと思います。今までパスワードをご希望されてメールくださったみなさん、ありがとうございました! 方針が決まり次第、いち早くお知らせのメールを送らせていただきます。

2019年からはサイトの規模を縮小しようと考えています。密な信頼関係を築ける方々と、占星術を挟んでやり取りができるサイトを目指します。

この姿勢は変わりません。そうするために、本当に何を残し、何を深めてゆくかを詰めているところです(10/25の満月直前)。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトや掲示板への引用はお控えくださいますようお願いいたします。

 

関連記事

  1. 10/1~10/7の星読み

  2. 9/25~10/1の星読み

  3. 3/19~3/25の星読み

  4. 4/23~4/29の星読み

  5. 9/18~9/24の星読み

  6. 9/11~9/17の星読み

  7. 7/16~7/22の星読み

  8. 6/25~7/1の星読み

テキストのコピーはできません。