12/18~12/24の星読み

12/18~12/24の星読み

12/18 射手座の新月
12/20 土星の山羊座入り
12/22 太陽の山羊座入り(冬至・太陽と土星のコンジャンクション)
12/23 水星の逆行終了
12/25 金星の山羊座入り

水星の逆行:2017/12/3~2017/12/23(射手座)
天王星の逆行:2017/8/3~2018/1/2(牡羊座)

こんばんは、柊です。遅くなりました。

来週は占星術的な大きな節目が立て続けにやってきます。でもその割に、流れの速さというか、スムーズさは感じにくいかもしれない。でもでも、だからと言ってもどかしい週かというとそうでもないんじゃないかなって思います。

ひとつひとつの星のイベントが大きいのですが、じゃあ日常的にイベントだらけになるのかというとそうではなくて、この週が経過することで、私たちは意識に関係なく「来年」という時間に向かってひとつひとつの扉が開かれてゆき、今(これを読んでいるであろう12/17)より確実に未来へと足を踏み入れるのだろうな、と思うのです。

来週の星の動きを見ていて浮かんできたイメージは「(列車に乗っていて)本から目を上げるたび、明るく開けてゆく世界。行きついた先は、どこかで見た、初めての世界」です。ざっくりしすぎですかね。全然知らないところに突然連れていかれるんじゃなくて、知らず知らずのうちに「運ばれてゆく」感じなんです。この列車というのは「時間」という乗り物です。

決して「受け身で過ぎていく時間だ」という意味ではなく、個々で受け止め方は違うでしょうけれど、来週流れる時間は「過去」「現在」「未来」のトンネルをくぐり抜けるような感じですよっていう意味です。

イメージの説明が無駄に長くなってしまった(汗)

火星は木星に近づきつつあります。火星がホロスコープを一周するのにかかる時間は約2年。木星とのランデブーは2年に一度なんですね。どんどん煮詰まってゆくような時間なんですが、熱く盛り上がる人もいれば、しんと静まり返ったところでじっと耳を澄ませるような時間を過ごす人もいると思います。どんな状態(過ごし方)にせよ、自身の内面を見つめる時間となりそうです。そして自信を通して誰かともつながってゆく予感を感じるかもしれません。

それぞれの節目のリーディングをしようとは思っているのですが、間に合うかどうか不安!! 間に合わなかったらごめんね!

では、良い一週間を!!

***

いつものボヤキはまたあとで!


私と魂の暦と引き合わせてくれた「はりねずみの会」について

スイス・ドルナッハでオイリュトミーを学んでいらっしゃる花岡ご夫妻の「はりねずみの会」で、魂の暦を知りました。

はりねずみの会(花岡令奈さんのFacebook)
オイリュトミーのこと、シュタイナーのこと、日々考えていることや、感じたこと、などなど、FBのフィードではなかなか書けない、繊細なところや、深いところ、まだ結論には達していないけれど自分自身の最先端のところ等を投稿しています。
※入会ご希望の方は花岡令奈のFacebookへ直接ご連絡いただくか、私までご連絡ください♡

魂の暦とともに歩むにあたって、私が思う「魂の暦」についてまとめました。参考にした書籍の紹介もあります。

関連記事

  1. 9/3~9/9の星読み

  2. 6/12~6/18の星読み

  3. Magnolia’s World No.43

  4. 魂の暦 Magnolia’s World No.7

  5. 11/6~11/12の星読み

  6. 3/12~3/18の星読み

  7. 8/7~8/13の星読み

  8. 魂の暦 Magnolia’s World No.3

テキストのコピーはできません。