12/17~12/23の星読み

12/17~12/23の星読み

柊です。来週の星読みです。

昨日の上弦の月の流れも読んでいただきたいのでリンクを張っておきます。

随分と寒くなりましたね。ダウンコートが手放せなくなり、いよいよ冬本番なのだなと感じます。太陽は射手座の終盤を運行、22日に冬至、23日に蟹座で満月を迎えます。月は牡羊座から蟹座を運行。15日が上弦の月だったので、満月に向かってゆくフェーズ。

今の空では、木星(=射手座)、土星(=山羊座)、海王星(=魚座)がホームのサインに入っています。満月は蟹座、蟹座の守護星は月ですから、月本来の輝きが増すような、2018年の経験や思い出が膨れ上がるイメージの起こる満月が今週末に控えています。その過ぎ去った時間から私たちは何を得て、学んで、次の一年をどうすごすのか、次の一年だけではなくて、まったく新しい価値観が始まる未来をどう過ごしていきたいのか、本当のところを問われ始めているのだろうと思います。

これからは、戦う時代は終わり、分かり合う時代が始まると、私は考えています。

戦うというのは、誰かと戦うことだけを指しているのではありません。現実や、理想や、事実に対して「認めない」とか「これは違う!」と逆らうことも、戦っていると言えるのだろうと思います。

と、偉そうに書く私も上弦の月の記事で書きましたが、幼稚な自分を「認めたくない!」と3日ほど見て見ぬふりをしていたわけですが、私が認めようと認めまいと、事実なんです。事実に逆らっても苦しさは減らない、なくならない。ようやく納得したわけです。するとね、納得と同時に力が抜けて、世界が広がったような気がしました。もちろん、世界は何にも変わりません。変わったのは私です。

3つの天体がホームにあり、ストレートにその力が発揮されていると私は思います。だからこそ、自分自身も素直になることで等身大の夢、魂レベルで目指したい夢、自分はどう過ごして(生きて)行きたいのかを見つけられるんじゃないかと思います。それらから、次の時代を生きる指針になるものも見つけられるのではないかと思います。

満月に向かってゆくこの週、改めて2018年をゆっくり振り返りつつ未来を描いてゆきましょう。

***

魔法の教室のシェア会の情報を出そうと思ったのですが、今日はちょっと力尽きてしまいました。すみません。後日改めて掲載します。


私と魂の暦と引き合わせてくれた「はりねずみの会」について

スイス・ドルナッハでオイリュトミーを学んでいらっしゃる花岡ご夫妻の「はりねずみの会」で、魂の暦を知りました。

はりねずみの会(花岡令奈さんのFacebook)
オイリュトミーのこと、シュタイナーのこと、日々考えていることや、感じたこと、などなど、FBのフィードではなかなか書けない、繊細なところや、深いところ、まだ結論には達していないけれど自分自身の最先端のところ等を投稿しています。
※入会ご希望の方は花岡令奈のFacebookへ直接ご連絡いただくか、私までご連絡ください♡

魂の暦とともに歩むにあたって、私が思う「魂の暦」についてまとめました。参考にした書籍の紹介もあります。

関連記事

  1. 4/9~4/15の星読み

  2. 7/3~7/9の星読み

  3. 11/13~11/19の星読み

  4. 2/5~2/11の星読み

  5. 5/15~5/20の星読み

  6. 3/5~3/11の星読み

  7. Magnolia’s World No.41

  8. 7/30~8/5の星読み

テキストのコピーはできません。