11/13~11/19の星読み

11/13~11/19の星読み

11/13 金星と木星のコンジャンクション
11/13 土星と天王星のトライン(継続中)
11/18 蠍座の新月

海王星の逆行:2017/6/16~2017/11/22(魚座)
天王星の逆行:2017/8/3~2018/1/2(牡羊座)

こんにちは、柊です。
土星と天王星のトラインですが、10月の半ばぐらいから12月の初めまで形成されています。どちらも動きが遅い天体ですから、アスペクトが形成されると長いですが、たびたび形成されるアスペクトではありません。次にこのアスペクトができるのは2018年7月のようです(間違ってたらごめん!)。

土星は出生図で見る場合、試練や苦手なことや頑張りどころみたいなイメージがあると思いますが、空の土星はコツコツと努力を積み上げて、その努力を現実のものにしてくれる意味合いで私はリーディングしています。その土星よりも天王星は遠い星なので、アスペクトが形成されるとなにがしかの形で土星に突っ込みをいれます。考えようによっては健気な土星が築いてきたものを破壊するわけなので、ちょっと涙ぐましい感じもなくはないです。

今回のアスペクトはトライン120度なので、やはり大なり小なり射手座の土星の理想に対して「本当にできると思ってるの?」とか「そもそもそれって正しいの?」とか「その理想はもっと上げられるんじゃないの?」みたいな意味合いがなくもないと思っています(もちろんこれだけが正解じゃないですよ)。そういう意味で、今この一ヵ月って特にゆらゆらしそうだなと思っています。

というのは、大きな部分での話です。今週はというと、木星と金星の合から始まって、楽しさのあまりどんどん深みにはまってゆくようなところがあると感じています。でもそこはただ単に楽しさだけではなくて、ジレンマや壁といった「止めるもの」にも出会うと思う。だけどそれは楽しさを深めさせるだけのスパイスみたいな感じです。

先週はノーアスペクトだった水星も火星と組んで勢いが付けられそうです。でもだから「答え」を急ぐと迷うのかもしれません。迷うことも楽しいケースもありますからね。楽しめればいいと思う。

季節と同様、私たちを包んでいる空模様も深まりと成熟を感じますね。

では、良い一週間を!!

***

月読みアドバイス11月号はダウンロード件数100件を越えました。本当に想像以上でびっくり( ゚Д゚)
BASEショップは10%OFF中です(2017年内のみ)。個人向けの月読みアドバイス2018は当サイトからお申し込みを受け付けています。

月読みアドバイス11月号ってなに? という方はこちらの記事を参考に、ぜひダウンロードしてください!


私と魂の暦と引き合わせてくれた「はりねずみの会」について

スイス・ドルナッハでオイリュトミーを学んでいらっしゃる花岡ご夫妻の「はりねずみの会」で、魂の暦を知りました。

はりねずみの会(花岡令奈さんのFacebook)
オイリュトミーのこと、シュタイナーのこと、日々考えていることや、感じたこと、などなど、FBのフィードではなかなか書けない、繊細なところや、深いところ、まだ結論には達していないけれど自分自身の最先端のところ等を投稿しています。
※入会ご希望の方は花岡令奈のFacebookへ直接ご連絡いただくか、私までご連絡ください♡

魂の暦とともに歩むにあたって、私が思う「魂の暦」についてまとめました。参考にした書籍の紹介もあります。

関連記事

  1. 7/24~7/31の星読み

  2. 2/19~2/25の星読み

  3. 今週の星模様 No.26

  4. 今週の星模様 No.31

  5. 今週の星模様 No.33

  6. 6/11~6/17の星読み

  7. 5/28~6/3の星読み

  8. 12/3~12/9の星読み

テキストのコピーはできません。