10/29~11/4の星読み

10/29~11/4の星読み

柊です。ペースが乱れてしまっている、今週中に取り戻す! 決意からスタートの一週間です。

月は双子座から乙女座を運行します。10/24は太陽が蠍座に入り、10/31に水星の射手座入り、11/1に下弦の月・金星の天秤座入り。金星に集まっていた天体がそれぞれ移動し、来週の「次の一年」に向けて準備を始めるようだなと感じました。ここ最近、いろいろあって(私のことか!)という人も、今週が一日ずつ進んでいくごとに気が晴れてきたり、他のやらねばならないことにしっかりと気持ちが向かい始めたり、自分のやり残したミッションに集中し始めたりするんじゃないかと思います。

特に11/1は空気の流れを感じやすそうです。けれどやっぱり、蠍座のシーズンを引っ張ってるところはあるように思います。それは「やり残し」みたいなものかもしれないけど、これは今年だけに限ったことではなくて、今までの「やり残し」かもしれません。同じパターンで同じように行き当たることとか、思い当たる場所は、今こそそのパターンから脱却しようよ、というメッセージなのだと思います。

金星の逆行は続いています。金星は人間関係も象徴します。恋愛や夫婦も大きな意味では人間関係。恋愛、夫婦関係、友人関係でつまづいている方は逆転の発想で置き換えてみたら何か見えるかもしれませんね。

人間関係って自分以外の人が関係しているし、いろんなケースがあるし、事情もあるし、簡単に一概に片付かない問題だよねーと思います。けれど、私の先週は「本当にそうなのかな」って考えるような一週間でした。丁寧に根っこを探っていけば、きっとね私も、辛いことを伝えた相手も、丁寧に自分の中に潜っていったら同じ泉に足を浸しているんじゃないかなって。

小さなころの喧嘩で、どっちが先に叩いたの!? って問い詰められた経験はありますか? 私はあります。ここで、先に叩いたほうが(傷つけたほうが)怒られる、いけないんだ、って思う経験をしたことがある人は少なくないのではないかと思います。でもね、賢い子がいると、あえて相手を怒らせたりするんですよね。そうなると、怒らせた方が悪いのでしょうか? 先に手を出したほうが悪いのでしょうか?

今現在も、私たちは人間関係にこれを当てはめがちなんじゃないかなと、思いました。悪い人になりたくないし、傷つける人になりたくないんです。それは、いい人と思われていたいし、優しい人と思われていたいからです。私はそういうところがあります。

人間関係に限らず、いつだって「選択」は正解があるかどうかも分からないものだし、現実は相反する2つの選択肢を同時に選ぶことはできないから、私たちは迷ったり悩んだりするんだと思います。そして、今回の正解が次回の正解とも限らない、いつだって私たちは変わっている最中だから、その時々で全力で選んで信じるしか、目の前のことに向き合う方法はないのだろうと思います。

私もたいがい引きずるタイプだな(苦笑)

10/31はきれいなアスペクトが描かれる日です。「やり残し」に向き合っている最中に、あるいは今自分がしっかりと向き合いたいことに取り組んでいるときほど、自分にチャンネルがピタッと合うような瞬間がありそうです。ひとつの結び目が解けると、次々に自分の中で何かが解けてゆくようなことです。それは自分だけではなくて、いつもそばにいる人や、思う相手の気持ちまでもが理解できたような気がするかもしれません(正確には、相手のことって聞かないと分からないんだけどね)。

そうやって、過去の自分や、過去の状況が許せてゆくとき、認めたくないものが目の前に現れるのではないかと思います。そこからが本番、みたいなね。

いよいよドラゴンヘッドが蟹座に進みます。私は土星が獅子座にあります(年齢が同じぐらいだと同じ付近にあるよー)。と感慨深さもあります。

***

昨日はクリスタルオーラアートが目の前でできあがっていくのを見ていました。まったく、魔法使い! 私は工場のラインが動いているさまや、洗濯機が回っているところをずっと見続けるのが大好きです。この絵が最初の一投から完成までの手の動きや色の広がりはそれに似たものがあって、でも全く予想できない動きで、不思議なほど気持ちが落ち着きました。自分が描いてないのにね。

先週の私、見事な引きずりっぷりです。頭では「分かってるー」なんだけど、気持ちが追い付いてないんでしょうね。中身が入ってないと、何をどう作り上げたって空っぽなんだと思いました。だから、来年のいろいろはまだもう少し待ってくださいね。


私と魂の暦と引き合わせてくれた「はりねずみの会」について

スイス・ドルナッハでオイリュトミーを学んでいらっしゃる花岡ご夫妻の「はりねずみの会」で、魂の暦を知りました。

はりねずみの会(花岡令奈さんのFacebook)
オイリュトミーのこと、シュタイナーのこと、日々考えていることや、感じたこと、などなど、FBのフィードではなかなか書けない、繊細なところや、深いところ、まだ結論には達していないけれど自分自身の最先端のところ等を投稿しています。
※入会ご希望の方は花岡令奈のFacebookへ直接ご連絡いただくか、私までご連絡ください♡

魂の暦とともに歩むにあたって、私が思う「魂の暦」についてまとめました。参考にした書籍の紹介もあります。

関連記事

  1. 9/17~9/23の星読み

  2. Magnolia’s World No.42

  3. 12/25~12/31の星読み

  4. Magnolia’s World No.40

  5. 7/31~8/6の星読み

  6. 8/14~8/20の星読み

  7. 6/4~6/10の星読み

  8. Magnolia’s World No.45

テキストのコピーはできません。