あなたの太陽と月はどこですか?

最初の記事はホロスコープを扱うものらしく、太陽と月です。太陽はほとんどの方がご存知だと思います。いわゆる12星座です。生まれたときに太陽がどの星座にあったのか、です。
変わって月はご存知の方が少ないと思います。個人のホロスコープを出すか、専用の年表で調べるかでなければ分からないからです。太陽星座と同じく、生まれたときに月がどの星座にあったのか、です。

太陽星座では自分の本質や傾向を見ることができます。月星座では? さまざまなことが言われていますが、私は「その人が持っているまた別の、変えがたい要素」と考えています。これは火星や金星にも当てはまります。でもやはり影響が大きいと感じるのは太陽星座と月星座です。

ご自身のホロスコープを出したいならば、無料のWEBサービス「MyAstroChart」で出すことができます。私もホロスコープを出すときは使っています。生まれた場所の緯度と経度は「Geocoding」を使って数値を出しています。これでかなり正確なあなたのホロスコープを出すことができます。

先日、2015/7/31はみずがめ座の満月でした。満月あたりは心が不安定になったり、イライラしたり、落ち込んだり、体調を崩したりといったことがあります。今回の満月はどうでしたか? 私は満月であることもも忘れるぐらい、普通の日でした(苦笑)。私はかに座なので月の影響は受けやすいんだけど……あっ、腰が痛くて押してもらってました。しっかり体は反応していたみたいです。

太陽と月といえばこの作品。見た当時の私はこの作品のどれぐらいの部分が分かっていたのか不明です。だってレオナルド・ディカプリオ目当て(ランボーとヴェルレーヌはかっこつけて読んだけど、よくわからなかった)でしいたから。改めて見たい、いや読んでもいいなと思う作品です。

私は妻の カラダよりも ランボーの才能に 欲情した。
19世紀のフランス象徴主義の代表的詩人、アルチュール・ランボーとポール・ヴェルレーヌの軌跡を描いた人間ドラマ。物語は、若く美しく才気溢れるランボーと、酒に溺れ狂暴な感情の爆発と内気な優しさという矛盾を孕むヴェルレーヌの奇跡的な出会いから、2年間に渡る同性愛の日々、その果てに来る別離と破滅、そしてランボーがアフリカを初めとする放浪の旅に出て孤独な死を迎えるまでを、壮大なスケールで描いてゆく。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です