2018/08/11 新月 獅子座19度

2018/08/11 18:57 新月 獅子座19度

ハウスボートパーティー

自分に合った生活は何かを考える

柊です。今日の新月は日食! ですが日本からは見えません。見えないけれど、占星術的に「蝕」は大きな節目として考えられてきました。なので私も節目として考えています。

8日に天王星は逆行に転じました。少し前から貿易摩擦が気になりますが、何度も言う通り、星が動くから世界が動くのではないです。「卵が先か鶏が先か」って哲学問答があるんですが、生物学的に考えれば悩むことなく「卵が先」です。難しく考えるから難しい。こういうことって多いと思います。

話が逸れました。

獅子座の新月。6ハウスに太陽と月と水星、そしてドラゴンヘッドがあります。火星、土星、天王星、海王星、冥王星は逆行中。でも木星は順行に戻っているし、金星も天秤座です。気持ち的には簡単さはないけれど、今現在に手ごたえを感じられないわけではない、楽しいこともあるし、ホッとするときもある。

6ハウスは奉仕の部屋なんですが、奉仕という考え方自体が西洋の宗教観が強く入っているものだから、日本的に考えれば「日々のお仕事」と考えたりもしますが、繰り返すこと、習慣、健康なども含まれます。また、6ハウスは乙女座が支配するから、社会に対して出ていく準備とか、整えることなどの調整などを行うところです。

日常的には悪習慣を断って新しい習慣を取り入れてもいいでしょうし、しっかり体調を整えるために休んでもいいでしょう。

しかしこの新月は日食です。普通の日食より影響が長いと考えると、私たちそれぞれが持ってる獅子座とか太陽(自分自身)を改めて見つめたり、良い意味での客観性を持って自分を見つめる、目的を見つめるような時間になるのではないかと思います。自分が過去に経験したことにヒントがあります。ムダに経験してないんだって、何事も、という印象がすごくあるんです(そういう意味でも、魂の記憶セッションお勧め!)。

具体的にありそうなことは、一度に起こっているもの事とか、自分が抱えている問題とか、気になってること、やらなきゃいけないことなど、一度に全部いっぺんに抱え込むと、パンクしそうです。それは新月でなくても。ただ、太陽・月と木星がタイトにスクエア(90度)なので、いろいろを抱え込んでうわっとオーバーヒート直前になったときに「あっ、私これやりたいんだった」って浮かんでくるとか、あるいは優先順位をつけながらきっちりやるタイプの人でも、気が進まない、気が進まない、、気が進まない、、、と煮詰まってから「全部すっ飛ばしてこれやっちゃおう」と思えたものとかね、思いもよらないものが出てきても、それも自分の中にあったもの、ということです。

サビアンシンボルも6ハウスにすごくリンクしてる印象です。自分って何? が分からなくても、自分がどういう状況なら心地いい? と考えることはできると思うんです。分かんなかったら「分からない」にこだわり続けるのではなくて「分かること」から実践に移せばいいんじゃないかと思うんです。全部揃うまで動いちゃいけないわけではないから、自分ができること、自分がいいなと思うものがないと思うのであれば、経験しにゆくとか、動いたほうがいいんじゃないかなって思います。自分の心地よさを求めてね!

***

私は1ハウス獅子座の土星です。今回の新月はちょっとズレてるけどほぼ重なってるんですよね。

1ハウス土星の意味としては、表面的なことで「真面目そうに見える」とか「厳しそう」にはあまり考えずに「うんうん」って言えました。でも、いわゆる獅子座の特徴らしい言葉に否定的な意味を追加する(例えば:目立ちたくない、飾りたくない、派手にしたくない等)は、かなり頷けないと感じてました。ここの疑問を晴らすべく占星術に入ったようなところもあります。

占星術を始めて、いろんな本を読んだり、話を伺いに行ったりして、結局最終的に感じたのは、土星は試練ではあるかもしれないけど、自分が自分のために鍛えたところでもあって、自分にとっての「しんどいこと」であると同時に「よく知ってること」なんだなっていうことです。

しんどいもの、苦しいところと思って見れば、そう見える。「いや、案外平気だった(だって今までやってきたんだし)」と思えば平気になる。嘘みたいですが、本当です。難しい方が本当に思える、難しいものだと思ってる、そういうことはたくさんあるんです。だって難しいものを努力して分かってきた人に多いんじゃないかと思います。私もそのタイプ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!


私と魂の暦と引き合わせてくれた「はりねずみの会」について

スイス・ドルナッハでオイリュトミーを学んでいらっしゃる花岡ご夫妻の「はりねずみの会」で、魂の暦を知りました。

はりねずみの会(花岡令奈さんのFacebook)
オイリュトミーのこと、シュタイナーのこと、日々考えていることや、感じたこと、などなど、FBのフィードではなかなか書けない、繊細なところや、深いところ、まだ結論には達していないけれど自分自身の最先端のところ等を投稿しています。
※入会ご希望の方は花岡令奈のFacebookへ直接ご連絡いただくか、私までご連絡ください♡

魂の暦とともに歩むにあたって、私が思う「魂の暦」についてまとめました。参考にした書籍の紹介もあります。

関連記事

  1. 10/16 13:23 牡羊座満月

  2. 2018/01/09 下弦 天秤座19度

  3. 2018/09/03 下弦 双子座11度

  4. 2018/03/02 満月 乙女座12度

  5. 2018/05/15 新月 牡牛座25度

  6. 2018/03/31 満月 天秤座10度

  7. 2016/12/29 新月 山羊座8度

  8. 2017/04/26 新月 牡牛座7度

テキストのコピーはできません。