2018/07/13 新月 蟹座21度

2018/07/13 11:47 新月 蟹座21度

歌っているプリマドンナ

琴線を震わせる

柊です。今日のお昼に新月を迎えます。お昼のホロスコープですから、ホロスコープの頂点であるMCに太陽と月、反対側のICに逆行中の冥王星がくる、インパクトの強い新月です。また、タイトに地のグランドトラインが描かれ、すごく度数を甘くすれば水のグランドトラインも描かれているのが特徴的です。今回はオーストラリアや南極で観測可能な(だから日本では見えないの)部分日蝕でもあります。

冥王星は動きの遅い天体なので、山羊座に入った2008年11月から、山羊座が象徴する場所を再構築していたのだろうと思います。

☆2008年からの10年、自分にとってどんな時間だったかを思い出してみてください。自分にとっての冥王星的な変化(破壊と再生)は、広い視野で見たときどのシーンで経験してきたでしょうか。

今回の新月は蟹座で迎えます。蟹座は月の支配、そして食。ということも重なって、すごく強烈というか、強い浄化、再生が起こるのではないかと思います。

水のグランドトラインはオーブ(誤差)をゆるくすれば浮かび上がりますが、7月に入ってから11日ぐらいまで綺麗に描かれていました。水のグランドトラインについては、何度もしつこく「感情が~」とお伝えしていたのでお分かりになるかと思いますが、この期間特に本能的なスイッチ(疑問、違和感、安心、安堵、嫉妬など、理屈ではない感情の反応)が入ったという人もいるかもしれませんね。この動機を経て、地のグランドトライン(調和の循環)が起こるのだと思います。

☆で思い浮かんだこと、ここを受けてあなたは今、どんな行動を起こそうって思いますか?

どんな行動を起こすにしても、それが家庭のことでも個人のことでも、今一番大切なのは「自分自身と、家族(自分を支える基盤)を、どれだけ信じられるか」ということだと思います。

自分を縛るもの、それは親やパートナー、あるいは昔の友達や先生から言われたこと? ではありません。おそらく自分自身であることが、ほとんどなのだろうと思うんです

というのも、私たちは「大丈夫」を選びたい、安定・安心を取りたい欲求が、誰しもにあると思うんです。だけどその安心・安定って、ずーっと変わらないわけではないと思うんです。時代は巡り、あらゆることも動いていくから。その流動的な価値観の中で、自分が作った強固な壁、あるいはお城に、立てこもることだけが「安心・安全」を約束してくれるわけではないよ、成長のために脱皮しないといけないときもあるんだよ(蟹は成長のたびに脱皮する生物ですからね)と、この新月は伝えているように感じます。

サビアンシンボルの「琴線」とはこんな意味です。

琴の糸。比喩的に、人の心の奥に秘められている真情。

痛みや、辛さ、苦しさを感じることからは、誰だって逃げたいと思うものだと思います。しかし、それが自分にとって必要なものであれば、必ずまた目の前に現れます。今ここで向き合うと決意すること、覚悟すること、それも本気で全力でそうすること、それがこの新月、自分自身の運命の歯車を回すことになるのだろうと思います。

冥王星は2023年に水瓶座に入ります。水瓶座は友愛、未来、共同体の世界、他者と一緒に、お互いを尊重し合いながら成し遂げることを表す世界です。その時代を視野に入れた選択が、なされようとしているのではないかと思います。自分を信じてこそ、他者を尊重できる人になれるんです。

地のグランドトラインは行動を起こすこと、定着させること、きちんきちんと整理して積み重ねて行くことで、力強い未来を感じさせてくれるのだと思います。

今回の新月は食。新月のスペシャルバージョンみたいな日、この影響は半年ほど続くと考えられています。今日までで心揺さぶられたこと、感情がぐらっとしたこと、嫉妬や羨望でも構いません、自分の琴線に触れたことを受けて、自分はどう生きたいのか、何を守りたいのか、信念と呼べるものは何か(自分の信念)、そうした「自分とは」ということと、しっかりと繋がることができるのではないかと思います。見えないものへの恐怖を、自分を信じることで超えましょう。

***
2008年ころのホロスコープを見ると、冥王星はぴったり12ハウスに入ったところ。12ハウスは無意識や秘密、トラウマ、私は普遍性も表しているんじゃないかと思っています。1ハウスは山羊座23度から魚座5度まで、水瓶座がインターセプト(すっぽりとハウスの中に納まっている形)なのも、印象深いホロスコープになっています。どこかでちゃんとリーディングしよう。

今日の空では天頂と天底を貫くように、アスペクトのラインがピシッと描かれるわけですが、個人のホロスコープに重ねると天頂と天底ではなくなります。例えば、アセンダントが蟹座26度の私は12ハウスと6ハウスを貫く形になります。見えないけれど、私を私たらしめている意識や根本が生まれ変わり、生き方そのものに変化をもたらす、ともリーディングできそうです。フォー!


私と魂の暦と引き合わせてくれた「はりねずみの会」について

スイス・ドルナッハでオイリュトミーを学んでいらっしゃる花岡ご夫妻の「はりねずみの会」で、魂の暦を知りました。

はりねずみの会(花岡令奈さんのFacebook)
オイリュトミーのこと、シュタイナーのこと、日々考えていることや、感じたこと、などなど、FBのフィードではなかなか書けない、繊細なところや、深いところ、まだ結論には達していないけれど自分自身の最先端のところ等を投稿しています。
※入会ご希望の方は花岡令奈のFacebookへ直接ご連絡いただくか、私までご連絡ください♡

魂の暦とともに歩むにあたって、私が思う「魂の暦」についてまとめました。参考にした書籍の紹介もあります。

関連記事

  1. 2017/02/04 上弦 牡牛座

  2. 2017/01/12 満月 蟹座23度

  3. 2018/07/20 上弦 天秤座28度

  4. 2018/03/09 下弦 射手座19度

  5. 2018/01/02 11:24 満月 蟹座12度

  6. 2018/09/03 下弦 双子座11度

  7. 2018/11/08 新月 蠍座16度

  8. 2017/04/26 新月 牡牛座7度

テキストのコピーはできません。