2018/06/14 新月 双子座23度

2018/06/14 04:43 新月 双子座23度

木の高いところにある巣の中の3羽の雛

心機一転し、情報や価値観を整理する

柊です。早朝に新月を迎えます。

太陽と月はアセンダントを少し超えたところ、アセンダントは日の出のラインなので、少し超えた地点は「目覚め」の場所だと私は考えています。清々しさ、初々しさ。まばゆい光に包まれた自分自身(意志や心まで)見えないほど「生まれたて」というイメージです。

この「目覚めの場所」って12ハウス、目に見えないものたちを扱う部屋です。占星術を学び始めた頃、不思議だなあって思っていました。地平線を超えた地点ってもっとも「個」としての感覚が強まりそうなのに(1ハウスのように、明確な「自分」を表す場所っぽいのに)、みえないもの、無意識や普遍性を表す12ハウスだなんてね、って。

ある臨床心理士の先生がこんなことをおっしゃっていました。たくさんの患者さんのデータを収集して、平たく共通する部分(普遍性)を導き出し、学会で発表しても感動は起こらない。けれど一人の不登校の患者さんの深い深い部分の話を持ち出すと、それは不登校を超えて年齢に関係なく共感と感動が起こる、って。理屈云々は置いといて、感覚としてその事例の示すことは「わかるな」って思いました。

双子座の新月は、そんなアセンダントのそば、12ハウスに太陽と月が位置します。

7ハウスには土星、反対側の1ハウスに水星、11ハウスの天王星との調停が描かれます。また、キロンを頂点に土星と水星がTスクエア(こういう星の配置は分からなくってもいいからね)。

自分を知るということは、自分の造形や、考え方や、培ってきたものを「見る」ということではないと、私は考えます。「自分を知る」ということは、今あなたが持っているものや、可能性や、人生という旅路のどの地点にいるのかを確認することなんじゃないかな。もちろん、あらゆる意味で本当の客観性というのは存在しないから(誰しもが、自分という価値観のフィルターを通して世界を見ているからね)、神のみぞ知る部分もあるでしょう。しかし、今の自分を感じる(=知る)ことは、私たちはいつでもできるんじゃないかと思うんです。

双子座の新月「感じる=知る」ということがポイントになります。知ることって、ベクトルが双方向(なぜか、が分かること)でなくてもいいんです。自分に向かってくる無数のベクトルの刺激を感じること、それが既に「知る(=感じる)」ことだと思います。航海士が風を感じるようにね。理由や因縁から自分を知るのではなく、今感じる感覚から自分を知る。まず、ここを大切にしたい新月だなって感じました。

魚座の海王星と蠍座で逆行している木星はトライン(120度)を描き続けています。曖昧模糊とした塊の中から本当に必要なものだけを拾い上げる、あるいは、自分自身で選び取ってゆく。感情ってそもそも曖昧模糊としたところがあると感じています。怒りなら怒り一色、悲しみなら悲しみ一色に染まり上げることはあまりないですよね、悲しみの中に安堵があったり、怒りがあったり、常に混濁した色を持っているのが「感情」だと思うんです。

混ざり合ったものの中からひとつを選び取るということは、なにかを選ばないということでもあり、罪悪感や寂しさが伴うんじゃないかと思います。でも、見るべきは未来です。なぜ選べなかったのか、なぜこれを選んだのか、そこに留まり過ぎないでください。私たちが過ごしている時間は、未来へ未来へと向かっています。もし、本当に必要な「留まり」であるなら、今に目を向けるより、関係する過去に目を向けたほうが、その謎は紐解けるのではないかと思います。

焦らない、急がない。ここから一ヵ月をかけて、ゆっくりやってゆきましょう。

***

今週の星読みで書いたのかしら、頭を動かさずに手足を動かしているって。せっせと動いてみたけれど、天使のウインクみたいなひらめきはありませんでした。けれど、こういうものはいつ霧が晴れるかわからんものですからね。考える時間より感じる時間、動く時間を充実させたい今日この頃です。

私たちは、あらゆる場面で「理由」を求められてきたんじゃないかと思います。始めるのに理由、やめるのに理由。こう思った理由、こうした理由、どうして? な理由。まるで理由がなければ、そう振舞ってはいけないかの如く、行動してはいけないかの如く。

私たちはそもそも「知りたい」という欲求を持っていると思うんですね。だから理由を求めるのはごく自然なことだとも思います。しかし、理由ばかりを求めてその場に留まってしまうのは、なにか違うような気がするんです。

努力や頑張りは認められたい、報われたい。この思いが強すぎると、日常すらも縛り上げてしまうことになるのかもしれません。

2019年からのサイトについて

2019年からのサイトの方針については、もうしばらく詰めてからお知らせしようと思います。今までパスワードをご希望されてメールくださったみなさん、ありがとうございました! 方針が決まり次第、いち早くお知らせのメールを送らせていただきます。

2019年からはサイトの規模を縮小しようと考えています。密な信頼関係を築ける方々と、占星術を挟んでやり取りができるサイトを目指します。

この姿勢は変わりません。そうするために、本当に何を残し、何を深めてゆくかを詰めているところです(10/25の満月直前)。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトや掲示板への引用はお控えくださいますようお願いいたします。

 

関連記事

  1. 2017/05/11 満月 蠍座21度

  2. 2018/03/09 下弦 射手座19度

  3. 2017/04/19 下弦 山羊座30度

  4. 2017/01/06 上弦 牡羊座16度

  5. 乙女座で上弦の月、そして木星の天秤座入り

  6. 2018/02/08 下弦 蠍座19度

  7. 2016/12/29 新月 山羊座8度

  8. 2018/05/08 下弦 水瓶座18度

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

テキストのコピーはできません。