2018/05/15 新月 牡牛座25度

2018/05/15 20:47 新月 牡牛座25度

大きく手入れの行き届いた公共の公園

努力してきたぶんの恩恵を受け取る

柊です。めちゃくちゃゴツくなってしまった(;´Д`)

天王星が移動する先、牡牛座で新月を迎えます。前回の下弦の月で、満月のような新月と表現しました。全体的に下側が充実しているホロスコープです。ホロスコープの下側(北側)は内面を、上側(南側)は対外的なシーンを表すと考えます。内面を表すところに惑星が多いことから、内側からのメッセージがこの新月のスタートの種ともいえるものになりそうです。

太陽と月は5ハウス、創造性、オリジナリティ、個性を表すハウスにあります。太陽と月にハードアスペクトはなく、緩く火星からトラインがあります。

サビアンシンボルからは「実りを受け取る新月」ということが言えます。強く言いたいことは「素直に!」これに尽きます。自分に対してのことなんだから謙虚さは不要です。頭で考えるのも今回はそれほど必要なことじゃないように思います。だって牡牛座は感じるサインだから。自分に備わっている才能を祝う、祝福する、そういう意味が強いのではないかと思います。

しかしね、果たして自分には社会に還元できる何かがあるんだろうか、と思う方も多いと思います。自分のことってピンとこない人が多いし、私もそうなんですよ。だけどこの新月のチャートを見ていると、誰しもに優劣もなく備わっているのが「その人の資産・才能」だろうと感じるんです(※記事の後ろの方にも追記あります)。それを自分のため(自分の満足のため)だけではなく、周囲にも、ひいては世界に対して広く開示していくこと、表現すること、振舞うことが、今回の新月の示すものだと思います。

また、今回は満月ではないんだけど、必要なものだけを手元に残すっていうことをしても良いのではないかと思います。可能性の風穴を開けるように、スペースを空けること。

月が牡牛座にあるあいだは新月モードですよ、ってお伝えしているんですが、天王星が牡牛座に入るタイミングもまだ月は牡牛座です。見方を変えればこの新月で始まることは、向こう7年をかけて育てる意識であり、それは時間をかけてスタンダード(当たり前)になるものだろうと思うんです。だから、ここをあえて苦行設定しないで、進めば進むほど楽しくなる道を想像し、そして作りましょう。

天王星の牡羊座についてはこちらの記事で。今年だけではなくて2023年ごろまでの流れを書いています。

***

ご存知の方も多いかと思いますが、アメリカのアブラハム・ハロルド・マズローという人が「人間性の心理学」という本を書いています。そこには5段階の欲求というのがありまして、たぶんこれを見たことがある人は多いんじゃないかと思うんです。

先日、この本を読んだんですけど、マズローさんは「これが絶対間違いない法則」てことは言ってなくて、むしろ学術書にありがちな100%は言い切らないけど、その理由ってこういうことで(この部分がとても分厚い)っていう本だったんです。マズローファンになったことは言うまでもありません。

それはさておき、マズローの5段階欲求には、あと2つあるんです。ここで5段階欲求+2を書いてもいいんですが、これって当てはめゲームじゃないから書かないほうがいいかなって思うので割愛します。自分の特性をパーツとして考え、バラバラにして当てはめて、不足しているところを補ったら満たされる、ということが人間の幸せではないと、私は感じているんですよね。むしろ、その凸凹があるからこそ、目の前に広がる世界のどこかに、ぴったりとハマる場所があるんじゃないかと思うんです。

その場所を見つけるには、今の自分を認めることが欠かせないと思うんです。円グラフでいえば、飛び出してるところがあって、他よりも凹んでいるところがあって、それが今の自分だということを、まず誰よりも認めること。これを卑屈にやるんじゃなくて(あそこが足りない、これが劣っているっていう見方じゃなくて)、できるだけ素直に、頭で考えずに心で受け止めること。誰の真似事でもない自分を受け入れると、世界が一段階クリアに見えてきます。そこから「こうしていきたいな」っていう世界を想像し、おそらくこの想像が創造になるんだと思います。

この新月では「私の才能はこれです!」って言いきれなくっても大丈夫じゃないかな。少なくとも私は言いきれません。だけど、不思議なほどに不安や怖さはないんです。呑気過ぎかしら(笑)


私と魂の暦と引き合わせてくれた「はりねずみの会」について

スイス・ドルナッハでオイリュトミーを学んでいらっしゃる花岡ご夫妻の「はりねずみの会」で、魂の暦を知りました。

はりねずみの会(花岡令奈さんのFacebook)
オイリュトミーのこと、シュタイナーのこと、日々考えていることや、感じたこと、などなど、FBのフィードではなかなか書けない、繊細なところや、深いところ、まだ結論には達していないけれど自分自身の最先端のところ等を投稿しています。
※入会ご希望の方は花岡令奈のFacebookへ直接ご連絡いただくか、私までご連絡ください♡

魂の暦とともに歩むにあたって、私が思う「魂の暦」についてまとめました。参考にした書籍の紹介もあります。

関連記事

  1. 2018/08/11 新月 獅子座19度

  2. 2018/02/23 上弦 双子座5度

  3. 2018/03/09 下弦 射手座19度

  4. 2017/10/20 新月 天秤座27度

  5. 2018/04/16 新月 牡羊座27度

  6. 2017/04/04 上弦 蟹座15度

  7. 2017/03/21 下弦 山羊座1度

  8. 2017/11/04 満月 牡牛座12度

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

テキストのコピーはできません。