2018/04/23 上弦 獅子座3度

2018/04/23 06:45 上弦 獅子座3度

髪型をボブにした女

オリジナリティを協調する

柊です。逆行を始める冥王星が火星と重なり、キロンが牡羊座に入りました。月は獅子座で上弦の月を迎えます。

次の満月は蠍座で迎えます。変容(トランスフォーメーション)の満月に向かって加速してゆく上弦の月です。

水星の逆行が終わったと思ったら次は土星と冥王星か……って思うかもしれませんが、水星は身近なシーンに影響を与えるのに対し、土星や冥王星はもっと大きなテーマに対して問いを投げかけます。だから体感としては「足止め感」というより「思わず手を止めてしまう考え事」のような感じになるのではないかと思います。それはさておき。

上弦の月、下弦の月は常に太陽と月のアスペクトがスクエアになるタイミングです。太陽のそばには天王星があり、月へのスクエアが描かれています。先日記事にしたキロン、牡牛座の終盤にある金星からは調和、友好のアスペクトが組まれています。

新月ごろから始まった「生まれる」が、ここで一気に芽吹く、あるいは初々しく誕生するような印象があります。気持ちだけじゃなくて、実体として2018年のスタートを切る私たちがそこにいるかのようです。

どう変わってゆくのが正解なのか、それはきっと自分だけが知っていることなのだと思います。月は獅子座、自分らしさ、創造性、オリジナリティを表します。どんな自分が正解なのか、ではなく、どんな行動をとりたいか、どんな未来に進んでゆきたいか、それがゴールを決めるんだと思います。模範やお手本はそこにはないのだと思います。それを「よし、じゃあ自分のやり方で楽しんじゃおう!」って思えるかどうかが、今回の上弦の月のカギだろうと思います。

自分で舵をとることの手ごたえを、責任を、自由を、楽しんでゆきたい上弦の月です。

※変化は人によってタイムラグがあるかと思うので、この日に何も起こらなかったとしても慌てなくて大丈夫ですよ!

***

週明けにフェーズが当たると、一週間以上前に書くことになります。当日が来たとき「なに書いたっけ!?」ってびくびくしてしまうのです。これを書いている今日は、まだ肉球に包帯が巻かれている日です。

水星の逆行が終わるころには、あれよあれよと月日が流れるんだろうなと思っています。置いてけぼりにならぬよう、やるべきことをやっていかねば。


私と魂の暦と引き合わせてくれた「はりねずみの会」について

スイス・ドルナッハでオイリュトミーを学んでいらっしゃる花岡ご夫妻の「はりねずみの会」で、魂の暦を知りました。

はりねずみの会(花岡令奈さんのFacebook)
オイリュトミーのこと、シュタイナーのこと、日々考えていることや、感じたこと、などなど、FBのフィードではなかなか書けない、繊細なところや、深いところ、まだ結論には達していないけれど自分自身の最先端のところ等を投稿しています。
※入会ご希望の方は花岡令奈のFacebookへ直接ご連絡いただくか、私までご連絡ください♡

魂の暦とともに歩むにあたって、私が思う「魂の暦」についてまとめました。参考にした書籍の紹介もあります。

関連記事

  1. 2017/06/09 満月 射手座19度

  2. 2017/05/11 満月 蠍座21度

  3. 2017/10/12 下弦 蟹座20度

  4. 2017/06/01 上弦 乙女座12度

  5. 2017/12/04 満月 双子座12度

  6. 2018/12/15 上弦 魚座24度

  7. 2017/12/26 上弦 牡羊座5度

  8. 10/16 13:23 牡羊座満月

テキストのコピーはできません。