2018/01/25 上弦 牡牛座5度

2018/01/25 07:20 上弦 牡牛座5度

隠れた財宝を夢見て庭を掘り返す子孫

束縛から解放され自分の足で歩き出す

柊です。この上弦の月の配置、サビアンシンボル、なんていう解放感なんだろう、って感動しました。空の配置もそうです。

この日のチャートは4つの天体が12ハウスにあります。過去の浄化、手放し、トラウマとの対峙の部屋の12ハウスです。場合によっては重さも感じるこのハウスですが、今回はとても清々しい印象があります。それは天頂に火星があるからかもしれません。力強く踏み出す一歩を後押ししてくれるような配置です。

とはいえ、今まだ「これだ!」っていうものがないよーって人も、それでいいんだと思います。それぞれのタイミングで踏み出す時はやってくると思いますから。私も会社員生活をしているあいだ、あんまり空の流れや空気の流れって感じられなかったところがあります。でも、これだと思える機会が来たらちゃんと飛び出せるようにね、いろんな準備(主にメンタルかな)をしておきましょうね。

過去のしがらみや、長年の思い込みってなかなか離れてくれません。それは心のどこかで、それを握っている自分がいるからだと思います。結局はそれが好きだから、言い訳になるから、実はそこを起点に自分軸ができているから。いろんな理由があると思います。だけど、もういいかなって何度も感じたことがあるのなら、スパーンと気持ちよく手放してもいいタイミングが訪れているんだと思います。やってみてもいいんじゃないかしら。戻ってきたら、まだやることが残ってるってこと、戻ってこなかったら卒業なんだと思うんです。

自分の手で選んだことと、人から示されて手にしたもの。たぶん価値は違うと思います。自分の手で取捨選択すること、そこには責任が生まれます。でもだからこそ、やりがいがあるんだと思います。

***

いろいろやりたいことがあるのですが、鑑定が忙しくて手が回らない。なんて嬉しい悲鳴でしょう!! 月読みアドバイス2018も好評でしたが、今は出生図鑑定が特に人気です。うちのメニューの中では高額な鑑定ですが、けっこう時間がかかるので採算としてはよろしくなくてですね(笑)でもね、一時の鑑定ではなくて出生図だから、長くお役に立てると信じています。

出生図鑑定は過去と向き合うことにもつながるようです。年齢を重ねれば重ねるほど、過去と向き合うことは自分を癒すことにつながるのだと思います。

前回の上弦の月では「zoomを使ってのセッションに変えてゆきたい」と書いています。うん、変えてゆきたい。リアルタイムのほうが伝わることがある。一方で、出生図鑑定や月読みアドバイス2018のように文字になっているから伝わることもある。

鑑定士がこれだけ増えた今、誰もがやっていることだと思うけれど、私だからできることもあるはずって自分を信じる気持ちが強くわきました。


私と魂の暦と引き合わせてくれた「はりねずみの会」について

スイス・ドルナッハでオイリュトミーを学んでいらっしゃる花岡ご夫妻の「はりねずみの会」で、魂の暦を知りました。

はりねずみの会(花岡令奈さんのFacebook)
オイリュトミーのこと、シュタイナーのこと、日々考えていることや、感じたこと、などなど、FBのフィードではなかなか書けない、繊細なところや、深いところ、まだ結論には達していないけれど自分自身の最先端のところ等を投稿しています。
※入会ご希望の方は花岡令奈のFacebookへ直接ご連絡いただくか、私までご連絡ください♡

魂の暦とともに歩むにあたって、私が思う「魂の暦」についてまとめました。参考にした書籍の紹介もあります。

関連記事

  1. 2018/12/23 満月 蟹座1度

  2. 2018/11/23 満月 双子座1度

  3. 2017/07/01 上弦 天秤座10度

  4. 2016/12/7 魚座の上弦の月

  5. 2018/08/26 満月 魚座4度

  6. 蟹座で下弦の月

  7. 2018/07/28 満月 水瓶座5度

  8. 2017/10/20 新月 天秤座27度

テキストのコピーはできません。