2017/07/17 下弦 牡羊座25度

2017/07/17 04:25 下弦 牡羊座25度

2重の約束

現実的生活を送りつつ非現実的な夢も追求

毎日暑い日が続いていますね。もう夏の太陽のように見えますが、夏本番まではもう少し。明日の明け方に牡羊座で上弦の月を迎え、次の節目は獅子座の新月です。夏直前。太陽が蟹座の季節ももう少しで終わりです。

この日、太陽は蟹座の25度にあります。25度という度数はそのサインの「らしさ」から脱却していく度数です。今は蟹座のシーズンだから、次の獅子座へのチェンジが行われる一週間となりそうです。

さて、下弦の月です。次の新月へ向けての解放や許し、手放しを行うとき。サビアンシンボルが示すものは「現実的生活を送りつつ非現実的な夢も追求すること」です。これは二面性を持てという意味もあると思いますが、それ以上に義務と使命の両立といった、二つのことの同時進行を指しているように私は感じています。

融合させること、絞ることだけが選択肢ではない。どちらもを選択することによって削がれるものもあるだろうと思います。この下弦の月では「潔さ」も重要な要素になりそうな気がします。どちらの世界でも変わることのない「自分」を知ったり、改めに気づいたりね。二つの物事を同時進行させるというのはなかなか簡単なことではないけれど、その対比から見えることも後々の自分にとってポリシーとか信条に繋がるものになりそうだなと思います。

綺麗事だけでは生きていけないって、思うこともあります。でも世知辛いばっかりでも生きてて辛い。そんなとき、ふと「世界にはいろんな人がいて、その人たちの目に映る世界はすべて別々のバラバラで、いろんな色だろうな。だとしたら世界って同時にたくさん存在していて、その混沌っぷりはとても美しいだろうな」と思うんです。秩序だけが美しさではない。そう考えると、私の中の綺麗事と世知辛さの混乱ぐらい、なんてことないなって思えて、少し楽になるんです。


私と魂の暦と引き合わせてくれた「はりねずみの会」について

スイス・ドルナッハでオイリュトミーを学んでいらっしゃる花岡ご夫妻の「はりねずみの会」で、魂の暦を知りました。

はりねずみの会(花岡令奈さんのFacebook)
オイリュトミーのこと、シュタイナーのこと、日々考えていることや、感じたこと、などなど、FBのフィードではなかなか書けない、繊細なところや、深いところ、まだ結論には達していないけれど自分自身の最先端のところ等を投稿しています。
※入会ご希望の方は花岡令奈のFacebookへ直接ご連絡いただくか、私までご連絡ください♡

魂の暦とともに歩むにあたって、私が思う「魂の暦」についてまとめました。参考にした書籍の紹介もあります。

関連記事

  1. 2017/11/11 下弦 獅子座19度

  2. 2017/06/17 下弦 魚座27度

  3. 2018/03/25 上弦 蟹座4度

  4. 2018/03/02 満月 乙女座12度

  5. 2017/04/04 上弦 蟹座15度

  6. 2017/05/03 上弦 獅子座13度

  7. 2017/07/09 満月 山羊座18度

  8. 2018/09/03 下弦 双子座11度

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。