2017/07/01 上弦 天秤座10度

こんにちは、柊です。上弦の月を天秤座で迎えます。

7月の全体の星読みはこちらでどうぞ。

2017/07/01 上弦 天秤座10度

2017/07/01 09:51 上弦 天秤座10度

危険な流れを抜け安全な場所にたどり着いたカヌー

体験から得た客観的な視点

夏至、新月を終えていかがお過ごしでしょうか? もう動き出した人、これからまさに動き出すところだよという人、様々だと思います。誰かと同じじゃなくていい。自分のペースで進みましょう。

上弦の月は天秤座で迎えます。空の配置は「この場所でいいんだろうか」といった揺らぎを強く感じそうです。活きていることは変化し続けていることだと私は思います。だから「この場所がいい!」と思っていても、来年も、再来年も同じ気持ちであるかと問われると、堪えられないものです。ただただ、今の自分が気持ちよく、有意義だと思える時間を過ごせる場所かどうか。

今のあなたにフィットしているかどうかを、今までの経験から学び取り、そして選択しましょう。経験値は人によってさまざまだろうけど、あなたにとって必要な経験を、あなたは選んでやってきているはずです。嫌いなことは避けてきたっていう人は、嫌いなことって少なくとも分かっている(=経験)。ここは苦行ポイントだぜ! というワケではないので、あなたがあなたらしく振舞える場所、方法を選んでいってね。これは夏に向けての準備みたいな時間。

この上弦の月は、木星のすぐそばの上弦の月であること。晴れていれば明るい上弦の月のそばに、強く輝く木星を見ることができるかもしれません。

超余談ですが、木星ってSF作品の中でも「ひとつの目標地点」であることが多いように思います。遠いんだよ、すっごく遠い。だけど人間がすごく頑張って技術を磨いたら行けるんじゃないかっていう、今の最大限の可能性の距離なのでしょう。やがて土星、海王星と可能性は広がってゆくかもしれないけど、ロマンは薄まることなくあるんだなあ。


私と魂の暦と引き合わせてくれた「はりねずみの会」について

スイス・ドルナッハでオイリュトミーを学んでいらっしゃる花岡ご夫妻の「はりねずみの会」で、魂の暦を知りました。

はりねずみの会(花岡令奈さんのFacebook)
オイリュトミーのこと、シュタイナーのこと、日々考えていることや、感じたこと、などなど、FBのフィードではなかなか書けない、繊細なところや、深いところ、まだ結論には達していないけれど自分自身の最先端のところ等を投稿しています。
※入会ご希望の方は花岡令奈のFacebookへ直接ご連絡いただくか、私までご連絡ください♡

魂の暦とともに歩むにあたって、私が思う「魂の暦」についてまとめました。参考にした書籍の紹介もあります。

関連記事

  1. 2018/02/23 上弦 双子座5度

  2. 2017/10/28 上弦 水瓶座5度

  3. 2018/01/31 満月 獅子座12度

  4. 2018/02/16 新月 水瓶座28度

  5. 2018/07/13 新月 蟹座21度

  6. 2017/03/28 新月 牡羊座8度

  7. 2018/06/28 満月 山羊座7度

  8. 2017/07/09 満月 山羊座18度

テキストのコピーはできません。