2017/12/04 満月 双子座12度

2017/12/04 00:46 満月 双子座12度

双子座12度:生意気に自己主張する少女トプシー

「より良くするために」という視点で思考し自分の意見をはっきり主張する・出る杭になる人

こんにちは、柊です。

12月、2017年の締めくくりの一か月がやってきました。先日の水星逆行についてはこちらをご覧くださいね。

私たちは過去から学び、今や未来に生かします。だけど何度となく同じことを繰り返してしまうことがあります。同じことでイラっとするとかがまさにそれ。スピリチュアル的な考えでは「手放せ」といいますが、私はそれをつかんだままでもいいって思います。何度も目の前に現れるものを私は「鍵」だと思っていて、そこには自分に必要な(自分が気づくべき)ものがあるんじゃないかと思うからです。これは誰かと同じとは限りません。むしろ個々で違うものだろうと思います。私たちは、別々の価値観で歩いているのだから。

サビアンシンボルの意味の部分で「出る杭」と書いていますが、必ずしもエキセントリックに飛び出せというわけではありません。臆することなく自分を貫け、という意味が強いです。また、出る杭になることで一定の距離が空き、俯瞰する視点を持つことも表されているようです。

空模様はなかなかハード。太陽と月が向かい合うのが満月なのですが、先日順行に戻った海王星が加わって、双子座、射手座、魚座の柔軟宮でのTスクエア。火星と天王星のオポジションは続いています(これは12/11くらいまで)。目の前のことにピリピリするよりも、ちょっと遠く(未来)を見たい時であり、その遠く(未来)において「みんなのため」っていうのは本当の意味でどんなことかを考えてもよさそうです。

独りよがりの視点から脱する意識が持てそうな満月です。

***

月読みアドバイス2018は月のフェーズ以外でも、天体がサインを変えるときや、逆行するタイミングでもメッセージを書いています。だからここの更新も天体がサインを変えるタイミングで書くべき……? 

あっ、今月は12/20~実家手伝いだそうです。私の年末年始はどこで迎えるんだろうか。


私と魂の暦と引き合わせてくれた「はりねずみの会」について

スイス・ドルナッハでオイリュトミーを学んでいらっしゃる花岡ご夫妻の「はりねずみの会」で、魂の暦を知りました。

はりねずみの会(花岡令奈さんのFacebook)
オイリュトミーのこと、シュタイナーのこと、日々考えていることや、感じたこと、などなど、FBのフィードではなかなか書けない、繊細なところや、深いところ、まだ結論には達していないけれど自分自身の最先端のところ等を投稿しています。
※入会ご希望の方は花岡令奈のFacebookへ直接ご連絡いただくか、私までご連絡ください♡

魂の暦とともに歩むにあたって、私が思う「魂の暦」についてまとめました。参考にした書籍の紹介もあります。

関連記事

  1. 2018/03/09 下弦 射手座19度

  2. 2016/10/31 蠍座の新月

  3. 2018/08/05 下弦 牡牛座13度

  4. 2016/12/14 双子座の満月

  5. 2017/01/12 満月 蟹座23度

  6. 2017/10/28 上弦 水瓶座5度

  7. 2017/10/20 新月 天秤座27度

  8. 2017/04/19 下弦 山羊座30度

テキストのコピーはできません。