2019年4月の星読み

2019年4月の星読み

全体の流れ

2019/4/5 牡羊座の新月(牡羊座16度)
2019/4/11 木星が逆行開始(8/11まで)
2019/4/17 水星が牡羊座に移動
2019/4/19 天秤座で満月(天秤座30度・2回目)
2019/4/20 太陽が牡牛座に移動
2019/4/21 金星が牡羊座に移動
2019/4/25 冥王星が逆行開始(10/3まで)
2019/4/30 土星が逆行開始(9/18まで)

3月の星読みでは、27日ごろに「出口の扉に到着します」と書きました。それまでの時間はけっこう混とんとしているような、模索や気づきや、気づいた後の癒しの時間があったように思います。迷いは晴れても行き先が分からない、ような感じ。あるいは、自分の内側では進みたいと思うけれど、自分の外側でまだまだ気づくことがあってなかなか着手できないよう感じ。3月は水星が逆行していたこともあり、過去から何かを得た人や、再会から今を生きるヒントをもらった人もいるかもしれません。

さて4月です。3月と比べるとかなりスッキリした気持ちで迎えている人も多いのではないかなと思います。昨日発表された新元号を目にした人は、新しい時代が始まることを感じたのではないでしょうか。

4月もいろいろと星のイベントはありますが、全体的なイメージを言葉にすると「私に還る」とか「最初の約束を思い出す」ような時間だなと感じます。4月だけに限らないテーマなのですが、私にとってはこの意味合いがとても強い一か月になりそうです。

では詳しく。4月の前半は3月の名残を感じるところはありそうですが、それでも3月とは違って前に進みたい、新しく始めたい、気持ちを切り替えて前を向きたい思いが強く湧き起こりそうです。そのため、いろんなことを吸収しようと行動を起こしたくなったり、あるいは行動を起こしたりする人もいるでしょう。それが何の役に立つかということは後回しでも良いと思います。しかし、その行動や体験で得たことをしっかりと自分に落とし込む、馴染ませることがとても大切です。私はこれをしてこなかったために、理想と現実に隙間が生まれて、ずっとモヤモヤしていたように思います。だから、自分の感情を味わうことは、4月に限らず今後ずっと大切になることだと思います。

4月の中旬すぎ、天秤座で満月を迎え、水星と金星が牡羊座に移動し、太陽が牡牛座に移動するころには、月の変わり目よりも大きな感覚で「新しい世界に入った」と感じそうです。牡牛座には天王星がありますし、これからのことを具体的に想像し始める時間が訪れそうです。イメージとしては自分の中の作戦会議です。自分ができることなんてこれしかない、という発想ではなくて、私はこれができるから、自分の願いを叶えるためにどう工夫していこう、というワクワクとするイメージが浮かびます。自分だけの個人的な都合とか理由の奥深くには、誰しもに繋がるものが必ずあります。そこまでの過程は様々な気づきにあふれていると思います。

4月には木星、土星、冥王星が逆行を始めます。私は天体が逆行するときは、自分の中で振り返ること、見直すこと、立ち返ること、スピードを緩めるから見えることを大切に過ごしていきたいと思っています。

私だけかもしれないけれど、感情的になると矛先を間違うことってよくあるんです。カッとなったまま、あるいは悲しみに暮れたまま、次の行動を起こそうとしてしまうと本分とは違うところに矛先が向いていることに気づけないこともあります。まず感情をしっかり受け止めること(私は何が悲しいのか、何に怒っているのか)、そして、私が最初に抱いたものはなんだったのかを思い出し、目の前の壁に挑む方法を考えていこうと思っています。

天体の逆行に限らず、自分の思い通りにならないことに対して「障害だ」とか「邪魔だ」とか「うまくいかない」とネガティブにとらえていると、ストレスが多くなるのではないかと思います。かといって、なにもかもに意味を持たせようとすると、自分の意志で決定することがおろそかになるようにも思います。自分のペースは自分でつかんでいい、ということもこの4月は感じることが多いのではないかなと思います。

***

牡羊座の季節とは、太陽が牡羊座にある一か月です。12星座のスタートの星座である牡羊座は「私」にフォーカスを当てます。そこには私しかいない。私はついつい誰かと比較したり、過去の自分と比較して「だからダメなのかも」と思うことがあります。でもそれらは関係ないんです。私が、そうすることが楽にできることだから(今までやり慣れたことだから、私ならば比較して自分をとらえることが当たり前のことだったから)やってしまってるだけです。

4/20までの牡牛座の季節。自分にとっての楽な当たり前をひとつ外し、世界を見ること。そして、その視点から見た世界を受け取り、感じたうえで、自分が抱く願いや希望や夢を、自分の手で掬い取ってゆくことに力を注いでいきます。

※次回から太陽がサインを変えるタイミング(20日前後)で月々の星読みをアップします。

関連記事

  1. 2018年12月の星読み

  2. 2018年11月の星読み

  3. 2017年3月の星読み

  4. 2017年1月の星読み

  5. 2018年5月の星読み

  6. 2017年7月の星読み

  7. 2017年8月の星読み

  8. 2017年2月の星読み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

テキストのコピーはできません。