2019年牡牛座の季節(4月20日~5月20日の星読み)

2019年牡牛座の季節(4月20日~5月20日の星読み)

星の流れ

(2019/4/11 木星が逆行開始(2019/8/11まで))
2019/4/20 太陽が牡牛座に移動
2019/4/21 金星が牡羊座に移動
2019/4/25 冥王星が逆行開始(2019/10/3まで)
2019/4/30 土星が逆行開始(2019/9/18まで)
2019/5/5  牡牛座の新月
2019/5/9  水星が牡牛座へ
2019/5/15 金星が牡牛座へ
2019/5/16 火星が蟹座へ
2019/5/19 蠍座で満月
2019/5/21 太陽が双子座へ

4月から太陽がサインを変えるタイミングで毎月の星読みを書くことにします。太陽が牡牛座に移動する直前の19日、2回目の天秤座の満月を経て太陽が牡牛座に移動しました。同じサインで連続して節目を迎えるとき、そのサインからのメッセージも強く響くのだと思います。天秤座は「正義」「バランス」「調和」の象徴です。

翌日20日に京都でプロフィール写真の撮影会とお茶会に参加したのですが、このときみずえさんが「自分の正義で相手をジャッジしていないか」というお話をされていました。ほかにもいろいろお話ししてくださったんですが、私にはここがすごく心に残っています。自分の正義で相手をジャッジすること、これは「自分のルールを押し付けていないか?」ということです。そして「自分にも世間体やマイルールを押し付けていないか?」と問うこともできると思います。

ノートルダム寺院が焼け落ちたことも象徴的だなと感じました。信仰心とはそもそも形のあるものではありません。ひとりひとりの心にあるもの。ノートルダム寺院は焼け落ちてしまいましたが、信仰心まで焼け落ちることはありません。むしろあのシーンを見て色濃く刻まれたのではないでしょうか。もちろん、キリスト教に限ったことではなくひとりひとりの胸に、語り掛けられているかのように。

牡羊座の季節の振り返り

4月の前半は、新しいことを始めたい気持ち、実際に行動する人もいるだろうと書きました。そして「その行動や体験で得たことをしっかりと自分に落とし込む、馴染ませることがとても大切です」とも。
→ 私にとってのチャレンジはプロフィール写真を撮ること。初めて尽くしでドキドキでしたがすごく楽しかったです。詳しくは写真を差し替えるときにお話ししますが、自信がついたというより、今の自分を肯定できスタート地点に立てた感じです。

そして満月を過ぎたあたりで「これからのことを具体的に想像し始める時間が訪れそうです」と書きました。
→ 今まさにそんな時間です。牡羊座の季節に抱いた思いや「本当の自分の願い」を実現する時間です。これからのことを考えるうえで欠かせないのは「自分を知ること」だと思います。これは技術が必要とか、専門の知識が必要ということはありません。いきなり100%正確に自分を知らねばと思う必要もありません。JustNowの自分を知って、さて。どんな未来を描きましょう、というところです。

太陽が牡牛座にある時間

4月の終わりに冥王星と土星の逆行が始まります。木星は少し前に逆行を始めています。射手座を逆行する木星は特に「次の時代に飛び込んでいくために、今手放しておきたいもの」を伝えているように思います。土星、冥王星の逆行はストイックに「自分の軸」を固めるための削ぎ落しや、向き合う時間が始まるように思います。この3つの天体は8月、9月、10月まで逆行するので、それぐらいの時間をかけて、逆にいえばそれまでの間の経験を経ながらゆっくりと見えてくるものだろうと思います。

もう少し詳しく書きます。

  1. 射手座を逆行する木星は特に「次の時代に飛び込んでいくために、今手放しておきたいもの」を伝えている → 自らの望みを、自らが足止めしていたり、持ち続ける必要のない「お守り」を守るために動けなかったりしていませんか?
  2. 土星、冥王星の逆行はストイックに「自分の軸」を固めるための削ぎ落しや、向き合う時間が始まる → 一般的に、世間体が、常識が、他の誰かが、といった見えないルールに縛られている、あるいは自分を縛っているものはありませんか?

20日、太陽は牡牛座に移動しました。牡牛座は自分の五感を使って自分の外の世界を知ります。そして好きか嫌いか、心地よいか心地よくないか、快か不快か感じます。牡牛座には天王星が入ったばかりです。自分にウソをつかないこと、自分をごまかさないこと、自分を聞き分けの良い子にしないことが大切だろうと思います。

もしかすると、
現状に満足しているつもりでいたのに、正反対の思いが出てくるかもしれません。
「〇〇したいんだけど……」と言いつつ、やろうとしていない自分に気づくかもしれません。
「自分の責任で今こうなんだから我慢しなくちゃいけない」と、あまりにも当たり前に信じているかもしれません。

当たり前だと思っていることほど、当たり前ではないのかもしれません。なぜなら、その「当たり前」は過去だからです。5月には元号が令和に代わりますね。自分の感覚をひとつずつ丁寧に確認してゆくことで、過去を脱ぎ捨て、今の自分に戻ってゆきましょう。

5月の半ばを過ぎるころ、金星は牡牛座へ、火星は蟹座へ移動し、双子座の季節が始まります。

関連記事

  1. 2018年11月の星読み

  2. 2018年4月の星読み

  3. 2017年12月の星読み

  4. 2019年獅子座の季節(7月24日~8月23日の星読み)

  5. 2018年7月の星読み

  6. 2017年9月の星読み

  7. 2017年2月の星読み

  8. 2019年3月の星読み

テキストのコピーはできません。