Magnoria’sWorld-Ep2 復活祭の前

Magnolia’sWorld-Ep2 復活祭の前

柊です。前回の記事でご紹介した花岡ご夫妻から紹介していただいた「『魂の暦』とオイリュトミー」という本を読んでいます。私はキリスト教に接することがほとんどなかったので(聖☆おにいさんぐらいです(笑))、理解困難なところも多々あります。ですが、魂の暦そのものは季節の流れや循環の、目に見えないエネルギーを文字で象徴として表しているものだと思うので、必ずしも宗教や文化の違いが文化の壁になることはないのだと思います。日本人だからって日本のこと全部知ってるわけじゃないように。

私はひとつ自分にとっての節目となる記事を書き終えて、気持ち的には落ち着きを取り戻しました。すごく長い文章になったのですが、私にとってとても大切な時間を誠実に書き残せたと思っています。

今日から復活祭までは「受難節」という期間が始まるそうです。この期間は、イースターへの備えとして、キリストの受難を思いながら、悔い改めと祈りに集中する期間を持つ。伝統的には、祈り、断食、慈善が勧められたようです。たまたまでしょうが、日曜日は野菜デーにしようと思って食材も昨日のうちにそろえました。気持ち的なものですが、連動しているようで面白いなと思いました。

ひとつ前の記事はこちらです。

今週から来週にかけて、17日に水星が牡羊座に移動、19日に天秤座で満月、20日に太陽が牡牛座に移動、21日に金星が牡羊座に移動と、天体のイングレスが目白押しです。水星は長らく魚座にいたので「ぷはー!」という感じかもしれません。大なり小なり、メンタル的な落ち込みを感じている人もいるんだろうなと思います。その理由は人によってさまざまだと思いますが、私は落ち込んでいるときは無理に浮上しようとしなくていいと思っています。

落ち込み方にもコツがある、というと変ですが、コツがあります。浮上する気持ちを否定しないことです。自分はもっと苦しまねば! とか、追い込みが足りない! 苦労が足りない! とか、自己満足でしかありません。悔い改める祈りって、もっと大きな目で自分を認めることだと思うんです。

魚座にある星たちが牡羊座に移動する期間、それぞれに門をくぐるような体験をするのかもしれません。その門とは、今の自分が持っている「私であるためのお守り」です。今の自分からひとつ大きな自分になるために、この門をくぐり出ていくのだと思います。そのためには、まず門を知る必要があります。この門とは、今の自分にとどめている「思いや感情、条件付けや理屈での思い込み」など、自分にとってあまりにも近くて気づきにくいところ(呪縛)かもしれません。

19日の満月は世界が変わろうとするゲートをくぐります。自らが呪縛を解いて、新しい世界に飛び出していきたいですね。

***
写真が同じのばっかりでつまらんですね。っていうのは、私も感じております。どうにかしたい、形にしたい(ふつふつ)。

関連記事

  1. 未来の星語りの「これまで」と「これから」

  2. 2017/08/29 上弦 射手座7度

  3. 週間の星読みとはりねずみの会について

  4. 魂の暦 Magnolia’s World No.30

  5. 魂の暦 Magnolia’s World No.27

  6. 魂の暦 Magnolia’s World No.29

  7. 2017/10/06 満月 牡羊座13度

  8. 2017/08/03天王星の逆行

テキストのコピーはできません。