2018/7/6*牡羊座の月/下弦の月

ここに左カラムに表示させたい任意のテキストや画像タグを入力します。
ここに右カラムに表示させたい任意のテキストや画像タグを入力します。

2018/7/6*牡羊座の月/下弦の月

牡牛座に近づきつつある牡羊座の月。下弦の月です。

昨日の星読みでも書きましたが、未来の時間を意識したい時です。動き出す人もいるでしょうし、心を決める人もいるでしょう。また、まだ悩んだり迷ったりしているという人もいると思います。それぞれに最高のタイミングで心が動き出すでしょう。

去年の私なら「なんにもないんですけど」って書いてたように思います。それは、なんにもないことを私自身が望んでいたからだと思います。決めかねていたし、ただむやみに怖がっていたし、あれこれ理由を付けて「変わらない自分」を選んでいたと思います。

それでももちろん、問題ないんです。是永泣く時間は流れる。だけど、新しい時代を新しい自分で迎えたいのならば、心にずんと重くのしかかっているものや、今まで避けてきた扉を、勇気を出して開いてみるときなんじゃないかと思います。

やけに情熱がこもった下弦の月のメッセージはこちら。

***

出生図鑑定、私の看板メニューです。この鑑定書は、私から見たホロスコープの解説書ともいえるもの。その人が持って生まれた可能性をできる限り丁寧に書きあげています。

だけど私が感じるその方のホロスコープって、どこまで今のその人のことを描けているのだろうか、って感じることがあります。

私はずっと、自分の出生図が上手く読めないと思っていました。実際、私が見る私のホロスコープは、別の次元に生きている自分なのではないかと思うほど。どういうことかと言うと、このホロスコープならこうなっててもおかしくないよね、と思うのだけど、実際の私こうだし、みたいな感じです。

ホロスコープは「その通りに運命が進みますよ」という地図ではありません。だけど、その人らしさとはなにかとか、だからこうした問題に触れることが多くて、それを乗り越えて昇華することで次のステージが開けるんだよ、ということを教えてくれるものなんじゃないかと思うんです。

私が持って生まれた可能性を知ることができるのがホロスコープ。物語を描きながら紡いでいくのが人生。その時々の進むべき道のヒントが得られるのが占星術

自分の人生は自分でデザインしてもいい。ということを、私はご自身の手で掴んでもらいたいと思うから「自分で読む出生図」というメニューを構築しています。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトや掲示板への引用はお控えくださいますようお願いいたします。

 

関連記事

  1. 2018/5/5*山羊座の月

  2. 2018/7/31*魚座の月

  3. 2018/6/9*牡羊座の月

  4. 2018/8/1*魚座の月

  5. 2018/8/16*天秤座の月

  6. 2018/8/18*蠍座の月/上弦の月

  7. 2018/7/12*蟹座の月

  8. 2018/5/27*蠍座の月

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。