2018/7/3*魚座の月

2018/7/3*魚座の月

月は海王星に向かいます。今日は水のグランドトラインが浮かび上がり始めるとき。

今週の星読みでも触れている、水のグランドトライン。6月の初めからちょいちょい出てきているので「また?」みたいな印象があるかもしれませんが、三角形のひとつを担っている蠍座の木星は、今年の秋には射手座に進みます。それほど起こりやすい配置ではないんです。出生図が唯一無二と言われるように、今の空の配置も唯一無二。今だからこそ起こっている空のハーモニーです。

さて、月が水の星座に入るわけだから、心も敏感になりやすい時です。ピリッとしたオポジション(180度)やスクエア(90度)も健在。なのでナーバスになり過ぎないようにしたいところです。特に「された」と感じたことに対して、ショックを受けすぎないように。

私もそうなんですが、自分とは異なるものに対して、攻撃的な気持ちを持ってしまうことがあります。それは、自分や自分の周りを守ろうとして起こることが多いです。そして「傷ついた経験」があるからこそ、過剰に防衛しようとしてしまうという傾向もあります。だって何度も傷つきたくないですもんね。

この、反射的な防御が、今回の水のグランドトラインのテーマのひとつだと思うんです。頑なになり過ぎていないか、本当に自分が恐れているものはなにか、そういったことを気づかせてくれることに出会うのではないでしょうか。

***

太陽とアセンダントが蟹座の私は、がちがちに守りが固いタイプでした。過去形にしたのは、これから本当の意味でオープンになってゆくぞと決意したからです。長年守り続けていると、目的を見失ってなお城壁の補強をしていたところが無きにしも非ずです。それはそれでね、30代のいろいろあった自分だと思う。よく頑張ったなあって思う。だけどこれからは、新しい城を築くのだ、そんな気持ちでいます。

[wpdm_package id=’6594′]
テキストのコピーはできません。