2018/5/5*山羊座の月

2018/5/5*山羊座の月

月は土星を通り過ぎ、冥王星・火星に近づいてゆく。

月は水瓶座で下弦の月を迎えます。その下弦の月を見据えての取捨選択や、出会うべきものとの出会いが、今日明日と用意されているような星の配置に感じられました。といっても、街角の出会い頭にぶつかるとか、図書館で同じ本を手に取るとか、そういうベタなやつじゃないですよ。きっかけ=コレって決めつけないで、どこにでも転がってる可能性だと思うから。

そういう意味でも、いろんなことに対して寛大でいたい日です。

***
端午の節句の発祥は中国、楚(そ)の国の屈原(くつげん)さんが汨羅(べきら)という川に身を投げたのがきっかけだそうです。この物語の漁師とのやり取りがとても好きです。
中国文学不朽の名作といわれる長編叙事詩「離騒」は思わず味わいたくなる美しい詩です。いかんせん、いやホントに長いんだけれど。

通知が届かない、通知を見落とすという方のために、メール通知を設置することにしました。毎日の星読みが朝8時にメールで届きます。Gmailからお届けしますので、Gmailが受信できるメールアドレスで登録ください。
[subscribe2]

スケジュール帳形式の毎日の星読みはこちらからダウンロード!


私と魂の暦と引き合わせてくれた「はりねずみの会」について

スイス・ドルナッハでオイリュトミーを学んでいらっしゃる花岡ご夫妻の「はりねずみの会」で、魂の暦を知りました。

はりねずみの会(花岡令奈さんのFacebook)
オイリュトミーのこと、シュタイナーのこと、日々考えていることや、感じたこと、などなど、FBのフィードではなかなか書けない、繊細なところや、深いところ、まだ結論には達していないけれど自分自身の最先端のところ等を投稿しています。
※入会ご希望の方は花岡令奈のFacebookへ直接ご連絡いただくか、私までご連絡ください♡

魂の暦とともに歩むにあたって、私が思う「魂の暦」についてまとめました。参考にした書籍の紹介もあります。

関連記事

  1. 2018/8/12*獅子座の月/乙女座の月

  2. 2018/7/5*魚座の月/牡羊座の月

  3. 2018/6/27*射手座の月

  4. 2018/6/11*牡牛座の月

  5. 2018/6/20*乙女座の月/上弦の月

  6. 2018/6/29*山羊座の月

  7. 2018/8/10*蟹座の月/獅子座の月

  8. 2018/5/30*射手座の月

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

テキストのコピーはできません。