2018/5/1*蠍座の月

2018/5/1*蠍座の月

満月を過ぎましたが、月はまだ蠍座にあり満月モードが続行中です。月は冥王星・火星とセクスタイル、太陽と木星はトライン。行動を秩序がキャッチする、みたいな感じ。

私は毎日の星読みを見るとき、12時のチャートを基本に見ています。そうすると太陽はだいたい天頂あたり、そして今の木星は底のICあたりに位置します。今日は木星に月が重なり、通過してゆく日です。ホロスコープの底に熱があたり、小さな穴が開いて何かが、内にこもっていたものが、零れ落ちていく、漏れ出していくようなイメージが浮かびました。(そりゃ正午のホロスコープで見るからでしょって言われたそうなんだけど)。

石井ゆかりさんは満月を表現するのに「コップいっぱいに水が入った状態」ということを言っていたと記憶しています。占星術で水は感情を表すもの。感情があふれちゃうことが想像できますが、あふれてもいいんじゃなかろうか? 

私はめったに泣くことがありませんので、時々思い出したときに「泣けるもの」を選んで泣いてみます。泣いてみると、泣き始めるときには考えてもいなかったことがどさーっと出てくることがあります。そういうときは、浄化だのなんだの考えずに、ただただ垂れ流します。いろいろを出してしまってから、それからでも十分に収拾はつく、そんな日ではないかと思います。

***

毎日の星読みの画像が、あまりにも寂しい!(笑)

通知が届かない方のために、毎日の星読みメール通知を検討しています。実装は来週分から。今週はLINE@の個別メッセージでお届けしていますので、届いてない方はお知らせいただけると助かります!

需要の有無はさておき、今週(2018/04/30~2018/05/06)の毎週・毎日の星読みDL版アップしました。毎週の星読みにあるダウンロードリンクと同じものです。
[wpdm_package id=’5932′]


私と魂の暦と引き合わせてくれた「はりねずみの会」について

スイス・ドルナッハでオイリュトミーを学んでいらっしゃる花岡ご夫妻の「はりねずみの会」で、魂の暦を知りました。

はりねずみの会(花岡令奈さんのFacebook)
オイリュトミーのこと、シュタイナーのこと、日々考えていることや、感じたこと、などなど、FBのフィードではなかなか書けない、繊細なところや、深いところ、まだ結論には達していないけれど自分自身の最先端のところ等を投稿しています。
※入会ご希望の方は花岡令奈のFacebookへ直接ご連絡いただくか、私までご連絡ください♡

魂の暦とともに歩むにあたって、私が思う「魂の暦」についてまとめました。参考にした書籍の紹介もあります。

魂の暦について

テキストのコピーはできません。