太宰治のホロスコープ

リクエストをいただきましたのでホロスコープを読みました。といっても、鑑定ではないから好き勝手に読みますよ。

太宰治 のホロスコープ

1909/6/19 夕方 青森県五所川原市金木町朝日山生まれ

太宰治 のホロスコープデータはこちら

私の中の太宰像

かっこつけでキザで女たらしの飲んだくれです。なんていうと身もふたもないですね。

私は 太宰治 の作品が好きです。大衆文学の真骨頂である「人の愚かさ」や「人の愛おしさ」、そして「滑稽さ」は誰の小説をとっても彼にはかなわない。当たり前のことを劇化せず、ごく当たり前のものとして作品に混ぜ込み、読者をひきつけ、考えさせ、解放させる。そういった文学を築いたのは太宰だと思います。だから彼は天才です。

文学的に高い価値とは何かとか、文学とは人にとってどんなものでなければならない、といった当時の文豪、あるいは批評家たちの論点からはちょっとずれたものをいつも書いてた人で、違う土俵に向かって「評価してくれ!」と叫んでいた感は否めない、という印象です。

私は大衆小説だろうが、文学だろうが、難解なシュル小説だろうが、人の心を打つ小説であればそれは価値が高いものだと思ってますが。そういう時代が来るのはもう少し先でしたね。時代はいつだってちょっと遅れているんです。

(独断と偏見に満ちているのであてにしてはいけません。I♡太宰

太宰治 のリーディング

太宰治 と言えば心中と思う人も多いでしょう。リクエストした人も「蠍座が強いんでしょ!?」と意気込んでいましたが、残念ながら蟹座が強いです。でもこの蟹座の強さこそ彼の強みであったと思います。

太陽は双子座の28度。圧迫、逼迫から抜け出すこと、解放と天才的な創造の発動、リスタート、といった意味を受け取りました。前述しているとおり、私は彼を天才だと思っていますから、贔屓目かもしれない。

蟹座は「普通さ」「身近さ」「近寄りやすさ(これは一部の人にとって、一部の人からは全く近寄れないところがあります)」があります。大衆性とでも言いますか、インテリな香りは匂ってこないようなね、ハードル低いなあってところがあります。

太宰治 の月は蟹座でルーラーです。蟹座が強いというのはここにあり。そして太陽と冥王星が合(重なっている)。カリスマ性と死と再生。何度もやるために自殺未遂したのかって思いますね(占星術ギャグです)。いや、彼にとって自殺未遂は死と再生ではなく、中毒や鬱の克服こそが死と再生だったと私は思っています。

人は誰しも「自分ではどうにもできないもの」を抱えて生きていると思います。同年代の芥川龍之介は「底の見えない漆黒の闇」、宮沢賢治は「意識が遠のくような遠くの空の果て」、 太宰治 は「生ぬるく心地よい海水」がそれ(「自分ではどうにもできないもの」)であろうと思っています。

月と金星が蟹座で合、というところがなんとも愛されキャラを彷彿とさせますね。愛されキャラというより憎めない人、かな。海王星もそばにあるのでぐずぐず感、じゅくじゅく感ともいうべきか。熟しすぎて腐り落ちそうな果実を思わせます。

(私の愛する)吉本隆明さんは生前の 太宰治 に会ったことがあるそうです。その中でこんなふうに表現しています。

「この人はものすごくサービスする人だな、人を拒否することができない人だなっていう印象がもう一つありましたね。」

魚座の火星が、蟹座の海王星・月・金星に120度です。優しいんですよね、とことん優しい。自分の中で区切りをつければ多少は楽になれたかもしれないのに、面倒見もいいから区切れないんです。本当の深部に入れる人は選んでいたでしょうが、慕ってくれる人たちを邪険にできない(彼なりに、であって邪険にされたって思う人もいたでしょう)人です。だからこそ、彼を女々しいという人もいたのではないかと思います。

おわりに

今回は好き勝手に読みましたが、実際の鑑定とは全く違いますから誤解のないようにお願いいたします。そして、かなり独断と偏見に満ちている部分もありますので「太宰ってこんな人なのか!」と鵜呑みにしないように。彼の小説を読めば、彼という人がどんな人であったかは分かると思います。愛すべき、愛されるべき双子座の太宰治。

(注意:惑星やサインやアスペクトについて書いていますが、あなたのホロスコープに同じものがあるから同じです、ってことはほぼないです。ホロスコープは全体を読み取るものですから、一部だけに固執しても意味がないと私は考えています)

2019年からのサイトについて

2019年からのサイトの方針については、もうしばらく詰めてからお知らせしようと思います。今までパスワードをご希望されてメールくださったみなさん、ありがとうございました! 方針が決まり次第、いち早くお知らせのメールを送らせていただきます。

2019年からはサイトの規模を縮小しようと考えています。密な信頼関係を築ける方々と、占星術を挟んでやり取りができるサイトを目指します。

この姿勢は変わりません。そうするために、本当に何を残し、何を深めてゆくかを詰めているところです(10/25の満月直前)。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・★゜・。。・゜゜・。。・゜

出生図鑑定、未来リーディングをご希望の皆さまへ。

出生図鑑定についての詳細、お申し込みはこちらからお願いします。

未来リーディングに関しましては、出生図鑑定を受けてくださった方を対象としております。詳細についてはお問い合わせ(こちら)よりご連絡ください。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトや掲示板への引用はお控えくださいますようお願いいたします。

関連記事

  1. 2018年の 木星の射手座 入り

  2. そのひとときを愛と呼ぼう

  3. 星から得ること

  4. 太陽がいて座に入りました

  5. 水星が逆行します(8/30~9/22)

  6. 思考のサイン、ふたご座の新月

  7. 体感、小さな満月~さそり座~

  8. 竹内俊二先生「みんなで1人のホロスコープを読む会」

テキストのコピーはできません。