2019年から2021年までの未来リーディングVol.2

2019年から2021年までの未来リーディングVol.2

未来リーディングにおける木星の役割について

2019年から2021年までの未来リーディングVol.1に続くVol.2。2019年12月3日~2020年12月19日の約一年間、社会に流れるムードや空気はこうなってゆくんじゃないかな、をリーディングしました。

 なぜ中途半端に12月3日なのかというと、木星がサイン(星座)を移動するタイミングに合わせた区切りにしたからです。詳細は2019年から2021年までの未来リーディングVol.1の「未来リーディングにおける木星の役割について」をご覧ください。

 木星がサイン(星座)を移動したら突然世界が変わるなんてことはなくて、徐々に人の心が動いてゆき、それが周りの一人へ、また一人へと伝わってゆき、それが社会や世界の大きなうねりへとつながってゆきます。

 あなたが生活の中で感じた違和感は、ほかの誰かも感じているものかもしれません。そしてそれが、今の世界を未来の世界へ、アクエリアス(水瓶座)の時代へとつながっているインスピレーションなのかもしれません。

2019年12月3日~2020年12月19日(木星山羊座期)

 光を当てる役割を持った木星が、山羊座に入ります。山羊座の領域は「現実的なもの、秩序、ルール、仕組みやそれを構築するもの」を表します。射手座で抱いた人生の目標や指針は、あくまで机上の空論です。あったらいいなの妄想の世界から出ていません。山羊座はこの射手座の望みを受けて、射手座で抱いた(気づいた)目標や指針を具体的に形にする役割があります。

 また、山羊座は今まで積み上げてきた秩序やルール、仕組みも表します。ここに木星という明るく照らす天体が入ることから、今まで社会を支えてきた根幹となる秩序やルールや仕組みの根幹が見直されることが考えられます。

 古きを壊し新たらしきを築く……、その規模は世界単位で起こるだろうと想像します。例えば、経済体制についても新しい概念が生まれるかもしれませんし(資本主義や社会主義以外の経済体制生まれる)、性別によって区別されているものの範囲がもっとシームレス化してゆく(例えば、今のトイレは男女と多目的に分かれていますが、そもそも分かれていないのが当たり前になってゆくかもしれません)。また、物理的に距離や時間が不可能にしていたことについて、あるいは人とロボットやAIの違いについて、その制限を超えるようなものや考え方が広く普及してゆくこともあるでしょう。

 そうした動きは今までにない規模の深さで起こります。というのも、山羊座には木星だけでなく、土星と冥王星も入っているからです。この3つの天体が同時に山羊座に集まるタイミングはかなりレア、250年に一度の転換期です。土の時代(注1)から風の時代へ の変わり目に私たちは生きているということになります。

「古きを壊し新しきを築く」。今この節目の時代に生きている私たちには、このスケールの大きな使命が課せられていると言っても過言ではありません。この大きな出来事を前に、今生きている人たちそれぞれが何を感じ、どう考え、どんな行動をとるのか。そして何を未来に残すのか。その現場に居合わすことができない人たちに、何を残せるのか。そうしたテーマをぼんやりと抱えているからこそ、人は、世界は、変わろうとしているのだと思います。

 話を戻しますね。この「古きを壊し新しきを築く」動きには、今改めて秩序やルールや仕組みの経緯やあり方、本質を見直す動きがあります。そのきっかけは人々が抱く疑問や苦しんでいる人や希望を持っている人の声です。

 折り合いを付ける過程で衝突することもあるでしょう。けれど、力の強いものだけが勝ち上がることはありません。より多くの人が幸せになるものが選ばれてゆくのだと思います。

 そのためには、一人一人が課題や問題に対して考えて伝えること、行動して結果を残すことが求められますそれが失敗であろうと成功であろうと、その体験は共有され糧となります。

※注1 1800年初頭から始まった土の時代は、産業革命の時代でもありました。人の手仕事から機械化が進むことによって大量生産が実現し、モノを所有することが豊かさの象徴であった時代です。この時代が終わり、2020年12月の木星・土星の水瓶座入りから本格的に切り替わります。

関連記事

  1. カイト(凧)のある空 ~射手座の満月に向けて~

  2. キロンが見せた夢?

  3. 明日から水星が逆行します

  4. 山の日は蠍座で上弦の月でした

  5. 今夜のホロスコープ(水星の逆行終わり!)

  6. 太陽がいて座に入りました

  7. 逆行は必要なイベント

  8. 柊の2016年のあなた ~3か月占い~

テキストのコピーはできません。