2017年の 木星の蠍座 入り

木星の蠍座 入り(2017/10/10~2018/11/08)

柊です。こんにちは。

2017年10月10日、木星が蠍座に移動します。
木星は約一年の時間をかけてひとつのサインを運行します。その一年の傾向や流行などを見るのに参考になります。
この木星が次の射手座に入るのは2018年11月8日です。また、木星は2018年3月9日から2018年7月11日まで逆行します。

木星について

占星術の上で、木星は拡大・拡充する天体とされています。幸運の星とも呼ばれますが、これは濡れ手に粟、棚から牡丹餅とは意味合いが違います。例えば、仕事が増えると収入も増えます。しかしプライベートの充実を図るのは難しくなるかもしれません。といった具合に、単純なラッキータイムではないことを知っておいていただきたいのです。

しかし、この忙しさの中には必ず将来的に実を結ぶものも含まれています。どれがそうなのか、すぐには分からないかもしれないけど。対処する数が増えるとどうしても雑になりがちです。でも、ひとつひとつを記憶にとどめて、味わいながら経験を増やしていってほしいと私は思っています。

蠍座について

蠍座は12星座の8番目のサインです。水の星座で不動宮です。蠍座に入る前は天秤座でした。この一年、私は「フォトジェニック」「インスタ映え」という言葉を良く聞いたなと思います。悪く言えば「張りぼてでもOK」であった天秤座の一年を終えて迎える蠍座の一年は、より深くコミット(関係し、理解する)し、そこから化学反応を起こして自らが変化する時代です。

「より深くコミットする」ということはどういうことでしょうか。コミットメントという言葉は、関わり合うことや委ねることという意味なのですが、私は「ピンポイントに焦点を当て、積極的に関係して交わること(時に飲み込み、飲み込まれること)」という意味を込めて使っています。単なる「関係する」程度のものではなくて、そのものと触れ合い、理解し、それよって自分が変化してしまうような、重要な出会いのことです。

その姿はあまり人目に晒されるべきものではないように思います。だからとても静かに、だけど力強く、深い地点で起こるもの。次の射手座の時代が来たときには、闇の暗さを知っているからこそ、自己を肯定できる光に堂々と力強く手を伸ばせるような、思想や宗教・哲学、あるいは海外や自由への動きが起こると思います。これは蠍座の時代にどれほど闇と向き合えたか、引き受けられたかで、飛躍の度合いが違ってくると思います。

また、蠍座は保険や税金、不動産といった「資産」、終末医療や死と再生も表します。新しい形のお葬式とかも着目されそうです(そういえば、先日ニュースで「釜ヶ崎見送りの会」というのを知り、蠍座っぽいなあと思いました)。

木星の蠍座 入りのチャートから(2017/10/10~2018/11/08)

木星が蠍座に入るのは2017年10月10日の22:21ごろです。夜なので太陽は地平線の下にあります。太陽と水星、火星と金星がコンジャンクション、土星と月がオポジション、山羊座の冥王星はディセンダントにあります。牡羊座の天王星と蠍座の木星は引き続きオポジションの配置。

蠍座の表す「自己変容」は一人では起こり得ません。なぜなら、異物と異物が交わることで起こる化学反応だからです。でもここで言う「異物」とは必ずしも人とは限りません。あなたが好きで好きでやまないこととか、あなたが属する集団である可能性もあります。

太陽と水星は重なった状態で冥王星とスクエアの配置、月と土星は金星火星のコンジャンクションとTスクエアです。

蠍座の「関わること(飲み込み、飲み込まれること)」の中で、自分らしさや自分の意見は時に失われるのかもしれません。しかし、それが消えてしまうことはない。例えば、長時間労働ってよく話題に上りますが、会社が上り調子で社員たちも仕事が楽しい、遣り甲斐を感じている、そして報酬もきちんともらえているときであれば、それ自体が問題になることはあまりないのだと思います。不満があるから噴出するのであってね。そうした時間の中で、自分のやりたいことって二の次に回ります。意見が消えるのではなく、発信するタイミングではなくなるだけのこと。会社というシステムは個人の力を越えたものを提出することができます。そうした「大きな力」を支えるもののひとつになること、それを望むことも十分に考えられることだと思います。

2017年12月には土星が山羊座にサインを変えます。気持ちだけ、声だけでは不足で結果を求めます。何を残せるのか、どんな成果を期待できる仕組みなのか、そうしたシビアで実用性のある結果を求められるようになります。2018年5月には天王星が牡牛座に移動。起こりつつある変容の中から、自分は何を勝ち取るのか、それは自分にどんな豊かさをもたらすのか、ということが意識に上ります。

チャートを見る限り、打てば響くという印象もありますが、忙しさに翻弄という印象もあります。ざっとした予測ですが、蟹座・蠍座・魚座さん、乙女座、山羊座さんたちにとってはちょっと潤いを感じる、ホッとする一年になりそうです。牡牛座、獅子座、水瓶座さんたちにとっては、忙しさは増して振り回された印象が強く残りそうですが、必ず得られるものもある年になりそうです。あと、水のサインが少ない出生図の方にとっては、一年を通じて木星が水(感情)を補ってくれるので、気持ちの通った思い出や出来事が増えるのではないかなと思います(片思いの彼が火と風ばっかり、なんて方にとっては、気持ちが通じやすくなることが期待できそうです)。

個が消えるような内容も書きましたが、本当に個が消えることなんてありません。いつの時代もそう。デストピア小説の代表、ジョージ・オーウェルの1984の世界でさえ、個は消えることなく輝いたんです。だから染まることを恐れないで、その中で「新しい自分」を掴んで次の時代につなぎましょうね。

2019年からのサイトについて

2019年からのサイトの方針については、もうしばらく詰めてからお知らせしようと思います。今までパスワードをご希望されてメールくださったみなさん、ありがとうございました! 方針が決まり次第、いち早くお知らせのメールを送らせていただきます。

2019年からはサイトの規模を縮小しようと考えています。密な信頼関係を築ける方々と、占星術を挟んでやり取りができるサイトを目指します。

この姿勢は変わりません。そうするために、本当に何を残し、何を深めてゆくかを詰めているところです(10/25の満月直前)。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・★゜・。。・゜゜・。。・゜

出生図鑑定、未来リーディングをご希望の皆さまへ。

出生図鑑定についての詳細、お申し込みはこちらからお願いします。

未来リーディングに関しましては、出生図鑑定を受けてくださった方を対象としております。詳細についてはお問い合わせ(こちら)よりご連絡ください。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトや掲示板への引用はお控えくださいますようお願いいたします。

関連記事

  1. 太陽が乙女座に移動しました

  2. 逆行は必要なイベント

  3. 2017年の夏至

  4. 明日から水星が逆行します

  5. カイト(凧)のある空 ~射手座の満月に向けて~

  6. 2017年の 海王星逆行

  7. 木星のテーマを知ろう

  8. 柊の2016年のあなた ~3か月占い~

テキストのコピーはできません。