2017年 全体の星模様

2016年もいよいよ終わりです。良い年となったでしょうか?
2017年 全体の星読みをお昼頃には……と思ったのですが間に合いませんでした。すみません。
今年も大変お世話になりました。来年も今年以上に頑張ってゆきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

以下、遅ればせながら2017年 の全体の星読みです。

これはいわゆる「全体運」というものですが、私たちは地球にいる以上、全体の流れに否応なく乗ることになります。
ぜひ、良し悪しではない視点でご覧いただけたらと思います。

2017年 全体の流れ

2016年は、どちらかと言えば明確さのない、大きなうねりの中を通過するような一年でした。柔軟宮が強く表れた一年でしたからね。しかし、このうねりの中で確かに何かが終わり、新しい何かが始まりました。
2017年は火の星座がとても強い一年となります。といっても、必ずしもスピーディーではなく、行きつ戻りつする中で摩擦によっておこる炎の印象がとても強いです。

土星は2015年から射手座に入りました。その土星が射手座での役割を終え、山羊座に入ります。これが2017年12月。
2011年東日本大震災の日に牡羊座入りした天王星は、2018年に牡牛座から牡羊座へ移動します。

惑星がサインを変えるというのは、けっこう大きなインパクトがあります。
前述の2つの惑星は動きの遅い惑星ですから、影響する期間も長いもの、よって時代の方向性として読み取ることができます。
2017年、2018年と明らかに時代を彩るベース音が変わるわけです。その期間を象徴するのは木星。
2016年は乙女座で変容を呼び起こし、しっかりと固まっていたものたちをバラバラにしました。EUの脱退は象徴的でしたね。
変わって2017年 の木星は天秤座時代です。バラバラにしたものをそれぞれに引き合わせる。
そして2018年の木星は蠍座時代。繋ぎ合わせ、堅く結びつける。

この流れを考えると、2017年 がどんな時間になるかはおのずと見えてきます。
2018年へ向けて、徹底的に終わらせ、始める準備をする年です。

(2017年1月の星読み、星座別の月間星読みはこちらからどうぞ)


私と魂の暦と引き合わせてくれた「はりねずみの会」について

スイス・ドルナッハでオイリュトミーを学んでいらっしゃる花岡ご夫妻の「はりねずみの会」で、魂の暦を知りました。

はりねずみの会(花岡令奈さんのFacebook)
オイリュトミーのこと、シュタイナーのこと、日々考えていることや、感じたこと、などなど、FBのフィードではなかなか書けない、繊細なところや、深いところ、まだ結論には達していないけれど自分自身の最先端のところ等を投稿しています。
※入会ご希望の方は花岡令奈のFacebookへ直接ご連絡いただくか、私までご連絡ください♡

魂の暦とともに歩むにあたって、私が思う「魂の暦」についてまとめました。参考にした書籍の紹介もあります。

関連記事

  1. 2017年から2018年の天王星

  2. キロンの牡羊座入り

  3. GW開始と水星の逆行

  4. 2018年の秋分

  5. 牡羊座の新月を前に

  6. しし座の新月。心(魂)を喜ばせよう。

  7. 私の星読みのスタンス

  8. 2016/12/21 冬至

テキストのコピーはできません。