2016/11/20 海王星が順行に戻ります

img_0411 スーパームーンは撮り逃しましたが、スーパームーンから2日後の満月もどきは写真に収めることができました。こんにちは。柊です。

朝5時頃の双子座の月です。自分の木星と合付近だなあと思いつつ、シャッターを切りました。LINE@で出生図鑑定をご依頼くださった方から「月が綺麗に見えていますよ」とメッセージいただいたのが昨日。昨晩も頑張ったのですが、すでに夜中で月が遠く感じられ。不思議ですね。月は軌道を外れることはないのですが、地上近くのほうが大きく感じられ、また温かくも感じられます。

海王星の逆行が終わります

2016/6/14から逆行を始めた海王星が2016/11/20に順行に戻ります。海王星逆行の記事はこちらです。イギリスのEU脱退のころだったね。もう5か月も前のことか。

海王星が順行に戻った翌日、獅子座の上弦下弦の月です。下弦の月メッセージでも触れるので今回は海王星についての話を少し。

海王星は無意識や夢のような見えない精神世界、心理占星術では集合的無意識と表現されます。私は「見えないものすべて」と考えています。目に見えるものも大切だけど、目に見えないものも大切だし、やっぱり「ある」と思うんです。この世界では不思議なことなんて日々起こっています。見ることがないだけ。見えるものだけがすべてだと言い切ってしまったら、それはとても寂しい人生になってしまう、とさえ感じます。

海王星は海の神様ポセイドンです。私、なぜか似つかわしくない(と言われる)資格をいくつか持ってますが、その一つがダイビングです。海好き、特に深海好き。深海のことを知ってゆくと、そこは宇宙と同じぐらい解明されていなくて、不思議で、神秘的です。深海に限ったことではありませんが、「解明」とか「理解」なんて人間の都合であって、ただそこでずっと生きてるものたちがいる事実。それを知ると、人間が知ることのない世界って、地球にもまだまだたくさんあるって痛感します。だから目に見えるものだけを信じるとは言い切れないわけです。

最近特に意識するのが「イメージの力」です。それは以前受けたヒプノセラピーでも使うし、日常でも使う。予測とか計画も、どれだけ情報やデータを集めてそこから結論を導き出したとしても、一度くらいは想像しますね。ほかにも、引き寄せの法則もそうかな(※引き寄せの法則はいろんな解釈があるのですが、私はあえて「引き寄せ」という言葉は使わず、ただ「あるがまま」を認めることと良し悪しの判断を辞めることで自分が「全」になることだと考えています。偉そうに書いてますが、いつでもできてるわけではない、普通の人です)。

あ、脱線してしまった。イメージの力、これも海王星が見せてくれていると感じています。広がれば広がるほど、それは個人の枠を越え、大勢の人たちと繋がり、広大な祈りにもなるもの

海王星は逆行中、その部分をタイトに、現実的に、その広大な祈りにもなるものをより個人に落とし込むことを、私たちに見せていました。曖昧だった境界線を意識して引き直すような時間。順行に戻るとき、きっとこの逆行の時間のひとつの成果を手渡すのだろうと思います。

あなたは2016/6/14~2016/11/20の間、どんなことを考えて、何を選択して、今、手元に何が残っていますか?

下弦の月は2016/11/21。下弦の月のメッセージまでのあいだ、ちょっと立ち止まって考える時間を取ってみてくださいね。

2019年からのサイトについて

2019年からのサイトの方針については、もうしばらく詰めてからお知らせしようと思います。今までパスワードをご希望されてメールくださったみなさん、ありがとうございました! 方針が決まり次第、いち早くお知らせのメールを送らせていただきます。

2019年からはサイトの規模を縮小しようと考えています。密な信頼関係を築ける方々と、占星術を挟んでやり取りができるサイトを目指します。

この姿勢は変わりません。そうするために、本当に何を残し、何を深めてゆくかを詰めているところです(10/25の満月直前)。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトや掲示板への引用はお控えくださいますようお願いいたします。

 

関連記事

  1. 水星逆行中です

  2. キロンの牡羊座入り

  3. しし座の季節の過ごし方

  4. 2017年 全体の星模様

  5. (手短に)金星がふたご座に!

  6. 土星のことと、柊からのお知らせ

  7. 牡羊座の新月を前に

  8. 柊の2016年のあなた ~3か月占い~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 11月 20日

テキストのコピーはできません。