宇宙のお正月、春分です

おはようございます。良い天気の春分ですね。占星術を使っていらっしゃる方々の中では今日の春分が話題に上ることが多いでしょう。

春分は1年に1度あります。1年に1度ということは、すっごい珍しいものではありません。私にとっては「節目の日」という意味で特別になります。でも今日だからといって、特に何かするわけではありません。すでに始まっているんです。

普通に日々を暮らしている中で、「もっと良くしたい」とか「上達したい」とか「楽になりたい(これは後で書きます。単に寝て暮らすってことじゃないです)」と感じることがあります。ごくごく自然に「このままではダメだな」とか「これは変えよう」という思いが立ち上がります。

これは占星術を学んでいようと、いまいと、変わらずあることだと思います。何も感じずにずっと生きていくのは、小説になるぐらい逆にドラマチックだと思います。私たちはあらゆるものから影響を受けています。その影響を避けることはできない。だから人は変わってゆくのだと思うんです。

で、楽になりたい(楽したい)ということですが、理想の自分のライフスタイルに近づけることを指しています。心も体ものびのびと暮らせる状態、その地点を求めて、何かを変えたり、取り入れたり、そぎ落としたりしつつ、毎日の「暮らし」を積み重ねてゆくんです。

その取捨選択や方向の妥当性を検討する日が今日です。私の春分の過ごし方。

ようやく星模様の話。あくまで私の解釈なので「ええー違うー」と感じたら読まなくっていいです(笑・でもうどん話題とかで絡んできて)。今年の初めからずっと「定まらない」感じがしていました。形にならない考えや気持ちがあるんだけど、そしてそれはすごくささやかなんだけどじっとあるものが、今日を境にぐつぐつと煮詰まってゆきます。それでもまだ形になるには時間がかかります。冬から今日までの間が「霧の中で手探り」だったのに対して、今日からは「探しているものは分かっているんだけど、どこに手を突っ込んでいいかお試し中」みたいな感じです。

こんなときどうするかというと、私はけっこうやみくもに手を突っ込むと思います。なにか結果がほしいとき、打てば響くを求めているときは、打たねばならないんです。

というわけで、連休中日の今日という日、みなさんも有意義にすごしてくださいね。私は広島へ行ってまいります!!


私と魂の暦と引き合わせてくれた「はりねずみの会」について

スイス・ドルナッハでオイリュトミーを学んでいらっしゃる花岡ご夫妻の「はりねずみの会」で、魂の暦を知りました。

はりねずみの会(花岡令奈さんのFacebook)
オイリュトミーのこと、シュタイナーのこと、日々考えていることや、感じたこと、などなど、FBのフィードではなかなか書けない、繊細なところや、深いところ、まだ結論には達していないけれど自分自身の最先端のところ等を投稿しています。
※入会ご希望の方は花岡令奈のFacebookへ直接ご連絡いただくか、私までご連絡ください♡

魂の暦とともに歩むにあたって、私が思う「魂の暦」についてまとめました。参考にした書籍の紹介もあります。

関連記事

  1. 体感、小さな満月~さそり座~

  2. 2018年春の 牡羊座の水星逆行

  3. 天王星の牡牛座入りから見る未来

  4. 明日から水星が逆行します

  5. しし座の季節の過ごし方

  6. 十三夜からの冥王星

  7. 北斗晶さんのホロスコープ

  8. 木星が5/8まで逆行します

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。