カイト(凧)のある空 ~射手座の満月に向けて~

今、空には カイト(凧) と呼ばれる星の配置があります。
LINE@用の毎日の星読みをしていて、ちょっとここは厚く(熱く)書きたいなあと思っていたら、けっこうな量になりまして(笑)突発ですが記事にしました。

上弦の月から次の満月に向けて

5月の初めに記事にしたドラゴンヘッド、ただいま獅子座にあります。今日の月はこのドラゴンヘッドにかかり、また天王星と金星も重なりつつあります。今日と明日の空模様は特に美しい音色を奏でているように見えます。

カイト(凧) のある空

カイト(凧)の模様のほかに、火星・土星・キロンがTスクエアという三角形も描いています。苦手や敬遠していたことを刺激される人もいるかもしれません。正面からぶつかるか、回避するかは人によって違いそうですが、いかなる場合でも「飛び出せ、踏み出せ」というメッセージは降り注いでいるように思います。

カイト(凧)は風を受けて進みます。今回のカイトは火星と土星が向かい合っていることから、必ずしも常に追い風というわけでもなさそうです。でも、風速は強いというか、否応ない感じですね。

全ては「一生」という時間の帯で繋がっている

最近お受けしてたマヤ暦の鑑定の中でもお話に上がったのですが、目の前の出来事に翻弄されていると、本来の目的地を見失うことがあります。一喜一憂するな、というわけではありませんが、この出来事も、あの出来事も、すべては「一生」という帯のような時間軸の中で起こっていることで、必ずどこかに着地するもの。ずっとくるくる嵐の中で回り続けることはないんです。

だから「もー!!!」となっても、焦って結末を決めてしまわないことが大切なんじゃないかなと思います。

柊からのメッセージ

この風に翻弄されてる人がいるのであれば、その人にはこう伝えたい。

「そこから学べることがあります。あなた自身が本当に求めるペースや、時間をかけたいことって何だろうってことです。今はただただ目の前のことをやるだけで精いっぱいかもしれないけど、その中には今のあなたに必要なことが隠されていると思います。だから、この嵐が過ぎた後で今という時間を振り返ってみてね」

この風を心地よいと感じている人は、それは素敵なこと。

「自分の可能性を決めつけないで、ちょっとだけ背伸びして、思い切ってみてください。ほんのささやかなものであっても、思い付きを大切にしてください。今まで見たことのなかった景色の中に飛び込めそうです。そこで見た景色は、やがていつもの景色になるでしょう。楽しみだね」

さいごに

いろんな状況の人がいると思います。みんなそれぞれに一生懸命だし、頑張っています。もし、笑えなくなっていたり、面白くないことばっかりに目が行くようなら、それは疲れすぎているってことじゃないでしょうか。

自分で自分の調子を整えること、そのために休んだり、気を抜いたり、フリーになったり。これは決してズルではなく、必要な時間です。

さ、6月です。季節の美しさを楽しみましょう!


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトや掲示板への引用はお控えくださいますようお願いいたします。

 

カイト(凧)

関連記事

  1. 火星が射手座へ、そして日食(3/9)

  2. ホロスコープ・占星術のソフト

  3. 太陽が射手座に入りました

  4. 2018年春の 牡羊座の水星逆行

  5. GW開始と水星の逆行

  6. 9/1 乙女座で新月(金環日食)

  7. 私の星読みのスタンス

  8. しし座の新月。心(魂)を喜ばせよう。