3/12~3/18の星読み

3/12~3/18の星読み

柊です。私は来週の星読みを書くとき、必ず先週、先々週と遡ってチェックします。そこで「私書いてる通りにハマってるやん」て気づくことがあります。書いたことは覚えておかねば。

みなさん、先週はどんな一週間でしたか? 私はどうにも前のめりになり過ぎているのか、なんだかギアがかみ合わないような日々です。なので春分はお話会を、と思っておりましたが取り止め、春分は高松で開催されるマーリ先生のワークショップに出席することにしました。残席僅かなようですが、お近くの方がいらしたら一緒に行きましょう。

さて。

月は山羊座~牡羊座を運行します。その間、3/17に新月、3/18に火星の山羊座入り、そして翌週には春分を迎えます。

新月は始まりのタイミングと言いますが、今回の新月は「終わりの始まり」のタイミングのようだなと思います。12星座の最後を飾る魚座での「始まり」だからです。暑さ寒さを繰り返していますが、気持ちの上ではいよいよ春に転じるような日になりそうです。

先週の星読みで「玉石混淆(ぎょくせきこんこう:良いものと悪いもの、優れたものと劣ったものが入り混じっていること)。この中から自分に必要なものを見つけてゆくのだと思います」と書きました。

3/17の新月はキロンもすごく近くにあります。キロンは「傷やトラウマ、抵抗のあること、補完するところ」と覚えていたのですが、最近はどうも違うんじゃないかなって思うようになりました。出生図鑑定のリーディングでは、教科書に書かれている天体の特性よりさらに踏み込んで、想像力を働かせた「読み」のほうがしっくりくることがあります。キロンもそうじゃないかなあって。で、導き出したのが「補完→補う→枯渇→常に求めるところ」という考え方です(これに関しては検証したいのでLINE@かメルマガで希望者を募る予定にしています)。

キロンのすぐそばで起こるこの新月は、玉石混淆の手のひらから、本当に自分に必要なもの(自分が本当に求めているもの)を選び出して、夜明けに向かって歩き出す、そんなイメージを私に与えました。選び取ることは、同時になにかを「終わらせること」になるのだろうと思います。それは恐らく今とこれからの自分たちにとってもう不要となったものだろうと思います。馴染みのものとの別れは悲しみや空虚さをもたらすかもしれませんが、同時に始まったものもあるわけだから、悲哀にだけ集中せず、前を向きたい時です。

そして、翌日の火星の山羊座入りは結果を求めた行動に力を入れはじめるスタートの位置。手ごたえや実感を求めるのではないかと思います。ただ挑戦するだけではなく、そこで得られるもの、得られたものから作り上げられるものに集中していきたいところです。人生はゴールのない挑戦ともいえるのではないかと思います。だからこそ、ひとつひとつを丁寧に、着実にしてゆきたい、という思いが強くわき起こりそうです。

火星は2018年という時間の中でどんどん広い力をつけるように思います。だからまだ始まり。毎年こうした時期を通り越しているわけだけど、やっぱり感慨深いなって思いますね。

では、良い一週間を!!

***

ヒプノでダイエット、新しい参加者さんが増えて嬉しいです! 写真投稿までしたんだから、理想の場所まで戻るぞー!

占星術の活動よりボランティア活動に時間を費やしておりますが、鑑定は変わらず受付中です。チャリティー鑑定も随時受付中、どうぞよろしくお願いいたします。

ボランティアを通して感じたこと、それは「責任」です。これについてはそのうち書くかもしれませんが、何かを「背負う」ことは付随するすべてのことも「背負う」ことなのだろうと思います。予想以上のなにかを背負うことになった時、それは「正解」なのかもしれないなと思います。


友だち追加 お問合せや質問など、直接のやり取りはLINE@からがお手軽です。星読みの感想もお待ちしております~☆

受付中の鑑定メニュー
    • 出生図鑑定 …… ホロスコープに描かれているあなたのこと(13,000円~)
    • 出生図鑑定以外のご相談は「お問合せ」かLINE@からご連絡ください。

お支払いは、銀行振り込み、クレジットカード支払いから選べます。


当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトや掲示板への引用はお控えくださいますようお願いいたします。



 

毎日の星読みを
プッシュ通知で受け取る