2017/01/06 上弦 牡羊座16度

2017/01/06 04:46 上弦 牡羊座16度

日没の光の中で自然霊がはたらいている

自分自身が充実するために必要なことを始めましょう


2016年最後の新月は山羊座で起こりました。上弦の月の今はエネルギーに溢れてくるとき。しかし水星の逆行もあり、ストレスを感じている人もいるのではないでしょうか。「ゆっくりできるのも週明けまでか」と思えばイライラも減るかもしれませんよ。

上弦の月は牡羊座で迎えます。月は天王星と重なり、かつ太陽と冥王星も重なっていてとてもパワフル。12/29の新月のころ思い描いた夢や希望のために、具体的な計画を立てたり、行動を起こしたりしてみましょう。おそらくそれは自分自身の充実にもつながる、大きなスタートにもつながります。

この上弦の月では理想と現実のギャップや、もどかしさみたいなものも感じるのではないかと思います。なにがハードルになってますか? 勇気がない? 失敗が怖い? 恥ずかしい? その感情を認めてリセットして、どうするかを練り直しましょう。

LINE@で配信した内容を転記します。

太陽と冥王星、天王星と木星の4つの惑星でTスクエアという三角形の配置。変革を促す形に頂点ができることで「決意」を促す配置と読めます。変革の波をどこにぶつけるか、その行動は誰の役に立つのか、ということが読み取れます。でも苦しくて辛いことを頑張るって決める、というよりは、某テレビ番組の「はじめてのおつかい」のような純粋で底なしの原動力が必要になるじゃないかと思います。

”誰の役に立つのか”と書きましたが、そんなの具体的には分からんと私は思います。実際にこの記事を楽しみにしてくれている方々がいらっしゃるのはわかるけど(ありがたい!ありがとう!)、具体的なことはわかりません。でも続けている理由ってなんだ? 書くことが好き、読むことが好き、伝えることが好きだからです。

「はじめてのおつかい」ってそういう意味で書きました。


鑑定は一時受付中止中です。再開は9月の予定です。お問合せ、お申し込みなどLINE@からでもOKです。ぜひLINE@の登録お願いします♪


・LINE@にて毎日の星模様配信中!(配信は月水金の8:00)こちらをクリック

 

 


自分のライフサイクルを知り
宇宙とシンクロした人生を手に入れる
マヤ暦月読みアドバイザーことのは柊

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です