2017年の春分

こんにちは、柊です。すっかり春めいた日差しになってきました。桜の季節ももうすぐですね。私は夢にまで見るほど桜が好きです。今年、すでに夢の中では2回お花見しています(笑)

2017年春分のホロスコープ

2017年3月20日 19:29に太陽が牡羊座に入ります。春分です。

12サインの起点である春分点を太陽が通過する瞬間に作成されたチャートを春分図と呼びます。春分は占星術では新年で 1年のスタートの日と呼ぶ人もいます。太陽が真東から昇り真西へ沈み、昼の時間と夜の時間が等しくする日。私も節目としてリーディングします。


(ホロスコープはさくっとホロスコープさんで作りました)

2017年春分のホロスコープ リーディング

春分のホロスコープから2017年を見てゆきます。

アセンダント(AC)に木星、反対側に天王星があります。木星、天王星、冥王星がTスクエア。惑星は6ハウスに太陽、金星、水星、3ハウスに月、土星、7ハウスに天王星、火星があります。

極端さに踊らされるような面もあるのではないかと思います。私はメディアは全部うそつきだ、と某大統領のように強く言うことはありませんが(全部本当だとも思ってないけど)、メディアをはじめとした情報に対して、一定のリテラシーを持つことが今まで以上に必要なこととなるのだろうと思います。自分の目で見て、肌で感じたことは、自分の感覚として間違いないものです。情報の真偽について話すより、自分で確かめたほうが確実です。「疑うより確かめよう、そのために行動しよう」と私は感じました。

鑑定をご依頼くださった方々にお伝えしていたことですが、2017年は新しい扉が開くような時間です。2020年にかけて、当たり前だと思っていたことに変化が起こる可能性も十分にあると私は考えています。それも根底から覆されるようなことかもしれない。「今まで大丈夫だったから」という理由でその上に乗っかるだけとういのは危ういんじゃないかなと思います。自分の望みを自分が知っておくこと、人の物差しではなく、自分の判断ができること、これらは扉の向こうに持っていける、一番頼りになるものじゃないでしょうか。

そうして自分の感覚に素直になっておくことで、ピンチが来た時でも自分にとって適した選択をすることができると思います。星から未来を読み解くことはできますが、そのとき、その瞬間の感覚や感情は、その場に立たった時のものが本物です。ハードな星の配置ということもあって、前述のピンチは環境も含めて、混乱の中で、先行きどころか今の自分の立ち位置も良く分からないっていう時にやってくるのかもしれない、けれどその活路は自分で見いだせるもので、それは自分自身の解放と、新しい人間関係を伴ってやってくるんじゃないかな、と感じました。

働き方改革は政府も推し進めていますが、新たな展開を見せそうな2017年です。提示される枠の中でやりくりするのが社会かもしれませんが、提示されるのを待ち続けるだけではなくて、自分で選んだり作ったりしてもいいと思います。不安や危機感をぬぐうことができるのは、自分のための行動ができるかどうか、だと思います

自分で自分を癒すこと、満たすこと。よく耳にするような気がしますが、これは本当に大事なことです。具体的には、何度も書いていますが、まず自分に素直になること、受け入れること。「こう見られたい自分」ではなくて「こうしていることが自然な自分」になること。自然な自分って、部屋着でころんとマンガ読んでる自分じゃないですよ。それもありのままではあるけど、あらゆる場面で「自然な自分」です。これをするためには、徹底的に、丁寧に自分と向き合う必要があると思っていますTNKISMでは公の場でこれをやっています。登録者が増えて楽しいことになってきました)。

自分を癒すこと、満たすことに熱中するのが一番素敵な時間の過ごし方だろうなって思います。私は「熱中」「没頭」する時間を作るために、働き方を変えていこうと思っています。そのためのお試しや、調整や、チャレンジをしつつ、自分が今よりも自然にいられる時間を作っていく予定です。

さいごに

私のリーディングは身近な感覚として感じられる範囲です。マンデン占星術は世界情勢や世界規模での流れという意味だそうで、時事に対して一般的な知識しか持ち合わせていないので(全部の時事問題を認知しているとは言い難いので、一般的かどうかも怪しいです)、あくまで身近な感覚をベースにしています。

これらのリーディングはあくまで私の見解です。全然違うなーとか、〇〇先生と違いますが、ってそりゃそうです。私の見解です。今は星読みをする人もたくさんいるので、それぞれの見解を見て知って、自分の生活に生かせばいいんじゃないかなと思います。私もほかの方がの星読みを読んでいます。

自分の生活に、自分の暮らしに、自分の人生にフィットしたものを探して選んで愛用すること。書きながら、春分図の6ハウスの金星と水星っぽいなと思いました。

私は今年で40歳になります。「人生の折り返しか」とつぶやいたら、主人に「いや、あと50年以上生きそうだよ」と言われました。まだ途中です(笑)
私は、何事に対しても自分の感覚に正直でありたいです。だから、きっと私を知る人たちの多くが思っているとおり「宣伝下手」なままだと思いますが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


鑑定は一時受付中止中です。再開しましたらLINEでお知らせしますので、ぜひLINE@の登録お願いします!!


・LINE@にて毎日の星模様配信中!(配信は月水金の8:00)こちらをクリック

 

 


自分のライフサイクルを知り
宇宙とシンクロした人生を手に入れる
マヤ暦月読みアドバイザーことのは柊