2016/12/14 双子座の満月

             

こんばんは。雨ですね。明日は月が見えるのかしら。

週末は100%遊ぶためだけに広島まで行ってきました。久しぶりの広島の街歩き食べ歩き、懐かしいやら新しいやらで満喫してきました。そしてエスコートしてくれた友人に言われた「最近記事が長い」ということを、今回から意識してさっぱりめに書こうと思います。ごめん、書くの好きなんだ。でも月読みとは別に記事書けばいいよね。

2016/12/14 9:05 双子座の満月

月のサビアンシンボル 木の高いところにある巣の中の3羽の雛

full-moonすでに2017年を先取りしているかのような空気かと思います。2016年を振り返ると、もうすごく昔のことみたいと思いませんか? 2016年は変化・変容の色合いが強い一年でした。2016年1月から今まで、それぞれの変化の中を通ってきたことと思います。

この満月では前回の射手座の新月で手を伸ばした「新しい領域へと続く思想」また「興味があること、気になったこと」をさらに磨き上げる経験をする時です。それプラス「融合させること」「くっつけること」をしましょう。楽しんで体験・経験したことから新たな思考が生まれます。関わりの中で新たな視点に気づき、夢や希望をさらにブラッシュアップさせるきっかけをつかむこともできそうです。

同時に、人とのやり取りも実りになることが多いでしょう。いろんな人と関わりをもってお話(コミュニケーション)に花を咲かせるのも良いですね。ここでの関わりは広く浅くではなく、しっかりと焦点を定めて行うことが大切です。振り回されるために話を見聞きするのではなく、自分を定めるために行うのです。

本当に必要なものはとてもシンプルであり、かつボーダレスだと思います。この満月で「定まりきらない」と感じるとき、なぜ、なにがそう思わせているのかしっかりと向き合いましょう。元来の自分が持っているテーマがあるからこそ、そこへ手を伸ばそうとしていたはずです。なぜ、どうしてを明確にすることで揺らがない自分になります。

射手座の新月での願いや望みは、2020年までという長いスパンで持ち続けられるものです。そうした長い視点での展望を持っていない人は、今からだって遅くはありません。ちょっと未来を見据えて、なにを止め、なにを始めるのか、自分はどこへ向かっていこうとしているのか、明確にしておくほどにそれらは現実になってゆくでしょう。

参考:
11/29 21:18 射手座の新月 「自分にとっての新しい領域へと手を思想を伸ばせられる新月です。」

占星術的なイベントとしては「12/19からは水星が逆行」と「12/21の冬至(同日、下弦の月)」「12/29 山羊座の新月」があります。
水星の逆行中は2016年の振り返りになりそうです。冒頭でも書きましたが、2016年の始まりのころと今とでは環境や気持ちに変化があった人も多いのではないかと思います。大きな単位で振り返りつつ、2017年へ思いをはせるのも良いですね(→2017年をどーんと鑑定している企画はこちらです)。

12/17は松山で鑑定をする予定です。すでにご連絡くださった方々と、双子座満月的なお話もできたらなあと思っています。待ち遠しいね!

※サビアンシンボルは「わかりにくい」「意味がよく分からない」などのお言葉をいただきます。そうですよねえ。私も最初は非常に戸惑いました。でも、必ず読解しなければならないものではありません。私の読解はサビアンシンボルの加味したものになっていますので、「ふーん」と通り過ぎていただいて結構です。それなのに書いている理由とは、完全に私の好みです!


受付中の鑑定メニュー
  • 出生図鑑定 …… ホロスコープに描かれているあなたのこと(12,000円)
  • メール鑑定 …… 個別のご相談に対して、ホロスコープとタロットで鑑定いたします(5,000円)
  • リピータ様専用 定期鑑定 …… 無料通話アプリでの鑑定を基本とした、リピーター様向けの鑑定(3,000円)



・LINE@にて毎日の星模様配信中!(配信は月水金の8:00)こちらをクリック

 

 


自分のライフサイクルを知り
宇宙とシンクロした人生を手に入れる
マヤ暦月読みアドバイザーことのは柊

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です