10/1 9:11 天秤座の新月

こんばんは。明日の朝、天秤座で新月です。ソウルメイト、ツインソウルといった単語をよく目にします。同時にこの映画も。

みなさん見ましたか? 私は見ていません。映画は家で見る派です。バーンとふっといてこれ。あまのじゃくですみません。


さて、新月です。今回の新月は太陽と月と木星がコンジャンクション(重なっている状態)です。太陽と月のサビアンシンボルは「アートギャラリーに掛けられた3人の巨匠」。

水星、冥王星の逆行も終わり、太陽、木星は天秤座入り、10/7には水星も天秤座に入ります。天秤座は活動宮、始めたいし動き出したいムードが高まります。夏からの熱がさーっと流れていくようでもあります。

土星は1ハウス(自分自身)を表す場所にあり、やっぱりすごく自分自身と向き合わされる感じがします。「やっぱり」って、私が感じることです。自分が自分を信じられるかどうか、これが私で、それでいいと言えるかどうか、というところが強く刺激されます。

~余談ぽいもの~
最近、ココナラのほうで鑑定のご依頼してくださったリピーター様、会社で一緒に仕事をしている子、どちらも「自分はダメだ。〇〇さんみたいできたらいいのに」と言いました。そのとき私は力強く「誰もそんなことは望んでない。万が一〇〇さんみたいになれたとしても、それはあなたらしくない。苦しくなるから、自分のやり方を認めて、それから目指すところに向かう方法を考えよう」と伝えました。人には大きく言えるものだな……。いやいや、今まさに自分が直面しているから、目の前の人に伝えるのと同時に、自分に言い聞かせてたんですよ。
人は成長するにつれ、傷つきたくないとか、痛い思いをしたくない、という発露から鎧を着ます。それは身を守ってくれるものであると同時に、縛るものでもあります。自分自身から生まれた鎧の場合もあるし、親や周囲の人から着せられたものの場合もあります。
それは過去、確かに自分を守ってくれたものです。しかし私たちは毎日変化しているし、成長している。だから鎧に鎧を重ねていたり、窮屈だったりといった負の面のフラストレーション(欲求が何らかの障害によって阻止され、満足されない状態)を抱える。でも過去の経験や共に過ごした時間の長さから、その鎧を脱ぐ発想が生まれなかったり、怖かったりする。
本当の意味で鎧を脱ぐことができなければ、たぶん自分の声は自分に届かない。さまざまな方法で自分の鎧は脱げるということを教えてくれるけれど、実際にその鎧を脱ぐという行為は、自分自身で行わなければ、できることじゃないと、私は思うんです。
山咲マリア先生 >> 思わず泣きたくなった記事
山咲マリア先生のカウンセリングを一度受けましたが、本当に優しい素敵な方です。めちゃくちゃ心がホッとしました。
~余談ぽいものおわり~

自分自身がまだまだ模索中なので「こうすればいいよ!!」と的確なことは言えないのだけど、サビアンシンボルは「打開のカギは過去の叡智にあり」と示してくれているように思います。過去の叡智とは、きっと今の自分と同じところで同じように躓いた人たちが開いた道じゃないかなと。そういったことの追求に火星も追い風で助けてくれそうな配置です。

始めたもの勝ち、といってしまえばそれまでですが、いろんな思いを抱えていても、ひとまずは始めること、踏み出すことをしてみましょう。動くことで良いひらめきも降りて来そうです。


この新月については、いろんな占星術家の方が記事を書いていらっしゃいます。すごく素敵だし、響くので是非読んでみてください。

小泉マーリ先生 >> 元気づけられた

海部舞さん >> 訴える力がすごい

ルミナさん >> かっこいい…

妙に長くなりました。良い新月を。

関連記事

  1. 2017年 全体の星模様

  2. 6/26~7/3の星読み

  3. 11/27~12/3の星読み

  4. 太陽が乙女座に移動しました

  5. 2017/03/05 上弦 双子座16度

  6. 太陽がいて座に入りました

  7. しし座の新月。心(魂)を喜ばせよう。

  8. 10/30~11/5の星読み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 10月 30日
  2. 2016年 11月 02日