週間の星読みとはりねずみの会について

12/29週から、週間の星読みをシュタイナーの「魂のこよみ」と共にリーディングすることにしました。

魂のこよみとは、シュタイナーによって書かれた春夏秋冬の詩です。

Amazonの内容(「BOOK」データベースより)
本書には、1年(=52週)分の「週の詩篇」が、復活祭に始まり、季節を追って収められています。さながら、季節の自然と読む人の魂とを結び付ける魔法のカレンダーです。春夏秋冬、一年を通して読み進むうちに、季節と共に在ることの喜びを感じさせてくれることでしょう。

私がこの詩に出会った経緯には、奥田珠紀さんの存在があります。

奥田珠紀さんの活動はこちらのブログをご覧ください。 → 奥田珠紀の秘書Itsukoのブログ

こちらは私が書いた記事です。

私は、花岡攻事さん、令奈さんご夫妻の主催する「はりねずみの会」に参加させていただいています。お二人は今、スイスに留学しています。そこでの学びを「はりねずみの会」でシェアしてくださっています。※はりねずみの会はFacebookの非公開グループです。

私は、はりねずみの会の投稿の中で、シュタイナーの「魂のこよみ」に出会いました。初めてこの詩を読み、花岡攻事さんが解説してくださった内容を知って「これは太陽の詩なのかもしれない」と思いました。もちろん、占星術的な太陽の意味もありますが、それ以外でも、季節が届けてくれるエネルギーという意味で「太陽の詩」と感じたわけです。

「魂のこよみ」はドイツ語で書かれており、日本語訳もいくつか出版されています。この詩について、私の質問への返答で、花岡攻事さんが「ドイツ語で書かれているこの詩を、ほかの言語に訳するのは不可能」というお話しをしてくださいました。

はりねずみの会で共有される投稿には、原文、日本語訳と合わせて花岡ご夫妻の訳も書かれています。きっと「ほかの言語に訳するのは不可能」と言われていたのは言語変換のテクニカルな意味だけではなく、詩の中に描かれている季節のエネルギーという意味も含めて、他国語で表現するのは難しいということだと思います。けれどお二人は、その難しさに挑戦し、日本語に翻訳してくださっています。

こうした出来事に触れたこともあり、私の中にどうしても「魂のこよみ」と合わせて星読みをしたいという気持ちが芽生えました。なので、12/29からは魂のこよみに合わせて星を読んでいこうと決めました。

どんな効果があるとか、何が分かるとか、どうなるとか、今の段階では明確なことはいえません。けれど、ただただ、私がわくわくしています。今後の投稿のスパンや形態はまだ決定していないですが、いろいろ試す中でフィットする地点を見つけたいと思っています。

少し前に、クリスマス前後の私の体験を含めた星読みを投稿しました。私は初めて、自分が自分であることとその意味を「理解した」と感じたという体験を書きました。その経験の中で、胎児の記憶のイメージ(ビジョン)が浮かび上がったんです。偶然かもしれないし、私の記憶のどこかにあったのかもしれない。けれど、私は「魂のこよみ」の第38週の詩を見て、運命というと大げさかもしれませんが、繋がりを感じました。

魂のこよみの12/22~12/28の詩です。

まるで魔法が解けたように わたしは
魂の胎内に 子の姿の精神を感じる。
聖なる 宇宙の言葉が
心の清らかな輝きの中に
天の 希望の果実を産んだ。
それは わたしの存在の神的根底から

魂のこよみ (ちくま文庫)
Posted with Amakuri at 2018.12.25
ルドルフ・シュタイナー
筑摩書房

はりねずみの会はFacebookの非公開グループです。ご興味のある方はご連絡ください。

関連記事

  1. 魂の暦 Magnolia’s World No.36

  2. 魂の暦 Magnolia’s World No.35

  3. 魂の暦 Magnolia’s World No.33

  4. 2017/08/15 下弦 牡牛座23度

  5. 魂の暦 Magnolia’s World No.30

  6. 魂の暦 Magnolia’s World No.27

  7. Magnoria’sWorld-Ep2 復活祭の前

  8. 2017/09/13 下弦 双子座21度

テキストのコピーはできません。