逆行は必要なイベント

IMG_20160124_114049

 こんにちは。寒いですねー。今朝、久しぶりに凍結した世界を見ました。といっても、所詮は瀬戸内の温暖な場所。もっと厳しいところもあったと思います。怪我などしていませんか?

 写真は昨日(獅子座の満月でしたね!)、所用で出かけた先でのカフェです。昼間でも雪がちらつく日曜日でしたから、お客は一人。のんびり過ごすことができました。こちらのカフェは素朴においしいスイーツが和洋とそろっているので大好きなところです。

 さて、前回の記事へのアクセス数がとんでもないことになっていまして、目を疑うほどでした。誰しもに起こる逆行というイベントは、誰しもに興味がある、あるいは、なにかしらで実感していることなのだろうなあと感じました。

 逆行というと「してはいけないこと」が多いので、まるで警告のようにとらえられるかもしれませんが、決して凶運、不幸を運んでくるものではありません。今という状況を恐怖に陥れるものでもありません。

 星の動きは私たちとは無関係です。宇宙は私のために膨張したり、新しい星が作られたり、ひとつの星の生命が終わったりするわけではないんです。私たちも含めて宇宙、そしてその宇宙の中の出来事が私たちに偶然影響を与えている、と私は考えています。

 惑星の逆行は、スムーズに流れてきたことに対して、一度手や足を止め、見直したり考察したりする必要を告げているものです。この時間を有意義に過ごすことができれば、惑星の動きが順行に戻ったとき、次の一歩を迷いなく踏み出すことができます。

 木星の逆行中は発展する力が弱まっているときです。しかし、とどまって考察することには力を発揮している。力の向きが違うだけです。木星の力を利用して、次の一歩をより大きく、自信をもって踏み出すために必要なこと、と考えると、各々にとっての5/8までの過ごし方が分かるのではないでしょうか。

 宇宙の大きな流れは川の流れのようなものです。その流れに逆らうのか、従うのか。私はよりストレスの少ない方を選びます。毎日毎日、息切れ頑張らなくていいんです。細く長く、しかし確実に消えない炎は強いパワーになるんです。

関連記事

  1. 2016/10/31 蠍座の新月

  2. やぎ座の満月

  3. 2017/09/28 上弦 山羊座6度

  4. 2017/08/29 上弦 射手座7度

  5. 2017/04/26 新月 牡牛座7度

  6. 水瓶座の満月

  7. 木星が5/8まで逆行します

  8. 2016年これまでとこれから

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。