本当の自由に向けて一歩を踏み出す~射手座の新月~

本当の自由に向けて一歩を踏み出す

メッセージの前に

新月や満月は、定期的にやってくる「タイミング」だと考えています。

ホロスコープの中心は地球であり、「私」です。私の周り360度を天体たちが巡ることで、四季が生まれ様々な景色を見せてくれます。それと同じく、私たちの内側にも様々な景色があることを知ります。そうした意識の気づきのヒントになるものが、新月や満月のリーディングだと考えています。

だから期日も期限もありません。その人にとって最高のタイミングで「( ゚д゚)ハッ!」が来るんだと思う。だけど「( ゚д゚)ハッ!」のためには種(ヒント)があったほうが引き出しが開きやすいと思うんです。その種になりうるものを、新月や満月のタイミングでお伝えしたいと考えてお届けしています。

メッセージ

2020年12月15日 01:16に射手座で新月を迎えました。この日は皆既日食でもあったのですが、日本は夜だったため見ることができませんでしたね。

そしてこの記事を書こうとしているまさに今!! MC付近で山羊座の29度で月と木星と土星がコンジャンクション(重なっている)です。なんだか圧巻のホロスコープです。

さて、公式LINEでは一足早く新月のメッセージをお伝えしました(公式LINEの登録はこちらからどうぞ!)

2020年によく聞いた言葉は「多様性」でした。働き方の「多様性」、人の「多様性」、人生の「多様性」。

今回の新月でも、太陽と月は多様性を現す3ハウスに座していました。そして、もう目前に迫った(扉は開いた?)風の時代も、多様であることに価値があります。

仕事の仕方や生き方は多様である、ということはどういうことか。ホロスコープから読み解いてお届けしようと思っています。

では予告通り、多様性について、その前に自由について私が思うことを書きます。

十人十色という言葉があるように、人はみなそれぞれ違っています。そんなの当たり前って思いますよね。当たり前なんですよ。日本では憲法でも自由が認められているんです。

例えば、思想及び良心の自由(日本国憲法第19条)、信教の自由(日本国憲法第20条)、学問の自由(日本国憲法第23条)、居住、移転及び職業選択の自由(居住移転の自由、職業選択の自由、日本国憲法第22条)、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由(海外渡航の自由、国籍離脱の自由、同上)。

でも、なぜかしら。本当に私たちは自由だったのかしら。

これは私が思っていることなんですけど、今までの日本っていろいろであることをあまり良しとしなかったんじゃないかなって感じています。多数の力、数の暴力、どんな表現でもいいけれど、数が多い方が正しいというか、良しという感じね。だからみんなと同じであることがとても大事だったんだと感じてきました。

でも少し前から、発達障害やグレーゾーンなど、とにかく「同じようにできない子」ってたくさん現れてきたと思うんですよね。あれは世界に「画一化された人を量産することはできないのが人間なんすよ」って、人間という生物が、未来のために変異を起こさせたんじゃないかと思っていたんです。少々突飛ですけども。

自由であると謳いつつ、本当に自由であろうとすると生きにくい。そんな根本的で、かつ大きな矛盾をはらんでいたのが今までの時代だったのかなと思います。もちろん、今までの時代で培われた素晴らしいものはたくさんあるよ。だけど、その一方でこうしたジレンマも生まれたんじゃないかなと思うんです。

で、多様性です。多様であること、それだけならば今までもそうだったと思います。だけどこれからの多様であることは、もう一歩踏み込んだものだと思うんです。

例えば、私とあなた、別の人ですよね。だから、似たところもあるけれど、違うところもありますよね。

もし、私とあなた、違うところがあったとして、全部が同じじゃないなら「あなたは私の敵ですね」なんてことになっちゃうと、どうなると思います? 争いになるかもしれませんし、ともすれば戦争になるかもしれませんよね。

あるいは「じゃあ勝手にどうぞ」って突き放しちゃうのもギスギスして居心地が悪く、狭い世界だなって思います。

ではどうしたら良いのでしょう。ここで2020年を経験した私たちだからこそ選べる道があります。それは「相互に、相手のことを尊重したうえで、違いを受け入る」ことです。

違いは、私とあなたを分断するものではありません。違いこそ、私が私であることを知るものであり、私の世界を広げてくれるものであり、そしてあなたと私を繋ぐものです。すごく大切で、かけがえのない価値のあるもの。

とはいえ、何かが心に引っかかって、素直に違いを受け入れられないことってあるんじゃないかと思います。私はありました。でもそう思わなきゃいけないものだと思って苦さを飲み込むようなことをしてました。

でも「そんなこと思っちゃダメ!」と気持ちを押し殺すことって、無意識に自分の自由を認めていないのと同じなんですよね。自分に自由を認めていないと、相手の自由も認められない、そんなパラドクスが隠れています。

無意識の気持ちに気づくことで意識して、気持ちを昇華して行動を変えてゆく。これがもう一歩踏み込んだ多様性のあり方だと思います。

でも、例え気づけたとしても行動を起こすのって勇気がいりますよね。昨日と言ってることちゃうやんけ、ってことになったらどうしようとか思っちゃいませんか? 私は思ってました。でも、それってすごく惜しいことをしていたんだなって思いました。だって、もうそういう生き方に疲れていたんだから。

自由はすでに目の前にあるのに、色んな事に恐れて自由を選択していないのは自分なのかもしれません、よ?


今はいろいろなサービスや情報や講座があります。私もいくつかの講座を受けたりもしていました。それもこれも、すべては「今よりも良くしたい」という、非常にざっくりとした動機からです。

私はこうした学びって、受けて理解したら身につくものだと思っていました。でもそうじゃないんですよね。自らが気付くことによって、本当の意味で身に着けることができるものなんだと分かりました。

wish upon a star with usはギフト心理学×脳科学アカデミアのホロスコープリーダーたちが集まり、新月と満月のホロスコープをリーディングしています。

また、ライフレボリューションAwakingは、人生を変えた受講生たちがファシリテーターとなり、毎月内容を変えて「気づき」のきっかけとなるワークを開催しています。ぜひご覧ください!


受付中の鑑定・講座メニュー

準備中です。メール鑑定については、下記のLINEかメッセンジャーよりご連絡ください。


未来の星語り 新LINEアカウント

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトや掲示板への引用はお控えくださいますようお願いいたします。

 

テキストのコピーはできません。